スマホのカメラを使ったバレない証拠撮り/盗撮方法の手口と防犯対策法!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

スマホのカメラを使ったバレない証拠撮り/盗撮方法の手口と防犯対策法!

コロナ禍でセクハラやパワハラが起こる傾向になっています。そのようなときに有効なのがカメラを使って証拠を押さえることです。

とっさに小型カメラを持っていなくても、多くの人が持っているスマホを使うことで、初期投資もなく確実に証拠を押さえることが出来ます。この記事では、スマホを使って相手にばれないように証拠撮りをする方法を考えます。

今回はコロナで増えたかもしれない悪質なセクハラやパワハラの証拠撮りを目的とした際に、スマートフォンで撮影することを想定しています。セクハラやパワハラの証拠を取っているだなんて思われてしまえば、さらにハラスメントが悪化してしまう可能性がありますので、この行動は絶対にバレてはいけません。このため限りなくバレない方法を模索する必要があります。

また、スマホでの盗撮も問題となっていますが、応用方法や手口の傾向を知ることで防犯にも役立てることが出来ます。

スマホでの撮影がバレやすい原因

しかしスマートフォンは件数も多いですが、バレる可能性も高いようです。なぜでしょうか?逮捕されているものも多くは、スマホのカメラを使ったものが多くなっています。

そもそもスマートフォンでの撮影がバレやすい理由は・・・


この続きをみるには

この続き: 4,534文字 / 画像5枚

スマホのカメラを使ったバレない証拠撮り/盗撮方法の手口と防犯対策法!

盗撮厳禁!隠しカメラ情報サイト

1,980円

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
隠しカメラに関する総合サイト。法律、心理学やセキュリティエンジニアの専門的な視点から、ケーススタディやパワハラ・セクハラの証拠撮りや・防犯対策に最適なカメラのテクニックを紹介します。悪用を避けるため一部を有料化しました。 https://hiddencam.info/