見出し画像

【切り落とし案】メットズガドーンアーゴヨン【シティリーグ北海道】

こんにちは。へるです。

今回はシティリーグシーズン3 北海道大会での使用を視野に入れたものの、採用しなかったデッキ【メットズガドーンアーゴヨン】と、それに至るまでの過程の紹介です。

これまで紹介したデッキにも選択と断念の理由が書いてあるので、よろしければそちらもご覧ください。

デッキ検証理由
■もう一つの選択肢
■ジラーチの採用率

試行錯誤した点
■フルドライブを耐える
■引き続き安定感は担保する

検証して分かったこと
■速度の限界点
■優位性の誤認


デッキ検証理由

■もう一つの選択肢
シティリーグ北海道では早々に炎タイプを主軸とするデッキを使おうと決めていました。(詳しくは大会レポートをご覧ください)

結果的にリザードンを選択したものの、数日前までは並行してズガドーンGXの採用も検討していました。

最近あまり入賞しているところを見なくなったデッキタイプではありますが、フルメタルウォール発売と同時に環境が動くのであればまた一考の余地があります。

何よりCL新潟大会に向けて選択肢だったことから、リザードンよりも使っていた時間が長く、ある程度回し方を理解していたことも大きな要因でした。


■ジラーチの採用率
加えて、シティリーグシーズン2終盤でジラーチサンダーが再び流行し始めたことをキッカケに、それに強く出られるデッキだということも理由の一つになりました。

その理由はやはり“アローラベトベトン(かがくのちから)”です。

たねポケモンの特性を軒並みシャットダウンしてしまう強烈な特性は、ジラーチサンダーを含むジラーチを採用して盤面を整えていくデッキ、デデンネGXやゼラオラGXで動かしていく雷タイプに対して大きく刺さるのではないかと思いました。

CL新潟当時と違ってズガドーンGXを警戒したデッキは少ないでしょうし、他のデッキへの対策を搭載している=こちらへの対策を切っていることは十分に考えられました。

ひとまず試してみる価値はありそうだなと思い、リザードンと並行して調整を進めていました。


試行錯誤した点

■フルドライブを耐える
ズガドーンGXが現環境で少ないのは明らかにピカチュウ&ゼクロムGXが厳しい相手だからです。

フルドライブのダメージが150なので、エレキパワーやこだわりハチマキで強化されるとあっさりズガドーンGXを倒せるラインまで手が届きます。

エネ加速で後続を作られつつ、アタッカーを削られていてはまるで勝負になりません。

そこで、こだわりメットを採用して耐久力を底上げし、相手への要求値を高くするプランを組み込んでみようと思いました。

これはフルメタルウォールで登場したルカリオ&メルメタルGXのこだわりハチマキ込みヘビーインパクト、フェローチェ&マッシブーンGXの無強化エレガントソールを耐えられるメリットにも繋がります。

攻撃の試行回数を増やせれば青天井火力のあるズガドーンGXはしっかり反撃できるので、とにかく一度だけでも倒されないターンを作りたかったのです。


■引き続き安定感は担保する
CL新潟の頃と違い、カードプールにもある程度変化がありました。

大きいのはタッグボルトで登場したエリカのおもてなしで、ビーストリングやアーゴヨンを手札を抱えたまま大量にドローできるサポートとしてこのデッキと相性抜群でした。

ただそうは言っても凄まじい事故を起こしてしまうことはあり得るので、ハンドリフレッシュ手段としてのシロナも一緒に採用しています。

ポケモンへのサーチカードは厚めに積み、とにかく動き出せることを重視して必要最低限の採用に留めました。


検証して分かったこと

■速度の限界点
こだわりメットでフルドライブを耐える…というのはそれなりに効果がありました。

攻撃回数が増やせればタッグチームというシステムの性質上サイドレースは優位に立てますし、バーストGXもあってかなり勝つまでのプランが組みやすくなります。

ただしそれは“こだわりメットをスムーズに引けていれば”の話です。

正確に言えば、順当に回ったこのデッキではある程度の割合で手札に引き込めるものの、ピカゼク側のスピードがあまりに早すぎて準備が追いつかないのです。

後攻1ターン目にフルドライブでズガドーンGXを落とされると、盤面が整っていないせいでビーストリングを使うとかそういう次元の話ではなくなってしまいます。

また、一度耐えれたとしてもタッグボルトGXからの2枚抜きの線が残っており、結果的にビーストリングチャンスを逃す可能性は潰しきれませんでした。

このデッキはあまり器用な行動ができないので、暴力的なまでのスピードとパワーにすんなり対応できるほどの対応力は持ち合わせていませんでした。


■優位性の誤認
また、フルメタルウォールで登場するカードへの優位性も疑わしい状態でした。

炎タイプが一定数いるであろうことは他のプレイヤーも読んでいるでしょうし、ルカリオ&メルメタルGXには鋼鉄のフライパン、フェローチェ&マッシブーンGXにはじゃくてんほけんなどを合わせられると結局必要なカード枚数は多くなってしまいます。

正直今でもカツカツの状態なデッキリストなので、フィールドブロアーを採用できるほど余裕はありません。

オマケにもう一つの選択肢であるリザードンにあっさりズガドーンGXが倒されてしまうことは看過し辛い事実です。

回せば回すほど欠点が浮き上がってきてしまい、やむなく選択肢から外しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
6
フリーランス/ゲーム系エンジニア(Unity)/ライター/ポケモンカードプレイヤー(CSP 2019:331 2020:70) /日本代表を目指しつつ、ポケカの記事書いてます。いつの間にか動物園の園長や寮母さんになってました。