見出し画像

【切り落とし案】ウルネク、クワガノンGX【シティリーグ東京】

こんにちは。へるです。

今回はシティリーグシーズン2 東京大会での使用を視野に入れたものの、採用しなかったデッキを複数紹介します。

これまで紹介したものと違い、選択の最終段階に至るまでに切り落とされたものなので調整過程は書いていません。

しかしそれでもどんな選択肢があったのかを記すことは後ほど振り返る際に役立つので、こうしてまとめておくことにしました。

これまで紹介したデッキにも選択と断念の理由が書いてあるので、よろしければそちらもご覧ください。


ウルトラネクロズマGX

検証デッキリスト


■デッキの検証理由
中打点、高打点を巧みに使い分けるウルトラネクロズマGX(以下ウルネク)、非GXで永久機関のアタッカーと化すギラティナ、そして盤面だけで役割を完結させるカラマネロから成るデッキです。

その対応力の高さから環境の多くのデッキと対等以上に渡り合うことができ、たねポケモン主軸かつサーチカードも豊富なことから安定感もあります。

タッグボルト発売後一気に数を増やし、ピカチュウ&ゼクロムGXと並んで現環境のトップメタと言っても差し支えないでしょう。

当然環境の理解と使用する選択肢として調整を進めていたのですが、本番に使用するデッキとしては採用できませんでした。

その理由はひとえに“練度不足”です。


■選択を断念した理由
前述の通り環境のトップメタとも言えるこのデッキの母数は相当多いと考えていたので、採用すれば当然ミラーマッチの発生率は上がります。

ウルネクのミラーマッチはGXポケモンを出さず、ギラティナを軸に立ち回りながら攻撃していくことになると思います。

そうなった時に練度の低い現段階では負け筋の見落とし、プレイミスが多発し、勝率が下がりかねないと判断しました。

また、同条件で試合を進める場合、先にサイドを取り始めた方が俄然有利な試合です。そうなれば先行を取った方の勝ちとなり、勝率5割を超えることがありません。

ミラーマッチでの明確な回答を用意できない以上はトップメタを握ることができないと思い、採用を断念しました。


クワガノンGX

試運転過程・検証デッキリスト


■デッキの検証理由
ナイトユニゾンで登場した特性バッテリーのデンヂムシにより、攻撃までのスピードが大幅に上昇したクワガノンを主体とするデッキです。

こだわりハチマキやエレキパワーも含め、タッグチーム環境でも十分なダメージを叩き出しつつ、GX技で進化前のたねポケモンを咎められる戦術の幅広さが魅力ですね。

非GXで登場したクワガノンも非常に強力な性能を持ち、数々の噛み合いから高いポテンシャルを秘めたデッキだと感じていました。

カードリスト公開当初にはそれに気づけなかったものの、しばらく考察を進めていく内に実戦レベルまで押し上げられそうだと判断したので、調整を開始しました。


■選択を断念した理由
では何故本番で使用しなかったかというと、“本番一週間前のシティリーグで優勝してしまった”のが原因です。

仮定の話ではありますが、バッテリーデンヂムシは多くの方が目をつけており、強いカードだと考えていたのではないでしょうか。

しかしいざ自分が使うとなると判断材料が足りませんし、実際使用率は分からないものの大会で目立った結果は残していませんでした。

が、ここに来ていきなりの優勝。話題性は十分で、翌週のシティリーグではクワガノンGXを意識した立ち回りの研究、デッキ選択が行われるだろうと考えました。

あの結果を見てクワガノンGXを選択するプレイヤーはそれほど多くないと思いますが、実際僕も警戒したデッキ選択を本番していましたし、存在が明確になったこと自体に影響力がありました。

クワガノンGXはそもそも構造上が強力なデッキではありますが、初見殺し性能も含めた上で選択肢だったのもまた事実です。

特にナゲツケサルのようなデッキを見た上でデッキの構築を歪めてしまうのは調整が間に合わないと判断したので、採用を断念しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
5
フリーランス/ゲーム系エンジニア(Unity)/ライター/ポケモンカードプレイヤー(CSP 2019:331 2020:70) /日本代表を目指しつつ、ポケカの記事書いてます。いつの間にか動物園の園長や寮母さんになってました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。