誰よりも遠くへ 日下まろん
見出し画像

誰よりも遠くへ 日下まろん

かりんとう

児童文学として有名な「トムソーヤの冒険」
大人になっても、文庫で読み返してみたり、
絵本を見たりするのもいいですよね。

さて、今回、私が取り上げるのは、
TVアニメ
「 世界名作劇場」の「トムソーヤの冒険」

世界名作劇場は
素晴らしいアニメのオンパレードでした。

パッとみれば、世界名作劇場のアニメだと
わかる絵が、TVから飛び出し、絵本にも
なっています。

( 表現が「 絵 」になりました。プロの方、
ご了承ください)  

赤毛のアン 
フランダースの犬
あらいぐまラスカル etc‥

グッズや文具などもあり、
大人でもあらいぐまラスカルファンの方など
多いのではないでしょうか。
( ズバリ、私です)

世界名作劇場のDVDやCDもあります。

🔵世界名作劇場シリーズ 完結版
 DVDメモリアルボックス  約 4万円

かなりの充実度になっているもので、
世界名作劇場好きな方は、
こちらさえあれば、鬼に金棒状態で、
安心できるのではないかと思います。


私の
初、「 トムソーヤの冒険」は
本や絵本からではなく、
TVのアニメと、
TVアニメ主題歌を集めた、カセットでした。

まだ小学生の低学年だったので、TVで見ていたかもしれないのですが、記憶にあまりありません。

わりと大きめのカセットデッキ。
ライトグレーで、30センチくらいのもの。
ダブルデッキでなく、カセットを入れるところは
ひとつ。

例)     ⬆︎
こんな感じ。高さはもう少し縦長でしたが。
( 色はライトグレーです。)

カセットデッキを前にし、
何度も聴いては、巻き戻し。
また聴いては、巻き戻し。

他は聴かなかったのか、
「 トムソーヤの冒険」以外、
記憶にございません!状態。

たぶん、テープは伸びてしまっていたでしょう。

巻き戻しに失敗し、
中からテープが飛び出てくるので、
テープをカセット本体の中におしこめ、
ペンでクルクル巻いたことが何度かあります。

その時のカセットテープは
どこにいったのでしょうか。
その後のことはわかりません。

ただ、私は歌詞を暗記できていて、
いつでも歌えました。( 取り出し可能)

小学生から人生の「上」時代
ふと、思い出し口ずさむことがありました。
ただ、
「 あの曲、また聴きたいな」と
思うことはありましたが、 
そのまま時は流れます‥

いつでもTSUTAYA蔦屋にいったり、
探すのに本気さがあれば、CDで聴けたかもしれませんが、そこまでにはいたらず。

そして時を経て、人生の「中」時代。

iPhone6sにしてから
( 今はSE2 。私のiPhone使用開始は2015年でした。それまでガラケー)

たまたま、アップルミュージックで調べてみると、あるではありませんか!

飛び上がるほど、嬉しかったです。

さっそく、1曲200円〜250円?( おぼえていません) で購入。

有料での聴き放題ができたかもしれませんが、
まだ、今ほどストリーミングサービスが浸透していなかった、感じがします。
好きな曲は手元に置いておきたかったため、
そうしました。


さて、みなさん。
少し長いのですが、
もう少しです。
おつきあいくださいませ。


コーヒータイム。☕️

‥‥‥‥。


では再開。

🔵 よいこのTVアニメベスト
      誰よりも遠くへ 日下まろん

「 日下まろん」さん。

誰が歌っていたのか長年わからず、
( 長年のファンの方、申し訳ございません)
やっと出会えた、名前。

「まろんさん」

ひらがな、なのが、いいじゃありませんか!
ナント、味のある、ほのぼの感。
私はこのような感じが大好きです。


それからは、通勤時の「音楽レパートリー」に
入り、電車の中、もしくは
行きと帰りの自転車でほぼ聴いていました。

自由なけものみたいに走ろうぜ
俺たちの胸にはトム。流れてるミシシッピー〜 
重たい靴など脱いで 生きようぜ
そうさ つらいときも顔を空に向けろ
忘れた夢が見えるよ
自由なけものみたいに走ろうぜ

河川近く、
横は車🚗がビュンビュン走っているところでは、声は聞えません。( 私のnoteではよく「河川 」
登場します。レギュラー。)

自転車をこぎながら、声も大音量にボリュームアップで、歌っていました。

「 自由なけものみたいに 走ろうぜ!」
「 重たい靴など脱いで 生きようぜ!」

必死に、自転車をこいでいたのを思い出します。

( 風がきつく吹く時などは、前に自転車が
なかなか進みません。苦しかったです。🤧)

つい数年前の話です。
この曲には何度も励まされました。

とても歌詞が素晴らしい。
今も、変わらず、
私のベストソングです。


この曲を聴きながら、目を閉じます。

世界名作劇場、そのままのトムが
必死に走っている映像。

今にこけるのではないかと思う、寸前まで、
必死に走っています。

この懸命さに、私は惹かれるのかな。

みなさん、また聴いてみてください。
youtubeで鑑賞できます。

そして、また見つけました!
バンドで、弾き語り されているものです。

とても胸がじーんと感動しましたー。

素晴らしいので、
こちらもまた鑑賞されてみては、
いかがでしょうか。

🔵 誰よりも遠くへ ( トム・ソーヤの冒険 )
 「 弾き語り cover 」 バンド 
  「彩ら」 さんのチャンネル


最後に、カセットテープ。

母がもしかすると、
捨てずに持っているかもしれません。
ものを大切にする人なので‥

きっとどこかに眠っているかもしれませんね。


それでは
また!


・誰よりも遠くへ   日下まろん






この記事が参加している募集

私のコーヒー時間

思い出の曲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです。ありがとうございます! 🌿
かりんとう
和と洋を含めた、好きなこと、楽しく思うことなど 気楽に、ゆるーく、お伝えしていきたいです。 変化球より直球、無宗教・現実主義、ノンフィクション寄り。明るく・楽しくを日常の軸にしています。 主に雑記。 大切にしていること:「シンプルに生きる」 よろしくお願いします。🪴