"HIGAWARI PRINCESS"のコード進行

"HIGAWARI PRINCESS"のコード進行

hetschma

はじめに

今回、初めてのnote投稿ですが、今回は自分の好きな曲のコード進行を調べてみた結果を書いてみます。"HIGAWARI PRINCESS"は、WUG楽曲の中でも一二を争うくらい好きです。

楽曲について

◎作詞:只野菜摘 /作曲・編曲:広川恵一(MONACA)
2016年にリリースされた”Wake Up, Girls! Character song series2”のカップリング曲です。このキャラソンシリーズには、センター(メインの歌唱パートを受け持つメンバー)の異なるバージョンが7種類あります。
※うまく見えるかわかりませんが、Apple Musicのプレイリストのリンクを下に貼っておきます。


コード進行

キーは、おおむねCm(途中で転調あり)
◎イントロ
|AbM7 Gm7|Cm7 F7(9)|Ab Bb7(9)|Cm7|
|AbM7 AbmM7|Gm7 F7/C|Fm7(9) Bb7(9)|Cm7|
|AbM7 Gm7|Cm7 F7(9)|Ab Bb7(9)|Cm7|
|AbM7 Gm7|Cm7 F7(9)|Ab Bb7(9)|Bb/C C7 C7(b13)|
◎Aメロ
|AbM7|AbM7|GbM7|GbM7|
|Fm7(9) Bb7(9)|Bb/C C7|C7|
|AbM7|AbM7|Gm7| C7(9)|
|Fm7|Fm7|Fm7(9)/Bb|Bb/C C7|
◎Bメロ
|Dm7 Cm7|??|Dm7 Cm7|??| 
|Dm7 Cm7|??|E/Gb Gb/Ab|G?|
◎サビ
|AbM7 Gm7|Cm7 F7(9)|Ab Bb7(9)|Bb/C C7|
|AbM7 AbmM7|Gm7 F7/C|Fm7 Bb7(9)|Cm7|
|AbM7 Gm7|Cm7 F7(9)|Ab Bb7(9)|Bb/C C7|
|AbM7 AbmM7|Gm7 F7/C|Fm7 Bb7(9)|Cm7|
◎間奏
|AbM7 G7|C7 F7|Fm7 G7/B|Cm7 Gm7|
|AbM7 G7|C7 F7|Fm7(9) Fm7(9)/Bb|Bb/C Cm7|
◎Dメロ
|AbM7|AbM7|AbmM7|AbmM7|
|Gm7|G7|Cm7|Cm/Bb|
|F#M7(9)|AM7(9)|Am7|Am7|
|G#m7|G#m7/G|A7|F/G G7|

楽曲の各パートについて

◎イントロ
前半は歌入り、後半はホーンセクションの入ったインストパート。
サビにも出てくる|AbM7 AbmM7|Gm7 F7|の進行は
C B Bb A
という内声(コード構成音)の半音下降が感じられるのがポイント。なんというか、色気があります。
◎Aメロ
ここでは、Key=Cmというより、Key=Abでしょうか?
◎Bメロ
ギターの「じゃじゃじゃじゃっ」という8分音符のマイナー7thカッティングが印象的なBメロパート。
もっとも、最初の8分音符の3つ目までは、前のAメロ小節に入っている音なので、表記として正確ではないですが、便宜上Bメロの枠に入れてみました。
「??」のところは独唱のヴォーカルパートとドラムのみで、ヴォーカルのフレーズは、Fマイナーペンタトニックスケールですが、Fmとコードを位置づけられるのかどうか自信ありません。
Bメロ終盤の|E/Gb Gb/Ab|は自力で解析できなかったので、下記サイトを参照しました。
https://ja.chordwiki.org/wiki/HIGAWARI+PRINCESS
サビに入る直前の、ホーンセクションやら色々聞こえる箇所のコードは、まるでわかりません。
それでも、なんとなくGの音が鳴っているようには聞こえます。
仮にしっかりコード感のある伴奏を入れるなら「Gm7 G7」で次のAbM7に繋がりそうですが、いかがでしょうか。
◎サビ
サビのコード進行は、イントロ歌パートとほぼ同じです。
◎間奏
前半はピアノ独奏。歌パートではGm7のところがG7に変わっていて、ちょっと切なさが漂います。
左手のベースノートを省いた右手のコード弾きのように聞こえますが、フレーズっぽい音も入っていて、実際はもっと複雑(こんな演奏がサラッとできたらかっこいいけど、ピアノ素人なので無理です・・・)
◎Dメロ
前半は、Aメロやサビの進行とよく似ています。
後半からは転調に次ぐ転調、のようですが、肝心のキーがどうなっているのかは、よくわかりません。
最後の|F/G G7|は、C A F Bと流れる歌メロから判断しました。

おわりに

この"HIGAWARI PRINCESS"は、去年にもコード進行を調べていたことのある曲ですが、試しにギターでやってみたところ、あまりに和音が複雑過ぎて、どこをどう押さえればいいのかさっぱり見当がつかず、途中で放棄しました。
今回は49鍵のMIDIキーボードで音を採ってみましたが、分数コードが多く出てくる曲は、ギターより運指の制限が少ない鍵盤のほうが、コード進行を調べる際には適していると感じました。
あとで間違った箇所がわかったら、書き直すかもしれません。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hetschma