ほのかって誰ですか
見出し画像

ほのかって誰ですか

 

多分思ってる方も多いと思います。

こいつは誰なんだろう…


どこに在籍してるどこのランカーなんだ
なんで講習やってるんだ
こんなに講習殺到してる理由はなんだ
スカウトとかじゃないのか
男のなりすましとかじゃないのか
そもそも本当に実在してるのか

定期的にこんな感じのDMが届きます。

とりあえず間違いなく言えることは、
存在しています🙌🏻

そして女です。
ツイキャスたまにやってるので、
そこは信じてもらえたら嬉しいです。


あとスカウトはやっていません。

講習中に女の子から聞かれて、
どんなお店があってるかのアドバイスをしたり
店舗さんの例を出したりはしますが、

一切どことも提携してる訳ではないので、
受かる保証もできないですし、
お店からも何も頂いてないです。


私は、
20代半ばのただの小娘です。

20歳から風俗業界に入りました。

ただ入った理由が、
もしかしたら少しだけ特殊かもしれません。


学業が忙しく、
あまり時間が取れないなか昼のバイトをし、
稼ぎもそんなにないのでお金を使えない。

でも特段困ってもいない。
家族仲もよく貧乏な訳でもないので、
頼めば仕送りも普通にしてくれる。

けど、
そこで親に頼るなら自分で稼ぎたい。

普通に、純粋に、
1つの仕事の選択肢として選びました。


時間ないなあ、
お金もうちょいあれば色々と助かるなあ、

あ、風俗が条件に1番あうな。

風俗に入りたくて入ったわけでない人からしたら
めちゃくちゃ腹たつかもしれません。

ただ私はそれくらい当たり前に、
この業種が1つの選択肢として存在してました。

でも入ってからが、
私の価値観を大きく変えるきっかけになりました。


ポロッと友達に
「いまホテヘルで働いてるんだよね」
と話しました。
小学3年生からの仲の大親友でした。

ただ当たり前のように、
いや、特殊な職業ではあったので
多少それなりには緊張はしてました。

でも、それ以上でも以下でもなく、
自分を受け入れてほしかったんですかね


こんなことしてるんだよね、と、
報告をしただけでした。

でも話した瞬間、

友達の目の色が変わったのがすぐ分かりました。戸惑いなのか軽蔑なのか、
お金を持っているという認識なのか、

親に言わなかったのは、
例えば彼氏とSEXをしても言わないじゃないですか。
それと同じでした。

今思えばそれは分かるのに、
なんでこの業種については分からなかったんですかね。


それから、自分が異端であると知りました。


言えない仕事をしている、
という後ろめたさ

なんで言ってはいけないのか分からない、
という価値観の違い

その価値観をもっている気持ち悪さと、
自分への嫌悪感


最悪でした。

その時すでに、
というか私は業界に入ってから、

ホテヘル
箱ヘル
ソープ
マットヘルス

色々やってきましたが、
常にランキングに結果を残せました。


1つの業種として、
真剣に誇りをもってやっていました。

お客様に喜んでもらえることが嬉しかったし、
それが顕著に結果に現れるのもよかった。

がんばればがんばるほど、
褒められるしランキングも上がったし
それに伴い稼ぎも上がった。

"天職"だと思いました。


ただ誰にも言えませんでした。
私は貞操観念が死んでました。


でも自分が変であることを分かっていても、

こんなに真剣に頑張っていることを
自分の好きな人たちに認めてもらえない
知ってすらもらえない


それが悲しくてしょうがなくて

頑張ってることを褒めてほしくて

twitterを始めました。
それが @hhhhh_noka このアカウントです。


最初こそ使い勝手が分からず、
#風俗嬢
みたいな検索のかけ方をしたり、
自分の考えを発信していただけでした。

ただひたすら、
これがよかったあれがよかった
1位になった本指で完売した稼ぎが10超えた


本当は周りの人たちに褒められたかったことを
ツイートしてるだけでした。


きっかけは多分、

キスしながら上半身拭いて、
フェラしながら下半身拭くといいよ!

的な内容のツイートでした。

これがまずバズって、
フォロワーさんが500人ほど増えました。


それから定期的に、
この石鹸使ったら泡立ちよかったとか、
時間配分はこうした方がよかったとか、
口でうまくゴムつける方法とか、
#クソ客のいる生活 を使って、
お客様の対策とかとかをツイートしていき、

