トイレの隠しカメラ/小型カメラの設置場所と盗撮被害を未然防止する防犯対策法
見出し画像

トイレの隠しカメラ/小型カメラの設置場所と盗撮被害を未然防止する防犯対策法

当サイトではセクハラやパワハラの対策として、小型カメラのカモフラージュ方法や隠しカメラの設置のコツなどを紹介しています。しかしながら、これらのカメラを悪用する人もいる様子です。

特にケーススタディでも紹介しているようにトイレや風呂、更衣室等、プライバシーを侵害するタイプの盗撮が行われています。度々話題になるトイレにカメラを仕掛け、場合によっては逮捕される事件。どのようになっているのでしょうか?

画像1

盗撮スタイルのアダルトビデオには、大半がそういう設定を演じているというものの、中には「これ本当に撮影したものじゃない?」と思われるものも存在しているようです。おそらくその場合には相当にリアルに演じてもらえるように言っているのだと思います。

そのような手法に対して防犯の対策をするにも、具体的な手口が分からない限り対策のしようがありません。守るには攻め方を知る必要があります。よって、これらの商品などから、カメラが設置されている方法と、それらの盗撮から被害を防止する対策や方法を以下に紹介します。

盗撮は違法?

現状盗撮在という罪はなく、撮影自体は違法ではありません。しかしながら、盗撮を目的としたトイレや浴室への侵入が違法となり建造物侵入罪として扱われます。


どのような方法が取られているのでしょうか?

目次を有料部分にとどめるためカテゴリーを方法として止めています。

この続きをみるには

この続き: 4,886文字 / 画像5枚

トイレの隠しカメラ/小型カメラの設置場所と盗撮被害を未然防止する防犯対策法

盗撮厳禁!隠しカメラ情報サイト

1,980円

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
隠しカメラに関する総合サイト。法律、心理学やセキュリティエンジニアの専門的な視点から、ケーススタディやパワハラ・セクハラの証拠撮りや・防犯対策に最適なカメラのテクニックを紹介します。悪用を避けるため一部を有料化しました。 https://hiddencam.info/