見出し画像

盗撮厳禁!バレない安全で具体的な撮影の方法を戦略的に紹介!

多くの人が悩まされているパワハラやセクハラ。これらの決定的な現場を抑えるための証拠撮りには隠し撮り・盗撮は有効です。しかし証拠を集めていることがバレると、余計に被害が拡大する可能性があります。このため証拠撮り行為自体がバレないように盗撮を遂行する必要があります。

この記事では、極限までバレずに、決定的な証拠をカメラに収め記録する方法を

法律
心理学
セキュリティ
カメラ技術

等多角的な方法で考察していきます。具体的な方法も記述しています。

数少ないチャンスを限りなく低リスクで確実に場面を抑えたいことでしょう。このためには何重にもリスクを考えて実行することが肝心になります。そんな攻略法をカメラよりもだいぶ安い価格で提供いたしいます。ノートは随時更新します。

同時にこのノウハウを知っていれば「こうすれば盗撮されない!」という防犯にもつながります。

盗撮は違法?

タイトルに「盗撮厳禁!」と書いてありますが、盗撮は違法なのでしょうか?実際これは状況によります。なおテレビ番組などでもあるように、隠しカメラによる盗撮は行われており、合法です。

しかしながらトイレや銭湯・風呂、脱衣所・更衣室などのプライバシーを侵害する可能性のある盗撮は犯罪になりえます。当サイトは犯罪を助長するものではありません。当サイトを利用することで生じたいかなるトラブル、被害、損失、損害、等に対して、当社は一切責任を負いません。

そもそもまず、なぜ隠して撮影しているのに、隠し撮りや盗撮が発覚するのでしょうか?

カメラのステップ

盗撮が発覚するためには、どのようなステップが必要になるのでしょうか?カメラが発覚する際には以下のステップを踏みます。

1 カメラを意識する
2 カメラを発見する
3 画像・動画を確認する

順に説明していきます。

ステップ1

1. 盗撮が発覚するにはまず、撮影者以外がカメラを意識されなければなりません。怪しまれる、というのも含まれます。撮影者の挙動が怪しいというのも、この意識される部分に含まれます。

この続きをみるには

この続き: 5,573文字

盗撮厳禁!バレない安全で具体的な撮影の方法を戦略的に紹介!

盗撮厳禁!隠しカメラ情報サイト

1,980円

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
盗撮厳禁!隠しカメラ情報サイトは、隠しカメラに関する総合サイト。 法律、心理学やセキュリティエンジニアの専門的な視点から、ケーススタディやパワハラ・セクハラの証拠撮りや・防犯対策に最適なカメラのテクニックを紹介します。 https://hiddencam.info/