見出し画像

感想とメモ"Rhizomatiks inspired by Perfume 2020"

#週1note 3本目!
主に卒論の影響で軽々と期日をまたいでしまったわけですが、継続は力なりということで兎にも角にも書いていきたい所存です。

今回は「ARから未来の都市を考えたい その1」の続編として、細かい事例などをまとめたかったのですが、先週末にRhizomatiksの展示会に行ってきたので急遽その「感想・技術・関連記事」をまとめたいと思います。

(気になる・知らない技術がたくさん登場したので、知っている方がいましたら「それは○○という技術だよ」というように教えていただければ幸いです…)

展示会概要
本展は、ライゾマティクスが手がけて来た「Perfume」のステージ演出技術と、これまで取得して来たPerfumeのデータを二次利用し制作した新作を含む映像インスタレーションなど多数ご紹介する展覧会となります。
―最先端のメディア・テクノロジーを駆使して作り上げてきたカスタムメイドのソフトウェアやハードウェアをご覧いただける他、―デビュー15周年を迎えたPerfumeとともに作り上げてきた舞台演出やアートワークの裏側をどうぞご堪能ください。


①第65回NHK紅白歌合戦"Cling Cling" / Drone

画像1

コメント
これが「Perfume×TECHNOLOGY」の一環で行われた紅白の舞台演出装置なんですね。Youtubeで何回見たことか…。その一部であるドローンを間近で見ることができて感動しました。

技術
・反射ミラー(モーショントラッキング)
灰色の玉のようなものは反射マーカーと呼び、複数の専用カメラを用いて物体の三次元運動を記録します。

・3Dプリンター
下記リンクの記事によれば、Rhizomatiksはプロトタイプを社内でガンガン作っているようです。上の画像のドローンも周りの駆体はFDMの3Dプリンタで制作されたものと思われます。(故障が頻繁にありそうなので内製した方が早いんでしょう)

・ドローン
ドローンは駆体はオリジナルでMultiwiiベースのフライトコントローラーにXbeeによる無線通信、独自のシステムで24台まで制御可能にしているそう(この時点かは不明)

関連情報


②"Tiny Baby" / Augmented Reality(AR)

画像2

コメント
ARKitを用いた演出。ライブ中、ステージに三脚でスマホを立て、インカメラに向かって3人が歌う。スマホの映像はスクリーンに投影され、ARによる描写が加わった画が観客に届く。

技術
・ARKit(オクルージョン、フェイストラッキング)
対人オクルージョンが効いているので、多分ARkit3

関連情報


③SXSW2015"STORY" / Behind The Scene

画像3

コメント
SeamlessMRという表現です。
MRかっけえええ!!これってなんのソフトで動かしてるんでしょうか?(Unityとかだったりするかな…)

技術
・もはや以下の記事を参照という感じですが、「映像モーフィング」というシステムのようです。
事前に会場全体を3Dスキャンして、かつカメラや動くパネルにトラッキングマーカーをつけることで、リアルとソフトウェア上の位置を合わせている。Perfumeの踊りの正確さあってこそのチャレンジだったみたいです。

関連情報


④[Perfume x Docomo] FUTURE EXERIMENT VOL.01 距離をなくせ。"Fusion" / Behind The Scene

画像4

コメント
何もわかりません。わかるのは5Gすごい…ってのと映像モーフィングが用いられていることですね。それ以外は本当にわかりません笑
とにかくソフトウェアによる演出のシミュレーションはもう定番みたいです。


⑤FUSION 2019(キャプションの記録忘れ)

画像5


画像6

コメント
影絵と言いますか、Perfumeの3人だけではなくその影さえも演出に取り込み、さらにパネルや投射機の動きで影のサイズや重なり等の演出がされていて面白い!

技術
これは動くパネルに合わせてプロジェクションマッピングをしているんだと思います。SXSWでも同じような仕組みをとられていました。
・オムニホイール
多分スクリーンの代車にはオムニホイールがついています。それだけです…笑

関連情報

この場合は分かりませんが、記事で扱っていたプロジェクトでは、オムニホイールも台車も社内でデザインされていたんですね…凄まじい技術力。


おわりに

知っている人には「知ってるわ!」という感じだったと思います。
Perfumeの演出が気になっている人に、裏で支えている技術が何であるか興味を持ってもらえたらという思いと、自分自身も演出と技術をセットで整理したいという思いから本記事を投稿しました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!スキがやる気につながります!
2
宇都宮大学で建築を学ぶ学部生(4)。建築に限らず趣味のことなど様々について雑に書き留める日記です。