西脇 秀和
コーチングとはなんだ?
見出し画像

コーチングとはなんだ?

西脇 秀和

ただいまMindsetコーチングスクールにてプロコーチになるべく学んでいます。認知科学に基づくコーチングです。
この記事は自分の学びのアウトプットとして書いていきます。

コーチングって何をするのか?

マインドのからくり、脳の仕組みを理解して、自分の人生においてやりたいことをゴールに設定する。
その設定したゴールを達成していこうよって話です。

自分の本音でやりたいことでゴール設定すると、自身の無意識で重要と思うものが変わります。自分に入ってくる情報、言動、生活リズムが変わり、人生が加速します。コーチングはその未来の創造を支援するというものです。

あーだこーだ言いましたが、
つまりは、「ゴール設定」することが大事なんです。

そもそも我々は、慣れ親しんだものを維持しようとする脳の機能を有しています。そのため現状維持をしようしようとしてしまいます。
ゴールを設定しない限り、現状維持からは逃れられません。
つまり、変わりたいと思っている場合、ゴール設定をしないことは最大のリスクになってしまいます。

ゴール設定

ゴール設定において大切なポイントは3つ

1.現状の外であること
2.Want toであること
3.ゴールは複数設定すること

順番に説明します

1.現状の外であること

ここでいう「現状」とは、現在の状態のままいけば十分に起こりうると予測される未来のことを言います。

例えば、売上が3億までなんとかきた、10億まではなんとかいけるかも。
今ギリギリだけど、このまま頑張ればいける、よし現状の外!
これは違います。全部、現状です。
今の自分の延長線上にあるため自分の時間を仕事に費やしたりするだけで、
大きく現状とやることは変わりません。
なので、今のもやもやしてる不満な状態と変わらないということ。

では「現状の外のゴール」とはなんなのか。
現在の状態のままなら起こりえないことであり、今の自分では想像が全くできない領域のものです。

・想像すると怖くなってくるくらい大きいもの
・やり方が全く想像つかないもの
・周囲の人間が驚いて止めてくるもの

想像がつかないので、今の行動スタイルから劇的に変えないと無理だー!って脳が判断することで大きな変化が生まれるって感じです。

逆に言うと、現状の外側にゴール設定しないと、今の状態を自分の居心地の良い場所と脳が無意識に判断して現状維持するということになると。

2.Want toであること

want toとは、周りからどんなに止められても、気がついたらやってしまう事になります。
この欲求は、生きていく中でわからなくなっていることが多いです。
なのでコーチングで、その領域もしっかり言語化していきます。

そして現状の外のゴールは、want toであることが必須になります。
今までの知識、経験が全く役に立たず、周りが止めてくるような怖いものをwant to以外ではできません。周りからどんなに止められても、気がついたらやってしまう、やっちゃってる事だからこそ、現状の外のゴールへ突き進めます。

ゴールがhave to(やらなければいけない)だと自己変革が起きません。
というか、やりません。
なぜなら、やりたくないからです。笑

現状の外のゴールを設定できるということは、want toに生きるという事。
そのため「本音でやりたいことに生きる」と自分に許可を出すことから始まります。

3.ゴールは複数設定すること



仕事:世の中・人の役に立つこと 社会への価値提供
趣味:世の中・人の役に立たないこと 自分がただやりたいこと
人間関係:未来の自分がプライベートと仕事で関わっていたい人
社会貢献:自分の重要性の外にお金・エネルギー・時間を割くもの
知性:学びたい学問・習得したいこと・つけたい能力
家族:子供・パートナー・親に対してどんな自分でありたいか
健康美容:運動・休息・栄養などどのような健康状態でいたいか
ファイナンス:ゴール達成のために必要な収入と資産(最後に設定)

ゴールは複数設定することが理想的です。
理由は、
1.バランスが崩れる
2.ゴールが多ければ多いほど、無意識的に脳が最適化をし始める

例えば、仕事だけにゴールを設定し、とにかく仕事。
ずっと仕事。寝ても覚めてもずっと仕事。
こんなことしてたら、体は壊れますし家族も壊れます。
で、健康状態悪ければ、仕事できない。
仕事行かなければ家族が生きていけない、と悪循環です。

恥ずかしながら、直近で自分にもありました。
仕事が忙しく、常に仕事のことばっかり考えていて、
妻から話しかけられても

「、、、、うんうん」
「、、、、、、、、、そうだよね」

と適当な返事をしていたら、すげー怒られました。笑

そんなんなら、仕事もコーチングも頑張る必要なくない!
そこまでやる必要あるの?と。

で改めて家族のゴールを考えました。
妻との時間をないがしろにする自分は、なりたい自分じゃない!
そんなのイヤだ!と思い、家族のゴールを設定しなおしました。
バランスホイールの大事さは痛感しています。

そして、ゴールが多ければ多いほど脳は活性化します。
いろんなことをやることに対してネガティブな感情になる方も多いのではないでしょうか。自分もまさにそうでした。
同時に複数のことをやるのは、分散して結果がでない。
みんなそう言ってるし、それはダメな行為だと。

しかし、実はいろんなことやっている状態の方が、結果的に仕事にも良い影響を及ぼすということがわかっています。脳はゴールが多ければ多いほど、無意識的に整合性を取ろうとし、クリエイティブになると。

なのでゴールは1つに絞る必要はなく、いくらでもとればいい。

「こんな風にに生きたい!」と本気で思えるゴールを、仕事以外でもバランスホイールに沿ってオールライフで設定していくことで、脳の使い方を劇的に変えることができるようになります。


最後に

現状の外のゴールを設定できれば、脳の使い方を劇的に変えることができるようになります。ただ、自分だけだとどうしても現状のゴール、理想の現状を設定してしまうことが多くなってしまいます。そんな時のためにコーチがいます。コーチングで自分でずっと悩んでも突破できなかった事が一気に突破できるようになります。

そんなコーチングすげえってマジで思っていて、このマインドの使い方をたくさんの方が知ったら、もっと豊かな日本になるんじゃないかな、なんて妄想をしています。笑


Twitterでは物販を中心につぶやいてます。
こちらもご興味ありましたらフォローお願いします!
Twitter  :https://twitter.com/nishiwaki_ec

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西脇 秀和
会社2社経営|ECモール運営のプロ/コンサルタント/コーチ(修行中)|大学中退→ほぼ無職→30歳せどり開始→メーカー・卸仕入、中国輸入、OEMを多販路展開→物販年商4億円|物販最高月利500万円|宅建FP2簿記3取得|何もできなかったけど、やればできる!|