見出し画像

おおくぼくん

終わってしまってから書くのも申し訳ないような気もするけど、先日おおくぼひでたかくんと北村玉樹さんの展示会「猫ジャムアロハ」を覗きに行った。

やっぱりおおくぼくんの絵が好きだなあ、と思ったのだけど、どうしてなのかがうまく説明できない。

おおくぼくんはミュージシャンでもあり、最初は音楽の仕事でつながったのだけれど、僕は彼の絵やぬいぐるみにすっかり魅了されてしまいTシャツやCDのジャケットを一緒に作ってもらうことにもなった。

久しぶりに会ったおおくぼくんは相変わらずだったけれど、僕が彼の家に機材を取りに行った時に仲良くしてくれた猫(コロナという名前だった)が病気で天国に行ってしまったことを聞いて、ちょっとさみしくなった。

おおくぼくんは「いやあ、急に病気になっちゃって。でも元気に死んでいきました。ははは。」と笑顔で言った。

元気に死んでいく、というのはすごい表現だ。あんなに猫が好きで、猫の絵ばかり描いてるのに。

その時、なんとなく自分がおおくぼくんの作品が好きな理由が、わかったような気がした。

うまく説明できる時が来たら、ちゃんと書こうかなと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、自分も誰かをサポートすることが出来ます。もしかするとあなたをサポートしたくなるかもしれません。

Thank you !
34
黒沢秀樹(くろさわ ひでき、1970年8月28日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、ギタリスト。茨城県日立市出身。血液型はB型。実兄はミュージシャンの黒沢健一。身長161cm。とウィキペディアに書いてありました。
コメント (1)
ひできさん いい事書いてもらってとても嬉しいです、、ありがとうございました。
元気にって 確かに変ですね 笑
もう一回くらい抱っこしてもらって記念写真撮っておきたかったけど、一度でも遊んでもらえてよかったです。重ねてありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。