見出し画像

買い物に迷ってしまう人の、一番効率的なドレスシャツの選び方

こんにちは!Hi TAILORスタッフsekiです。
オンラインで完結するオーダーシャツのサービスをやっています。

シャツを着る場面っていろいろありますよね。
たとえばお仕事、仕事終わりのデート、冠婚葬祭など。またお仕事でもピシッとしたいとき、少しカジュアルにノータイできめたいときがあります。

シャツを選ぼうと思ったら、自分のイメージしている着用シーンや着方を指定するだけで、しっかりしたおすすめを信頼できる人から受けられたら良くないでしょうか?
今回は、シャツを着る場面でもっともありそうな4つの着用シーンで、必要なシャツのデザイン要素を解説していきます。

4つの着用シーン

①「THE BASIC」 定番・王道のスタイルです。
②「NO TIE」 ネクタイをしないスタイルです。
③「OFFICE CASUAL」 オフィス用のリラックスしたスタイルです。
④「CEREMONY」 冠婚葬祭です。

ポイントは衿型と生地にかんして間違いないものを選ぶことです。
衿型のセレクトは緊張度に直結します。
生地のセレクトが個性度に直結します。
順に解説していきます。

①定番・王道のスタイルとは?

日常のビジネスシーンをより豊かにしてくれる、定番スタイル

図1

衿型

セミワイド・ワイド→〇 定番・王道のスタイルに最適な、適度な開き方の衿型です。消去法で考えるとわかりやすいと思いますので、詳しく解説していきますね。

図2

図4

レギュラーカラー→△ 冠婚葬祭やリクルートなどで使われる衿型のため、大人のビジネスマンが着用するにはちょっと物足りません。

ボタンダウン→△ 一部の方からはオーソドックスなビジネススタイルには不向き、という見方をされます。あくまで定番的な見え方をめざすのであれば、こちらもあえて選ばない方が無難です。

カッタウェイ→△ 衿の角度が大きく開いており、大人の色気を感じさせます。一方で、王道からは離れてしまうのでこれも外れます。

その他の衿型は個性があり、個人の好みで選定するものなので今回の定番スタイルからは外れます。

組み合わせる生地

白 or サックス or ストライプ(ブルー系)

図3

図5

こちらは定番の白・サックス・ストライプ(ブルー系)です。
白であれば、光沢感があるもの。
サックスであれば、光沢感をすこし抑えたものがおすすめです。
これについては、詳しくこちらでご紹介しています。

②ネクタイをしないスタイルとは?

ネクタイをしなくてもビジネスシーンで使える、ノータイにもフィットするスタイル

図2

衿型

第一ボタンを外した時にもきれい、がポイントです。
ボタンダウン→〇 ボタンをあけても、誠実な印象の衿型になります。
カッタウェイ→〇 ボタンをあけると、大人の色気という感じです。

画像16

画像17

生地

チェック柄 or サックス無地 or ストライプ(ブルー系)

図3

図4

こちらはチェックやオックスフォード織りといった、少しだけカジュアルな要素の含まれた生地がおすすめです。
ボタンダウンがよりカジュアルっぽい生地、カッタウェイはカジュアルすぎない程度の光沢がある生地が合います。

③オフィス用のリラックスしたスタイルとは?

リラックスしたスタイルにも上質を追加、オフィスカジュアル向けのスタイル

図5

衿型

ボタンダウン→〇 ボタンをあけても、誠実な印象の衿型になります。 
ショートワイド→〇 若々しく、モダンな印象の衿型になります。
ラウンド→〇 衿先が丸くなっており、親しみやすい印象の衿型になります。

画像10

画像11

画像12

生地

チェック柄 or オックスフォード織 or ストライプ(ブルー系)

画像13

画像14

画像15

こちらはノータイとも近い雰囲気の生地がおすすめです。
ショートワイドについては、ストライプなどの柄とも相性が良く、幅広い生地の選択肢から選べます。

CEREMONY(冠婚葬祭)

結婚式やお祝いの席など、フォーマルなシーンに向けたスタイル

画像18


衿型

セミワイド→〇 お祝いの席におすすめの衿型です。
ワイド→〇 お祝いの席におすすめの衿型です。
レギュラー→〇 冠婚葬祭のマナーに対応しており、弔事などではこちらの衿型を着用します。

画像19

画像20

画像21

生地

白無地(慶事→光沢感あり 弔事→光沢感なし)

画像22

画像23

画像24


実際にデザインから選ぶのパターンで作ってみました

画像25

たとえば王道で提案している選択肢から、セミワイドを選択して白の生地を組み合わせるとこんな感じ!どうですか?普通だけど、良く見えしていませんか?

ビジネスのシーンは多様化していますが、私たちが思うパターンは大きくこの4つです。

何をオーダーしたらよくわからない!
でも着る場面はわかるはずです。
ぜひオケージョンにぴったりの一着を選んでください。

悩むことなく、あなたにぴったりのスタンダードが見つかると思います。

Hi TAILORのサイト内でも、目的から選んで最適な衿型と生地を選択することもできますので、ぜひお試しください!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ハーイ!
2
Hi TAILOR(ハイ・テーラー)はオンライン完結型のカスタムオーダーサービスです。自動採寸で来店不要。手軽に、誰にも気を遣うことなく、だけどしっかりとした品質のドレスシャツがオーダー出来ます。8,900円〜  公式サイト(http://bit.ly/2Spputk