7カ月半ぶり新規感染者なし 県内の新型コロナ 石巻地方11日連続ゼロ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

7カ月半ぶり新規感染者なし 県内の新型コロナ 石巻地方11日連続ゼロ

 県と仙台市は11日、県内の新型コロナウイルスの感染者は確認されなかったと発表した。1日あたりの新規感染者がゼロとなったのは2月22日以来、231日ぶり。

 県内感染者は、まん延防止等重点措置解除前の9月下旬から減少傾向となっており、10月以降は1桁台の日が続き、石巻地方は10月1日から11日間連続でゼロを更新している。同日時点の県内入院患者は24人、重症者2人、受入可能病床(178床)使用率は13.5%。

 県内では、2月22日に感染者がゼロの日となったが、その後は異動期である年度末にかけて急増。3月31日には1日で200人が感染し、当時の過去最多を記録。翌日には初めて「まん延防止」が適用された。石巻地方では一部教育機関でクラスターも確認され、入学式や始業式の延期を余儀なくされた学校もあった。

 飲食店の時短要請や医療・福祉関係者、高齢者のワクチン接種が進んだことで6月中旬には一旦落ち着きを見せたが、7月以降はワクチン未接種だった50歳代以下で急激に感染拡大し、8月25日の県内感染者は過去最多の301人。直後に「緊急事態宣言」が発令された。

 9月以降は若年層のワクチン接種が開始され、感染者数も徐々に小康状態となり、13日に、宣言からまん延防止措置に移行。30日でこれも解除となった。

 県の感染症対策班では「感染拡大防止の意識が県民に広く浸透している。しかしワクチン接種済みでも気を緩めることなく、引き続きマスク着用や、大人数での会食を控えるなど個々に対策して行動してほしい」と呼び掛けている。【山口紘史】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。