パワーワード(物理)
辞書

パワーワード(物理)

「光速の3倍の速さだが身体には一切の影響を与えない駆け足ィ!」
「光速の3倍の速ささえも捉えるとんでもねぇ動体視力ゥ!」
奴の動きを俺は見失いはしない。

「魔界の暗黒力を凝縮しあらゆるものを貫通するレーザー!」
「全宇宙の神々を全て出勤させて展開する超多次元防御結界ィ!」
奴のレーザ―は俺の結界に阻まれる。

今度は俺の番だ。
「対象の口腔内に1000万スコヴィル値の液体を2リットル発生させる呪詛ォ!」
「え…えっと…あらゆる味覚を打ち消すオーラァァ!」

「グワァァッ!!」
奴は喉元を押さえ、涙を流しのたうち回る。
馬鹿め。辛さを感じるのは痛覚だというのに。

「あらゆる言霊をもってしても破れないグルグル巻き拘束ッ!」
奴は辛さのあまり対抗する言霊を口にすることができない。
これにて任務終了。

言霊。言葉に宿る力。
それを自由に引き出せるのが俺達言霊士だ。
コトダマソルジャー。
悪の言霊士を狩る俺たちを世間はそう呼んだ。

【こんな作品でも絶対に続きが読みたくなり著者にコロナやドリトスを送りたくなる続きィ!】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
帰り道にガムを踏む可能性が20%ダウンしました。
人生いずエンターテイメント