見出し画像

第5回お笑いマスター決定戦

ピン:太田トラベル | コンビ:とんたくと が優勝

石巻の魅力 芸人が発信

 第5回笑いで石巻を盛り上げるお笑いマスター決定戦が7日、石巻市かわまち交流センター=同市中央=で開かれた。今年も全国から81組のエントリーがあり、予選を勝ち抜いたピン芸人3人、コンビ2組で決勝戦を繰り広げた。ピンは太田トラベルさん(38)=東京都=が、コンビは「とんたくと」=同=が頂点に立った。どちらもこれから1年間、一人当たり10万円分の仕事として、石巻市を笑いで発信する広報活動を行っていく。

 同決定戦は、石巻圏観光推進機構の主催で令和2年10月に第1回大会が開かれた。「笑いのネタ」、「芸人視点の観光PR動画」を組み合わせて腕を競う、全国でも唯一のコンテスト。第1回大会で準優勝した「ふあん☆がーる」こと清水一宏さん(43)は、現在、同市の地域おこし協力隊として活動。お笑いライブの開催などを精力的に開いている。

決定戦の合間には清水さんもネタ披露し会場を盛り上げた

 決定戦では、前回優勝のコンビ「ワンワンニャンニャン」と清水さんが進行役を務めた。ピン、コンビ部門ともに数分間のネタと手作りの観光PR動画を披露し、地元メディアや石巻市職員ら審査員6人とネット投票、会場投票で勝敗を決めた。

とんたくと優勝の瞬間、思わずガッツポーズが

 ピン部門は、前回も決勝に進んだまえさかチャンネルさん、仙台市を中心に活動するおもしろビックリ高校生さんを押さえ、太田トラベルさんが優勝。マニアもうなる鉄道ネタが持ち味で、バルーンアートを使って電車の路線図を作るネタで勝負した。太田さんは今回初出場で「優勝するとは思ってもなかった。鉄道芸人として、地域の石巻線、仙石線などを通して、感じた魅力を伝えていければ」と話していた。

 コンビ部門は漫才協会に所属し、結成10年以上の安定した芸風が持ち味の「さくらだモンスター」と、結成3年目「とんたくと」が激突。審査員の評価は拮抗したが、ネット投票で「とんたくと」に軍配が上がった。

優勝した太田トラベルさん(右)、とんたくとの2人

 吉田とんさん(30)とノンタクトしゅんさん(35)のコンビは刑事ドラマを模したネタを展開。水産物や猫島で知られる田代島の紹介など石巻の魅力を詰め込んだ内容が評価された。しゅんさんは「石巻は自然豊かで住みやすい環境だと感じた。これから移住者が増えるような魅力発信をしていきたい」と地域のPRに意欲を見せていた。【渡邊裕紀】

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。皆様から頂くサポートは、さらなる有益なコンテンツの作成に役立たせていきます。引き続き、石巻日日新聞社のコンテンツをお楽しみください。