見出し画像

波折渡す「渡波」と伊達家縁の「万石浦」

海や湾の恵みを地域自慢の産物に育ててきた渡波地区では、古くから塩作りが行われ、地域経済の発展を担ってきた。奥海(おくのうみ)と呼ばれた万石浦は、伊達家との縁を今に残す。今回はそんな潮風香り、天女が舞い降りた記録が残る渡波・万石浦の地名や歴史を探検してみた。【石森洋史】

◆いつから渡波なのか

「渡波」の名は、元禄11年(1698)5月10日成立の「牡鹿郡萬御改書上」中に記載される「根岸村之内 渡波町」が史書上の初見とされる。しかし、安永2年(1773)3月の、「根岸村端郷渡波町風土記御用書出」の中に「本町ハ寛永18年(1641)、裏町ハ延宝8年(1680)宿場ニ被相立候事」という記述があり、元禄の書上成立以前から渡波町と呼ばれていた可能性がある。

◆渡波の由来

安永風土記では「万石浦(奥海)の入江口で、波が折り渡した跡が自然と汐干潟(しおひがた)の陸地になった土地」と由来が記述されている。
徐々に人が住み始めたのは日本の歴史が大きく動いた戦国期の天文年中(1532~54)で、この頃には「波打渡之跡村」(波打渡の渚村)と呼んでいたが、長いので「渡波町」と呼ぶようになったとされる。
このほかに「入江を渡る」を意味するアイヌ語・ワッタリがなまった説もある。

◆渚の開拓者とは

波が打ち寄せる万石浦の入口あたりに、汐干潟が形づくられ、やがて陸地となり、人々が居住するようになった渡波地区。この地の最初の住人となったのは、尾張国(愛知県)知多半島の野間(美浜町)、内海(南知多町)から移住してきた佐々木肥後・甚左衛門の両人だった。
祝田浜の磯辺に漂着した二人は、葛西氏統治下の天文年中、対岸の野原(干潟)に取り移り、家数を倍増させるように仰せつかった。両人による渡波町の開発は急速な勢いで進められ、家数も順調に増大。2人が世を去るまでには、集落として姿が整うまでになった。

◆今も残る開祖の記録

両人のうち、肥後の息子については、大庄屋に任命された。ならびに、渡波町と流留村との境堀に架かる肥後橋(後生橋)を渡したことが記録されている。

画像1

佐々木肥後が渡した橋の名を今に残す後生橋地区

曹洞宗法巡山宮殿寺=渡波町二丁目・永松鐵晉住職=は、両人の子孫たちの創建で、法巡の山号は甚左衛門の法名「法巡清光」、宮殿の寺号は肥後の法名「宮殿月光」にちなむものであったと伝える。
渡波町を拓き、開祖となった彼らの子孫たちは「内海」の名字を名乗った。

画像2

佐々木肥後、甚左衛門の子孫が創建した宮殿寺

◆流れ留まったものは

安永二年の流留村風土記では流留の由来、2説を記載している。
1つは入海の中に弁財天堂がある島があり、この島が昔、大海より流れ来て留(とど)まったとされる説で、もう1つは、「朝日天女」と名乗る人が空舟に乗って「流れ留まった」縁をもって村名にしたとする由来を説明している。
また、渡波地区を一望する「鳥揚坂」は流れ留まった天女を「取揚げた」(救助した)ことに由来すると記述。取揚坂が後に鳥揚坂になった。

画像3

万石橋や万石浦中、渡波地域を一望する鳥揚坂

◆古歌に残る奥海

うしとても身をばいづくにおくのうみの 鵜のゐる岩も波はかくらん「続古今和歌集」(順徳院)
流留村の安永風土記には、この「おくのうみ」(奥海)が万石浦を歌った古歌として記述している。さらに、流留、渡波、沢田、浦宿までの入海を奥海と呼んでいたが、第二代仙台藩主伊達忠宗が奥海を万石浦と名付けたと伝えている。

◆伊達政宗愛した流留カキ

さらに同書は流留村名産のカキと伊達政宗の関わりも記述。政宗が石巻地方(遠島)の鹿狩りに赴く際、石巻の御仮屋に宿泊しカキを味わうと、献上の命令が下されることになった。
それ以来、流留の村人は、仙台城御台所・御肴(さかな)蔵にまで御用カキを持参。さらに遠島での鹿狩りの際には、名振・大原の御仮屋にまで運ぶという公務を課せられることになった。その代わりとしてよそ者による牡蠣の採取を禁止する「御留海」の命令が発せられることになった。

【参考文献】
・石巻の歴史 第一・三・九巻
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

こちらでもピックアップされています

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 374本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。https://note.com/hibishinbun/n/n51d7b3ce4964

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。