見出し画像

YouTube 1万人チャンネル登録者の運営者の現実【悲報です】

結論:今が最高にしんどいです


私は、 YouTube チャンネルを開設しています

1年9ヶ月運営の結果、チャンネル登録者数は14000人のチャンネルです

このチャンネルでの月間広告収益は、3年目のサラリーマン並の収益を毎月出しています


こちらが私のチャンネルです

ヘルちゃんねる


登録者数も1万人超えていますし、収益もそこそこ出していますので、楽しくチャンネル運営しているのかというとメチャクチャ大変です


なぜ大変なのか?


現状が大変だと感じる理由

・収益額が中途半端
・今の状態に慣れてしまう
・さらに上を見てしまう


解説していきます


・収益額が中途半端

三年目のサラリーマン並の収益を稼ぎ出していますが、これが実に中途半端です

月に10万円ぐらいであれば、YouTube での収益とは、これくらいのものだと納得も出来るのですが、中途半端に収益額が高いので非常に悩みます

・もっと YouTube に力を入れて月額100万円オーバーを目指していくのか?

・YouTubeでの活動 は、そこそこに留めておき、新たな事業展開に力を入れていくのか?

今後の路線は、 YouTubeの広告収益が、月額50万円になった時に考えてみるつもりです


今の状態に慣れてしまう

YouTube投稿初期の頃は、1日10再生で大満足でした

チャンネル登録1000人達成時には、お祝いするくらい喜びました

なぜなら、チャンネル登録者数1000人・年間視聴時間4000時間で、チャンネルを収益化できるからです

ちなみに、私の初めての収益受け取り額は8万円台でした

すごく嬉しかった覚えがあります

しかし、ここ6ヶ月間の収益額は、サラリーマン3年目の月給並の収益に留まっています


大きく収益が落ち込む事はありません

しかし、大きく収益額が増える事もありません


それでも充分じゃないかという数値ではありますが、この現状に慣れが生じてきました

現状に慣れてしまうと、不満を感じます

やがてその不満は、苦悩に変わります


もっともっと上を目指してしまう

現状に慣れてくると、上の存在を意識し始めます

月額目標金額50万円で良いじゃないかという自分と、自分より目上のチャンネルを羨ましいと思う自分

チャンネル登録者数1万人の現実とは、このようなものです


これからどうするのか?

人間は、上昇を好む生き物だと私は思っています

第一目標:チャンネル登録者数1000人
第二目標:月額収益3万円
第三目標:チャンネル登録1万人
第四目標:月額収益10万円

そして、今、私が目指している目標は月額収益50万円

その月額50万円収益目標も、達成間近になると、もっとハードルを上げているかもしれません

いつまでたっても満足できない自分だとしたら、それが原因で、発信をやめてしまうかもしれないとも感じています

目標達成間近になった時には、収益とは無関係な目標設定も必要ではないかと感じています


包み隠さず書いてしまいましたが、これがYouTube チャンネル登録者数1万人の運営者の現実です

そこには、嬉しい楽しい世界ではなく、葛藤と苦悩の連続の日々が待ち受けていました


しかし、いつか、嬉しい楽しい世界を予想しながら、私は今日も発信継続を続けていきます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
50歳で会社員をやめてクリエーターとして生きています AI時代と自動化の大波を乗り切るために、クリエーターとして自分の立ち位置を定めておきたかったからです。 クリエーターとして活動する場はYouTubeを選びました。現在チャンネル登録者数3万人の「ヘルちゃんねる」を運営しています