身入りふっくら冬の味覚 生食用カキ出荷 むき身作業始まる
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

身入りふっくら冬の味覚 生食用カキ出荷 むき身作業始まる

 石巻地方で11日、生食用カキの水揚げ、出荷作業が始まった。県漁協石巻湾支所の万石浦鮮かき工場=石巻市渡波=でもカキむき作業がスタートし、漁業者が殻から素早くむき身を取り出した。

 宮城県は、広島県に次ぐ全国2位のカキの一大産地。東日本大震災前は約4000トンを出荷し、被災後の復旧を経た平成26年以降は約1700トンで推移している。今年は海水温の変化などで例年よりも生育が遅れ、石巻地方では出荷解禁の指針となる9月29日より2週間ほど遅らせ、身入りが良くなるのを待った。

note用生カキ出荷開始 (89)

 万石浦鮮かき工場では、11日午前6時半ごろから約200人で計2トンのカキむき作業を行った。カキはこの日の夕方に入札され、早ければ12日にスーパーなどに並ぶ。

生カキ出荷開始 (85)

慣れた手つきで次々とカキの身を取り出した

 県漁協石巻湾支所かき部の齋藤幸一部長は「今年も身がふっくらとして、どこに出しても恥ずかしくない上々の出来。地元のカキを味わってほしい」と話していた。コロナ禍で飲食店での需要は落ち込んでおり、スーパーなどでの販売増加を期待したいという。

 県漁協のカキの出荷は3月いっぱいまで続き、一部の浜では6月まで続く。石巻湾、石巻地区、石巻東部の3支所は環境に配慮した世界基準のASC認証を取得しており、高品質な県産カキのブランドイメージをさらに強化する取り組みを進めている。【渡邊裕紀】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。