アフリカの疾風
見出し画像

アフリカの疾風


ケニアのライキピアのとある家の朝5時。
ジョンソンは、父親のお祈りを受けて20キロ先の小学校へと走って行く。
小山を駆け上がりその先のサバンナの平原を見る。
そして平原を駆ける。

ジョンソンの行方に現れたのはキリンの群れ、
その長い首が遠くからもわかった。
ジョンソンは、走る速度を上げた。このあたりは危険地域だった。

平原でも起伏の大きい場所にたどり着いたジョンソン。
山道のように上り降りがある。このあたりは先が見通せないため緊張した。
  
うなり声が聞こえた。東の方角にゾウがいる。
ジョンソンは西の方へ急いだ。
声を感じながら同時にその存在から離れている事も認識した。
  
起伏が収まり、平坦な大地となった。ジョンソンは速度を上げた──。

  
小学校の中でも最も遠い場所に住んでいたジョンソンは、
自然にその才能を育み、キプチョゲ・ケイノの後継となるべく、
陸上クラブに加入した。
彼の両親はジョンソンの将来のためにクラブに米を3キロを納めた。

大会で優勝を重ねたジョンソンは海外に出ることを望んだ。
海外に出れば定期の高収を得ることができる。
国内では大会ごとしか賞金が入らない。

クラブでは先に仙台へ留学していた選手からジョンソンは話を聞いた。
留学先は山梨か仙台の2枠しかないこと、選考会では必ず優勝すること。
枠は2枠あるが、選考会の大会は他にもあって、
それはケニアだけではなく、エチオピアでも開催されていること。
目に見えない相手と戦うため、できるだけ大差で優勝することを
ジョンソンは知ることができた。

ジョンソンはクロスカントリーの大会で優勝し、高校に入学。
一ヶ月ほどを過ごした。

そして、すぐに留学生として、宮城県の高校へと留学が決まった。



【続く】






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
秋

よろしければ、作品の自費出版の費用にさせていただきます。

ありがとうございます。
普段は会社員をしています。映画のコラムみたいなもの、素人小説などを書いてみます。 文章・創作のサークルを運営。電子書籍を多数出版しています。 https://amzn.to/2Uf4JDS