2021年の終わりに。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年の終わりに。

鈴木重毅@しーげる

今年もなんとか今日で仕事納めできそうです、、、多分(笑)。

今年も皆様、本当にありがとうございました。

この1年もあっという間でしたね。前半戦はコロナ禍拡大からのオリンピック開催。10月頃からはコロナがおさまり、少し元の自由な状態を味わえた期間と。1年の中で全然様相が異なる時間が存在していたからか、なんだか2年分過ごしたような気分です。

さて、その2021年はありがたいことに結構色々な新しいことができました。

まずはIMART2021にスピーカーとして初登壇。こちらをきっかけに生まれた縁もあって大変ありがたかったです。

それから新連載『君のことが好きで言えない。』が「デザート」でスタート。

さらに、もう一つ新連載『暴食少女は氷の王子様の心が食べたい』が「ピッコマ」でスタート。

2本の新連載を立ち上げることができました。

さらに、スピカ賞の受賞者から、卯月ココさんに続いて音羽すずめさんがデザートでデビュー。

契約漫画家さんも6人と、ようやく創業時より増えて活気も出てきました。

それから、メディコスさんから『ゆびさきと恋々』のグッズが3月と11月に発売。11月には複製原画展も開催していただきました。

グッズは、11月に『うるわしの宵の月』もアベイルさんからトレーナーが発売!

初めて商品化案件を弊社で手がけましたが、色々勉強になりました。ほぼ即完売という結果でとても嬉しかったです。(手に入れられなかった方にはごめんなさい!)

『うるわしの宵の月』では7月に初めて広告のタイアップ案件も!

サントリークラフトボス様、ありがとうございました!


そして今年大きかったのが大ヒット中の『ゆびさきと恋々』関連でこちら!

6月になんと、ミュージカル化! キャスト&スタッフの皆様の熱意と愛で、とても素晴らしいミュージカルにしていただけました。

9月には、大人気シンガーソングライター・もさを。さんとのコラボも! 超素敵なMV、まだの方はぜひご覧ください。

音楽では、森下suuさんが初めて作詞にも挑戦! Gothic×Luckさんの『棘かくし』、こちらもぜひ聴いてみてください!


その他、講義は今年もデザート編集部様、講談社様まんが部門全体、ファンギルド様と依頼をいただき嬉しかったです。年末からはコルクスタジオ様での企画フィードバックも始めています。

そうそう、今年はテレビも初めて出演させていただきました。(TBS『ラヴィット!』)沢山の人から「観たよ」と言ってもらえて、テレビの力はまだまだ大きいなあと思いました。

というわけで、色々と新しいことに恵まれた1年。

最後はまた今年も色々な賞などに選んでいただき本当にありがたいです。


とはいえ、まだまだやりたいことが全然叶えられていないのも正直なところ。2022年もさらに頑張ってもっともっと新しいことを実現していきたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


※最後に花園神社に1年のお礼をお伝えしにお参りしてきました。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鈴木重毅@しーげる

サポート機能を使うことにしました。いただいたサポートは、また他の誰かをサポートするのに使わせていただきます🙇‍♂️

ありがとう*\(^o^)/*フォローもよかったらお願いします!
鈴木重毅@しーげる
少女漫画誌「デザート」の編集長を6年務め2019年講談社を退職。漫画家さんのマネジメントを行う株式会社スピカワークス代表。 担当…森下suuさん「ゆびさきと恋々」やまもり三香さん「うるわしの宵の月」。他「僕と君の大切な話」「春待つ僕ら」「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」。