見出し画像

ノーネクタイで格好よく着られるシャツとコーディネートの話

こんにちはHi TAILORのワタリです。

今日はノーネクタイの際の着こなしについてお話したいと思います。

ノーネクタイのコーディネートの場合、普段のシャツ・ネクタイ・スーツの着こなしからただネクタイをはずすだけだと、どことなく締まりがなく見えてしまうことがあります。

ビジネスシーンに適した印象を演出するためには?という観点で、取り入れやすいシャツの選び方をお話します。

ノーネクタイでも格好良く着られて”使える”1着

シャツの中でも「ノーネクタイでも格好良く着られるシャツ」があります。
ネクタイをしないからといって、いつもより派手なシャツを着る必要はなく、シャツの色柄と首元のデザインから選ぶのが近道。

また、ここでご紹介する内容はノーネクタイはもちろん、
ネクタイ着用時にも使える、いわゆる着回ししやすいシャツです

画像1

色柄は、
①柄が小さく薄い色のチェック
②細めで薄めのストライプ
③無地ならサックスブルーか白を。
衿のデザインは、
ボタンダウンやカッタウェイ。

1.【チェック】柄は小さめ、色薄め

画像2

チェック柄はこのような、小さめのチェック柄で、薄い色(写真は水色)にするとカジュアルな印象になることもありません。

デザインが多くて迷ったら、ボタンダウン。
この場合は、上着を羽織らないシャツだけの装いはもちろんのこと、ジャケパンスタイルとも相性が良く、コーディネートの幅が広がります。

このようなチェック柄のシャツとジャケットを合わせる時は、無地・ブルーやネイビーといった同じトーンにするとシャツとケンカしません。

画像3


2.【ストライプ】細め、色薄め

画像4

細目でピッチの狭いストライプで、薄い色(写真は薄いグレー)にすると、柄の主張が強くなく、他のアイテムとコーディネートしやすい。そのため、着回ししやすいアイテムです。

衿のデザインはカッタウェイ。
衿が水平に広がっており、第一ボタンを開けたときに衿元が綺麗にみえます。


ネクタイやジャケットをプラスした時のコーディネート例

画像5


3.【無地】サックスブルーか白で、少しの光沢感

画像6

無地シャツは種類が多く「何を基準にして選べばいいものか」と迷いがち。
清潔感のあるサックスブルー(少しくすんで落ち着きのある青色)や白を選び、
スラックスに合わせることを考えて、少し光沢感がある生地にします。

ノーネクタイでも、ネクタイ有りの時でも、
どんな場面でも汎用性高く着られることを考えて、衿のデザインで迷ったらカッタウェイにしてみるのをおすすめします。

シャツが無地の時は柄もののネクタイをつけてみましょう。

画像7

(左)シャツはサックスブルー×カッタウェイ。ダークネイビーのスーツにエンジのネクタイ。ドットや小紋柄など小さめな柄が合います。
(右)白無地×カッタウェイのシャツに、ネイビーのスーツ、同じくネイビーのストライプ柄のネクタイを合わせています。統一感がでるよう、スーツとネクタイを同じトーンで揃えています。


さいごに

ここでご紹介したシャツは、ノータイでも格好良く着られて、ネクタイやジャケットとも合わせやすいものです。
派手なものではないので、誰でも取り入れやすくもあります。
ぜひ、次のシャツ選びの参考にしてみてください。


Hi TAILORでもノーネクタイにぴったりのシャツをご用意しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハーイ!
2
Hi TAILOR(ハイ・テーラー)はオンライン完結型のカスタムオーダーサービスです。自動採寸で来店不要。手軽に、誰にも気を遣うことなく、だけどしっかりとした品質のドレスシャツがオーダー出来ます。8,900円〜  公式サイト(http://bit.ly/2Spputk

こちらでもピックアップされています

ITEM MAGAZINE
ITEM MAGAZINE
  • 10本

コーディネートやマメ知識についてご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。