DMで来た悩み相談等に全て答えたり、
その答えが丁寧だとまた拡散されたり、

勝手にバズって勝手にフォロワー様増えてを繰り返しているうちに、
あっという間に2500人を超えました。


その頃私はツイキャスに手を出していて、
質問答えるよ〜と、
定期的にキャスを行なっていました。

そしてある日、
キャスを聞いていた風俗嬢さんから
「一度会って直接講習してくれませんか?」
とDMがきました。


正直人に教えたことなんてなかったですし、
役に立つのかも分からないですし、
変なことを教えてしまう可能性も怖くて、
断らせて頂きました。

でもその方が結構ぐいぐいと押してきて、
講習をすることになりました。


今考えても初めての講習はぐだぐだでした。

ただ私のやってることの説明と、
何を考えてるかの垂れ流しでした。

強いて言うなら、
人の癖を見つけるのが早かった私は、
「ここなおしたらどうですか?」
程度のアドバイスはできました。


講習が終わって、
お礼を言われて、
私は純粋に嬉しいと思いました。

初めて、
人と直接風俗の話ができた、と

嬉しさいっぱいで帰りました。


それから2ヶ月ほど経って、
その講習した方からDMがきました。

「ランキングに入ったことなんて一度もなかったのに、今月1位になりました!」


嬉しすぎて声が出ました。
この業種をしていたことによって、
お客様と自分以外にメリットを生み出せたことが初めてだったので、

本当に本当に嬉しいと思いました。


それから、
その結果報告を頼りに
ちょいちょい講習依頼が来るようになりました。

なのでそれこそ最初は、
この日講習やるよー!みたいな私主催ではなく、

DMが来たらスケジュールを合わせる、
という形をとらせて頂いてました。


その講習の結果報告や感想をたくさん頂き、
発信するたびに講習依頼が増えて、
私も回数を重ねるごとに
伝えやすい言い回しややり方を見つけ、

今の形が完成しました。


現在、ざっくり九州〜北海道まで
全国に500人以上の生徒さんがいます。

正直こんなに依頼が来るとは思っていませんでした。

今でもまだまだ依頼を頂き、
スカウトさんやお店からの依頼も頂くようになりました。

本当にありがとうございます。

この場を借りて
お礼をさせてください🙇🏻‍♀️


話が少し戻るのですが、

私はある1つの在籍中に
ものすごく仲良くなった女の子がいました。

その子は私も敵わないほど良い子で、
志も高く、
どんどん仲良くなっていきました。

一生この縁が繋がればいいな、と
思っていた矢先でした。

掲示板による誹謗中傷

ソースも無いような嘘情報を永遠に書き続けられ、彼女の人生は壊されました。

これ以上は書きません。
壊されたんです。


それをきっかけに、
私は思い出しました。

なんでこんな目にあわなきゃいけないのか。

嫌ならやらなきゃいい、
たしかにそうかもしれないですね。

でもこの業界は絶対になくならない。

やりたくなくてもやらなきゃいけない方、
大望のために自らこの業界に赴く方、
私のようにこの仕事を1つの選択肢として選ぶ方、

私たちが悪いですか?
本当に?

私たちがあなたがたに何をしたんですか?

ねえ、掲示板に張り付いてるお前ら
一生許さない
絶対に許さない

この世でお前らを死ぬほど憎んで
地獄のような人生を歩めばいいと

そう心から願っている人間がここにいると
覚えていてください。


そして私は、
それをどうにかしたいと思いました。

たしかに風俗の全てを良しとは言いません。
知らないで済む人生なら、
その方が幸せなのかもしれません。

でも、
なんかしらの理由でこの業界に入り、
「がんばりたい」と思う女の子たちは

そんなに後ろめたい気持ちで生きなくてはいけませんか?
自分の過去を恥じなきゃいけませんか?
一生背負って後悔しろと言うんですか?

私は後悔なんてひとつもしません。
後悔するようなことだとも思っていません。


このお仕事は、

「時間と夢を売るお仕事」です。

私と過ごしたお時間がその人にとって、

何か嫌なことを忘れさせるかもしれない。
ご飯が美味しく感じるかもしれない。
ゆっくり眠れるかもしれない。
明日もうちょっと頑張れるかもしれない。

そのお客様の人生において、

"私と出会った時間が意味のあることであった"

ここを目指して真剣に仕事しているだけなのに。


講習でもDMでも、
この業界での闇をたくさん聞きます。

私は「もっと出来るのではないか」という思いが湧きました。

私の手の届く範囲は小さすぎる、
もっともっともっと私に力があって、
手の届く範囲が広ければ、

あの子の人生は壊れなかったかもしれない。


泣いても喚いてもしょうがないから、
私は今、
この人生をかけて進みます。

それが私です。
ほのかという存在です。


綺麗事まみれで鬱陶しくて
アンチもたくさんいます、別にいいです。


私は進みます。


家族には話しました。
背中を押してくれました。
縁を切りたく無い友人にも話しました。
私らしいと応援してくれました。

小学3年生からの大親友は、今でも大親友です。

以上が私の話でした。

長いうえにつまらなくてオチもないですが、
いつかハッピーエンドなオチが話せるような人生を歩みたいと思います。


まずはお店をオープンします。
必ず成功させます。

twitterにて随時情報は更新します。
ぜひ楽しみにして頂けたら嬉しいです。
私はめちゃくちゃ楽しみです!!

そしてこれはお願いです。

皆さんのお力が必要です。
拡散の協力をしてくださる方は、
ぜひRTしてくださると本当に助かります。

応援してくださる方がいるということを忘れず、
お店づくりの糧にさせて頂きます。

そのほか、
noteによる講習の発信や、
写メ日記のお題提供もしていけたらと思っています。

がんばります。
よろしくお願いします。


ほのか

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ほのか♡

サポートもらえたらめちゃくちゃやる気出るのでめちゃくちゃお役に立てるようがんばります♡(現金)

私も好きです⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾
池袋デリヘル「絶対天使」のオーナー兼講習員。元ランカー爆推しソープ嬢(引退済み)。良嬢のための良嬢育成の講習実施中。