新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

給付金10万円何に使う? 「生活費優先」「旅行に向けて貯蓄」

 国民に一律給付される1人10万円の特別定額給付金。「何に使うか迷ってしまう」「この際だから思い切って使う」「今回は貯蓄」「ローン返済」など考え方はそれぞれ。新型コロナウイルスの経済打撃は、リーマンショック以上の規模との見方が強く、給付は恵みの雨と言っても先を考えれば気は重い。【外処健一】

 大部分が郵送申請となる中、石巻地方では東松島市が19日に給付開始され、石巻市は22日、女川町は29日を予定している。コロナ禍で収入が減り、長引いた緊急事態宣言で景気はさらに後退した。そう考えれば10万円が妥当かどうかは難しいところ。皆さんはどんな思いを抱いているのだろうか。

 「まずは自動車税を支払い、残りは貯蓄か生活費かな」。石巻市開北の団体職員大森洋一郎さん(44)は、目先の大きな出費となる納税に目を向けた。「税金は払わなければならない。貯金もしたい、生活費にだって回したいと考えるうちに10万円はすぐ手元からなくなりそう」と苦笑い。

 「給付はすごく助かる」と話すのは、同市山下町の看護職員志摩明美さん(59)。「介護サービスを使いながら母親を在宅介護している。どうしても毎月手出しは必要なので、それに充てたい」と使い道を明確にしていた。

 学生のころから卓球に親しんできた同市渡波の団体職員畠山喜宇さん(28)は、一人では解決できない悩みを抱える。「卓球台がほしいけれど置き場所が問題。まずは家族に相談してから」と慎重。ほかの使い道はまだ決めかねているという。

 「今は貯蓄に」と明言するのは、同市門脇の看護職員鈴木めぐみさん(47)。「長女の学費に充てるのが最初の目的。あとは韓国ドラマにはまっており、いつか韓国を旅したい。そのための費用として貯蓄に回す」と計画的な積み立ての一助にしていく考えだ。

 臨時休校の長期化で家計の負担は増えており、子育てと仕事を両立する同市錦町の介護職員片倉恵子さん(42)は「増えた食費や水光熱費などに充てるのが優先になりそう。後は自粛生活を頑張った子どもたちのご褒美、自営業の知り合いも多いので買い物、外食と社会に貢献できる消費にもつなげたい。残れば貯蓄だけれど、どれだけ残るか」と詮索していた。


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

この記事が入っているマガジン

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 166本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。