【コラム】どうしてこの数? デッキのカード採用枚数について

こんにちは。へるです。

ポケモンカードでデッキを作る際、同じ名前のカードは原則的に4枚入れることができます(基本エネルギー、プリズムスターを除く)。

しかしデッキリストを見るとカード毎に1〜4枚まで入っている数がバラバラで、同じデッキだったとしてもそれを作った人によって全く違うことはザラにあります。

そこで、今回は“僕がどういう基準でデッキに入れる枚数を決定しているのか”について紹介しようと思います。

新しくデッキを作る際の参考になれば幸いです。


デッキに4枚入れる場合


デッキに4枚入れるカードは下記のいずれかに該当します。

■序盤から終盤まで終始使う
比較的共通しているのはリーリエやシロナといった効力の安定しているドローサポートですね。手札を確保することはどのタイミングでも行う必要がありますから、使用回数と引ける確率を考えれば多く採用することになります。

万能ポケモンサーチのハイパーボールも同じ理由で、状況に合わせたポケモンを臨機応変に呼び出せるので終始役に立ちます。

他にも、非GXのアタッカーや進化前のたねポケモンのように、倒されやすくたくさん並べる必要があるポケモンも該当します。


■何としても早い段階で使いたい
リーリエのように最初のターンで大きな効力を発揮するカードや、ジラーチのように対戦開始時バトル場にいてくれるとその後の試合運びがグッと楽になるカードが当てはまります。

2進化デッキにおけるふしぎなアメ、化石デッキにおけるなぞの化石のように、そもそもないとゲームが始まらないカードもそうですね。そのデッキで戦うための前提条件になるカードが多いと思います。

特にこの理由で採用するカードはデッキの根幹、スムーズな展開を担っていることが多く、依存度も高めです。如何に早く引き込んで使えるかがその後大きな影響を及ぼすので、採用枚数を多くして少しでも引ける確率を高めます。


■何枚あっても嬉しい
エレキパワーのような一度にいくらでも欲しいカードが該当します。ここに当てはまるカードは手札にある枚数が有利に直結するケースが多いので、4枚どころか6〜8枚くらい入れたいのを我慢しています。


デッキに3枚入れる場合


■GXポケモンのアタッカー
タッグチーム以外のGXポケモンは倒されるとサイドを2枚取られてしまいます。つまり3回倒されればゲームが終わり、4枚目を使うことはありません。

その為、絶対使わない4枚目をデッキに入れるくらいなら他のカードを採用したいという場合にGXポケモンのアタッカーは3枚採用になります。

もちろん4枚採用する理由に該当するようなアタッカーの場合はその限りではありません。


■なるべく早く欲しいものの、複数枚はいらない
あると強いけど手札に複数枚あると邪魔だな…というカードが該当します。ウルトラスペースやせせらぎの丘といった展開用のスタジアムが該当することが多いですね。

ドローサポートを使った上で序盤1枚くらい引ければいいかなというカードはこの枚数になります。

ちなみに、できれば4枚入れたかったけど他にどうしても入れたいカードがあって…という場合はやむなく3枚にすることもあります。大体ここの役割のカードです。


■序盤に最低2枚は使いたい
アローラロコンやチコリータ、ミズゴロウなど各エンジンを担う進化前のたねポケモンが該当します。

進化前のたねポケモンは倒されやすいので1度に2体以上出したいのですが、2枚だと引けなかったりサイドに落ちてそもそも出せなかったりというケースが起こり得ます。

それを避けるためにもしっかり3枚採用して安定したリストにしていますね。


デッキに2枚入れる場合


■ゲーム中絶対に1度は使いたい
こだわりハチマキやまんたんのくすり、アセロラのようにゲームを決定づけるようなカードが該当します。

基本的にこの役割のカードは展開に関与せず、引きすぎると邪魔になるものの、有効なタイミングで使用すれば大きくゲームの流れを手繰り寄せることができます。

しかしハイパーボールなどでトラッシュされがちな枠でもあるので、一度は必ず使いたい!という場合に2枚採用します。


■序盤に1枚は必ず使いたい
1つ目と似ていますが、1枚使いたいもののサイド落ちが嫌なケースでも使います。

カプ・テテフGXは多くのデッキでこのような理由によって採用枚数が2枚になっている気がしますね。勿論サイドを拾っていって終盤また使いたいケースがあり得るのも強力なのですが。


デッキに1枚入れる場合


■使える状況が限られている
ルガゾロに対するウソッキー、ジラーチを使うデッキへのアブソルのように、特定のケースにおいて活躍する所謂メタカードがここに該当します。

ハンドリフレッシュに繋がるマーシャドーなどもそれに当てはまり、1度は使いたいものの、2枚手札に来ると不要なケースでは非常に動きを鈍らせてしまいます。

それを避けるためにも、簡単にサーチができて状況に応じた使用ができるポケモン、サポートを1枚だけ入れておく、という率が高いですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! 毎日更新しているので、また見てください!
14
フリーランス/ゲーム系エンジニア(Unity)/ライター/ポケモンカードプレイヤー(CSP 2019:331 2020:70) /日本代表を目指しつつ、ポケカの記事書いてます。いつの間にか動物園の園長や寮母さんになってました。