見出し画像

あぁ、生きてるって感じ

田中ひではる

 ハァッ…ハァッ…
ランニングマシンは走行距離4.3km、時速16.0kmを示している。ラストスパート、あと3分走れば走行距離5.0kmだ。
『しんどい…止めようかな…今日はちょっと調子が…昨日少し飲みすぎたし…』
しんどくなるといつもこんな言葉が頭をよぎる。するともう一人の僕が、
『そうやってなんか理由付けてはやめんのか?お前の調子のいい日はいつ来んだよ?次走るときもまたなんか理由付けてやめんだろ?だったら今日やれよ』
そんな自問自答をしていたら5.0kmを迎える。やり切った!あぁ、生きてるって感じ。

 これが僕が感じる充実感だ。これに共感してくれる人はほぼいないと思うが…
 共感してくれそうなものもある。景色の良い山奥でバーベキューをする、自分の子どもが楽しそうに遊んでいる、その瞬間僕は幸せを感じる。
 みんなはどんなことがあるだろう?

 こないだグループホームで週末の日中支援で猫カフェに行ってきたらしい。動物好きなご利用者は多い。この時間ばかりは心が安らぎ和やかな気持ちになれたと思う。
 グループホームで動物を飼おうか?って話もある。みんな何かしらの役割と責任を持って動物の面倒を見てくれそうな気がする。

 ちなみにオーストラリアでは何を飼うにしても一匹だけで飼ってはいけない。理由は、飼い主が出かけてしまうと一人になってしまい寂しい思いをするから、らしい。
 そんな優しい決まりが国で定められているなんて!本当に自分が知らない世界があることを思い知らされる。 

 特に豊かな自然や動物を見たり感じたりするのは人類共通の安らぎだと思う。何年か前「NATURE FIX」って本を見たとき自分の体感も含めて共感できた。
 NATURE FIXに書いてあった一節では、幸福度は、今いる場所が自然の中であれば高く、そうでなければ低い、という単純なものだった。

 それならば安上がりだし広島は山も海も川も、すべてが近くにある。なんて恵まれた地形に住んでいるのだろう。
 それらを活用しない手はない。

 ご利用者が充実感を感じて暮らし、生活してもらえるかは僕たちの努力次第である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!