見出し画像

シャツのサイズ・チェックポイント

こんにちは!Hi TAILOR担当のセキです。

突然ですが、あなたの思うカッコいいシャツとはどんなシャツですか?
ハイブランドのシャツ?
ピタピタに細いシャツ?
オーバーサイズのシャツ?
〇〇なシャツ??
全て正解です!

ファッションですから、好きなものを着ることがあなたにとっての正解です。
うんちくはあっても絶対的なルールはありません。
しかし何でも良いというわけでもありません。シャツの基本的な知識があると、よりファッションを楽しめます。
この記事では、シャツのプロとして社会人の格好良いシャツを
サイズの見方

という視点でご提案させていただきます。

■サイズの見方について

大切なのは、あなたの体に合ったシャツを着るということ。
大きくも小さくもない、あなたに合ったシャツが一番格好良いです。
体に合ったシャツと言っても体の箇所は沢山ありますので、衿から順番に箇所ごとの細かい解説をさせていただきます。

1.衿

首のボタンを留めて自然に指が二本入るゆとり。
小さいとボタンを留めるのが困難になり、大きいとネクタイを締めた時に衿のバランスが崩れます。

画像1

2.胴回り(チェスト・ウエスト・ヒップ)

動きにストレスがかからないように適度なゆとりがあること。
ゆとりがありながらも胴回りの体のラインに自然に沿っていて、大きな横ジワが無く、椅子に掛けてもウエスト部分が横に引っ張られない。
小さすぎるとボタン付近に横ジワが発生します。
大きすぎるとルーズに見えがちです。

画像2

チェスト部分

画像3

胴回り(チェスト・ウエスト・ヒップ)

3.肩

肩が合っていること。
肩が落ちていなく、また、内側にも入っていないこと。
小さすぎると肩周りが動きづらくなります。
大きすぎても動きの妨げになります。

画像4

4.袖巾

腕の付け根から手首まで直線的なラインになっていること。
小さいと腕を曲げると肘部分が窮屈に感じます。
大きいと提灯のような膨らんだラインになります。

画像7

5.裄丈

目安としてはカフスのボタンを外して起立をした状態で手首より2~3㎝長いくらいがベスト。
短すぎるとジャケットの袖口から見えなくなります。

画像7

6.手首(カフス)

既製のシャツのカフスは大きめに作られているものが多いですが、手の付け根でカフスが止まるくらいがベストです。
目安としてはカフスのボタンを留めて起立をした状態でカフスの先が手の付け根付近の位置になること(自然に指が二本入るくらい)。

画像6

7.総丈

お尻の下まで覆う長さ。
短いと動作によっては裾がパンツから出てきてしまいます。
長いとヒップ周りがゴワゴワしてしまいます。

画像8

最後に…
ファッションには人を輝かせる力があります。
好きなデザインで好きな生地でオーダーしてください。
その一枚があなたにとって正解のシャツになります。

この楽しみを一人でも多くの人に体験していただけることを切に願います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハーイ!
2
Hi TAILOR(ハイ・テーラー)はオンライン完結型のカスタムオーダーサービスです。自動採寸で来店不要。手軽に、誰にも気を遣うことなく、だけどしっかりとした品質のドレスシャツがオーダー出来ます。8,900円〜  公式サイト(http://bit.ly/2Spputk

こちらでもピックアップされています

ITEM MAGAZINE
ITEM MAGAZINE
  • 10本

コーディネートやマメ知識についてご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。