見出し画像

「或る永遠」について。

先日「或る永遠」という新曲をリリースしました。この曲は自分の中でアーティストとして新たに生まれ変わるキッカケであり、とても大切な曲です。

この曲について、制作背景、音楽的な解説、歌詞の解説などをしていきます。

制作背景

前作「花歩調」を制作中、今作っている曲は3年間の作曲人生の中で固まった自分なりの「作曲メソッド」の集大成であると考えていました。

言ってしまえば「ガールズドラゴンロード」や「デミヒューマン・エチュード」などもその賜物であり、自分のアイデアや試したい事を如何に自分の思う「ポップ」という限られた枠の中に落とし込めるかという取り組みでした。

もちろん、この方法で作った曲も紛れもなく自分にとって大切なマイルストーンであり、今振り返って「全力じゃなかったな」とか「失敗だったな」なんていう気は毛頭ありません。自分が3年間の作曲活動で培った技術である事には変わりありませんから。

しかし僕が音楽を始めたキッカケである世界の様々なアーティストの曲を初めて聴いた時に抱いた、「俺もこういう曲を作りたい」という心からの憧れは、厳密にはまだ叶えられてないという歯痒い思いが「花歩調」の制作中に確信へと変わったのです。

簡単に言うとこれまでの曲は、自分の作品であると誇りをもって他人に聴かせられますが、かといって聞き手に「ふーん、君はこういうスタイルの音楽が好きなの?」と訊かれると、少し恥ずかしい気持ちになってしまうのです。

(でも「抱いていて」とか「エウリュアレ」とかは結構好きです...)

俺は一度今の音楽観念を度外視して、自分の中の「良い音楽」に対する考えと一から向き合い直す必要があると考えました。

「音楽」を好きになるキッカケとなったアーティストの曲を、洗いざらい聴き直しました。

頭の片隅で埃をかぶった「哲学」を今一度引っ張り出して、初心に戻る気持ちで書き上げたのが、「或る永遠」です。

音の解説

数ある音楽の「要素」の中で、僕が特に好きなのは「リフレイン」と「ポリリズム」です。

自分の好きな音楽という物を一度思い出してみた時に真っ先に思い出したのは、Radioheadでした。少しも迷わず、僕が世界で一番好きなアーティストと言えます。

彼らの中期以降の音楽性の根幹を成す「リフレイン」と「ポリリズム」、これは僕の音楽にも取り入れるべき物でした。

この2つを軸にシンセサイザーを弄くり回し、自分が心から格好良いと思える、理屈抜きで脳が痺れる音をひたすら模索しました。そうして出来たのが冒頭のシンセフレーズです。

このフレーズが出来た時点でこれ以上派手な物は何も要らないと感じました。さっきのReckonerに例えるなら、冒頭からのシンセフレーズはトム・ヨークのギターです。

あとはピアノもドラムもベースも、堅実に楽曲の情報量をコントロールしてくれるだけでいい。無駄なフィルインやソロなどは軒並み除外して必要な物だけを残した結果、あのような分かりやすいポリリズムに落ち着きました。

カオスさは無いですが、太陽系の周期のようにそれぞれのパートがそれぞれのリズムで動き、時にはガチッと接続されてまた廻り出す。その営みがハッキリ見えるバランスになったかと思います。

歌の解説

この曲を作り出す前から「日本語のリズムを壊すフレーズをひとつ入れてフックにする」という構想は既にありました。

その構想は「サビの歌詞は一行」だとか「一単語に四小節くらいかける」だとか「日本語と英語を乱暴に併用する」だとかいうアイデアを生み、それを合算して生まれたのがあのサビです。

「或る永遠&human」

という一文は、この曲が伝えたいテーマを端的に表しており、気に入っています。

サビが派手な物になったので、残りのパートの歌メロは極力地味に、僕なりに言うと「歌っても楽しくないメロディ」にしました。

この、歌モノから脱却した歌モノ的なスタイルは、大好きな日本のロックバンド「avengers in sci-fi」から学んだ物です。

こうして僕が本当に好きな音楽から学んだ要素だけを詰め込んで、「或る永遠」は形になりました。この曲を聴いて「なるほど、こういう音楽が好きなんだ?」と聞かれたとして、胸を張って「はい。」と言えます。

歌詞の解説

自分の哲学を新たに構築し直す、いわば復活の狼煙として書く曲は、割と自分勝手な内容にしたいと思いました。

僕は自分の歌で誰かを救いたいとか、元気にしたいとか、共感されたいとかは全く思ってません。それが作用として偶然働いた際はもちろん嬉しい気持ちになりますが、それを目的にして音楽を作った事は一度も無いと自負しています。

今回「或る永遠」に乗せたのは、ただの自分勝手な思想です。

そして、僕の音楽のキッカケであり続ける、語り部であり続ける「初音ミク」への感謝です。

音楽そのものを構成する要素の一つが丸ごと人格を象った存在とも言えるVOCALOID。音楽も、機械も、ひとりの人間に比べると途方も無く長い寿命を持っています。

そういった存在とこれから人間がどう付き合っていくか、これはホモ・サピエンスの行く末にも関わってくる大きなテーマであると、僕は考えています。

そのテーマに対する僕の回答が、「或る永遠」の歌詞です。

僕と初音ミクが意志を疎通させ、業を交錯させ、存在として混ざり合う唯一の動機、唯一の方法、唯一の言語。

それを意味の無い物だと突っぱねる理由は、何処にも無いと僕は思います。

これから初音ミク以外にも、「永遠なる者」たちは人間社会にもっと深く進出してくると思います。その時、彼らに対して僕たちhumanがどう向き合うのか。僕は「或る永遠」の歌詞でその問いを勝手に視聴者の皆様に投げかけています。皆様も、勝手に考えて、一つの答えをそれぞれ見付けてもいいし、見付けなくてもいいです。

僕の音楽は、そういうものです。

改めて、僕の新曲「或る永遠」を宜しくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
ボカロP
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。