見出し画像

大江手峠

俺はちっぽけな山小屋の中でガタガタと震えていた。
真夜中で外は大雨、寒さが肌を刺す。

だが問題はそんなことじゃあない。

「GRUU! GRUU!」

初冬の大江手峠。
取材でやってきた俺を待っていたのはお目当ての被写体ではなく
冬眠し損ねの所謂「穴持たず」のヒグマだったのだ。
奴に執拗に追われ、気がついたらここに逃げ込んでいた。

「GRUUU!」
唸り声が聞こえるたびに柱が軋み梁が揺れる。
「FUSHUUU!」
鼻息が絶望と恐怖を煽りたてる。

ふと外が静かになった。
聞こえてくるのは雨音だけだ。
「あきらめたのか?」
一瞬でも安心したのが災いし、俺はいつの間にか眠りに落ちていた。

戸の隙間から朝陽の光が差し込み目を覚ます。
おそるおそる外をうかがう。
ヒグマの気配はない。
ヒグマの死体があった。
喉から下腹部にかけて貪り食われたような跡。
俺は今なら天国に思える編集部を思い出す。

(あの投稿写真、フェイクじゃなかったのかよ…)

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お礼に唐揚げにレモンかけときました
9
人生いずエンターテイメント