見出し画像

Kotlin Fest 2022に登壇いたしました

Henry

SREの @kengo_toda です。先日のNoteでご紹介したKotlin Fest 2022に登壇いたしました。当日は多くの方にご参加いただき、質問やフィードバックもいただきました。参加くださった方々、またKotlin Fest運営の皆様、ありがとうございました!

こうした勉強会で発表すると、多くの現場からのフィードバックがいただけるのが嬉しいです。今回は提示した課題への共感や、解決手段やその適用方法についての質問を中心にいただけました。いくつかTwitterでちょうだいした反応を引用します:

スライドはSpeakerDeckにて公開しております。また録画もKotlin Festより公開されておりますので、よろしければ御覧ください。


ヘンリーは“Kotlinを愛する”バックエンドエンジニアを絶賛採用しております。ご興味のある方は気軽にご連絡ください。お待ちしています!