見出し画像

【切り落とし案】速効型ピカゼク【シティリーグ東京】

こんにちは。へるです。

今回はシティリーグシーズン2 東京大会での使用を視野に入れたものの、採用しなかったデッキ【速効型ピカゼク】と、それに至るまでの過程の紹介です。

これまで紹介したデッキにも選択と断念の理由が書いてあるので、よろしければそちらもご覧ください。

デッキ検証理由
■環境屈指のデッキパワー
■対処のしづらさ

試行錯誤した点
■フルドライブを撃つことに専念する
■環境への警戒

検証して分かったこと
■ジラーチサンダーの変化
■ミラーマッチの決定力不足


デッキ検証理由

■環境屈指のデッキパワー
他のデッキを検討しながら、環境トップともいえるピカゼクのデッキも考えていました。

ナイトユニゾンにてデデンネGX・電磁レーダーが登場したことにより、安定感と速度が以前よりも底上げされ、比べ物にならないほどパワーが高くなっています。

例え有利なデッキを選択していたとしてもピカゼク側がぶん回るか、対策側の動きが少しでも鈍ればそのまま押し切られます。下手な対策デッキなら物ともせず踏み潰せるでしょう。

数々の雷タイププッシュに加え、それを思う存分活かせるアタッカーとしてピカチュウ&ゼクロムGXは存在感を放っていました。

使うにしろ対策するにしろ、このデッキを検証しないことにはそもそもデッキを組むに至れなかったのです。


■対処のしづらさ
タッグボルトGXの決定力は言うまでもありませんが、本当に厄介なのはフルドライブです

エレキパワーやこだわりハチマキを含めた強化フルドライブによってアタッカーを倒されつつ、盤面にエネを供給されるという理不尽を押し付けられます。

基本的にピカゼク自身に6エネを貼ることはせず、盤面にエネを残せるようにフルドライブを撃ちながら立ち回られると、目の前の驚異を取り除くだけでは解決できなくなるところに嫌らしさがあります。

加えてデデンネGXと電磁レーダーの登場により、スピードだけでなくハンドリフレッシュ妨害後の復帰力が段違いになっています。

ピカゼク自身が太い軸として存在しながらも、安定した土台とそこから派生した勝ち筋のパターンが強力なことから、非常に優れたデッキだと感じていました。


試行錯誤した点

■フルドライブを撃つことに専念する
先攻2ターン目で確実にフルドライブを撃てるよう、デッキの大枠は動きに関するカードで固めました。

特にエネルギーつけかえはこのデッキにおける柔軟性を象徴するカードで、カプ・コケコ◇やレックウザGXからエネを供給することですぐさまフルドライブの準備が整うようになっています。

電磁レーダーはアタッカーとデデンネGXを確保でき、それに繋がるデンジも最大枚数採用…と動けずに止まることがないように厚めに採用しました。

採用カードや枚数も含め、ここは特別触れるところのない部分かなと思います。


■環境への警戒
当然ピカゼクは対策される側なので、あらゆるデッキが睨みを効かせてきます。

そこで、空いたスロットには各デッキ別の対策を仕込んでいい立ち位置をキープできるように考慮しました。

前回の記事でも説明しましたが、ジラーチサンダーやコケコナゲツケサルといったデッキが多く出てくるだろうと想定していたので、エンジンとなるジラーチへのメタとしてアブソルを採用しました。

このデッキにおけるアブソルはリソースの消耗戦に使うのではなく、相手の出だしを鈍らせる目的で使用します。

少しでも失速させればその間にこちらがフルドライブで盤面を崩壊させ、そのまま押し切れるだろうと考えてのことです。

また、環境である程度姿を見せていたサナニンフへのフェアリーチャーム対策としてフィールドブロアーも採用しています。

サンダーやマーシャドーはあまり入れたくなかったのですが、採用の有無で動ける幅が段違いだったのでやむなく入れることにしました。


検証して分かったこと

■ジラーチサンダーの変化
前述の通り非常に強力なデッキではあるものの、あまりに目立ちすぎた故に少しずつ対策の精度が上がって来ているように感じました。

顕著だったのがジラーチサンダーで、ナイトユニゾン発売以降のシティリーグで構築にビーストリングを採用した型が多く入賞するようになります。

カプ・コケコGXとマッシブーンのスレッジハンマーはピカゼク側にとっても驚異なので、それをケアしながら動くことはマストだったのですが、それに加えてふりまわすまで選択肢に入れられると話が変わってきます。

僕が考えていたジラーチサンダーもそれを当然採用していますから、調整している時に分の悪い戦いになることが多くなっていました。

サイドを取り切るのにも攻撃回数が増えがちなので、いくらでも相手にチャンスを与えてしまいます。マーシャドーやサンダーが負け筋となるシーンもあり、立ち回りが非常に窮屈でした。


■ミラーマッチの決定力不足
それだけならまだこちらも対策に寄せればよかったのですが、今度はミラーマッチにおける決定力不足が目立つようになりました。

例え先攻を取ったとしても後攻1ターン目にフルドライブを決められると沈黙するしかなく、先にぶん回ってフルドライブを決めたほうが勝つ…という悲しい状態を、僕では調整中打破することができませんでした。

ミラーマッチを無対策で望むことは文字通り運任せで、勝率5割を超えることはできなかったのです。

ピカゼクの母数も相当多いだろうと予想していたので、流石にこの状態で大会に挑むことはできないなと感じ、断念しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! 毎日更新しているので、また見てください!
5
フリーランス/ゲーム系エンジニア(Unity)/ライター/ポケモンカードプレイヤー(CSP 2019:331 2020:70) /日本代表を目指しつつ、ポケカの記事書いてます。いつの間にか動物園の園長や寮母さんになってました。