見出し画像

それぞれが思い描く未来の1年

「来年の今頃、どんな自分になっていたい?」そんな質問をされたら、なんと答えよう。秋に資格の試験があるから合格できていたらいいな…とも思うし、ずっと在宅の仕事をしているからコロナ関係なく普通に太ったのにも関わらず「コロナ太りです」といって通い始めたジムで成果がでたらいいな…なんて未来が頭の中に浮かんでくる。どうやら「来年の私」は、今の私と劇的に変わっていることはなさそうだ。

ただ、ひとつだけ大きく変わることがあるとすれば、2021年の5月8日ロームシアター京都で開催される「バースデーランウェイ」にスタッフとして参加をすること。「まだ開催まで1年以上ある」と言っていた日々は早々と過ぎ去り、あっという間に「残り8ヶ月」まできた。

夏も佳境に入る8月。ここからの動きがとても大事になる。さまざまな演出を考えて、モデルさんの人生、そして関わる人たちに「思い描く未来の1年」を感じてほしい。

あくまでも個人的は意見にはなるけど、私は「想像する未来の1年」が派手である必要はないと思っている。特に今は「当たり前だった日々」はいつの間にか当たり前じゃなくなって、ふとした時にその大切さを痛感させられるようになった。だからこそ「来年の今は去年と同じでもいいかな」と思うのも、前向き未来。

「未来」という言葉を聞くと、スケールの大きな事ばかりを想像してしまうけど、今と同じ未来を歩くことも前向きな未来なのかな…と感じるようになった。こうやって人生について考える機会は「バースデーランウェイ」というイベントにスタッフとして参加をしてから増えたように思う。

24歳の時の突然ハマったワンピースを毎日観すぎて、大きすぎる夢を抱きそうになることもあるけど、私はやっぱり「こっそり行動をしたい派」だから、真正面から世界政府の旗を打ち抜くことなんてできない。それでも少しの野望を心に抱いて、自分らしい未来を歩きたい。そう思っている。

そうやって「自分らしい人生」を考える刺激を与えてくれるキッカケとなったバースデーランウェイでは現在スタッフを募集しています。麦わらの一味みたいな熱き友情で結ばれた仲間!!!!という感じではなく、刺激を受け合って自分の守りたい道を自ら選んで歩んで行く海賊同盟みたいな雰囲気でやっているので(勝手に今考えた)興味のある方は下記から気軽に連絡をください!(年齢性別不問です)

【Twitter】
https://twitter.com/Hibiki_adusa

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、ありがとうございます。コメントやシェアをしていただけることが何よりの励みになります。

わーい!!!
19
メンタルヘルスケア勉強中のライター/『住みたい』と感じる場所で暮らす/今は大阪/お仕事依頼等はこちらまで→kuroiro1203@gmail.com

こちらでもピックアップされています

トピックス(日本)
トピックス(日本)
  • 8949本

素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。