UP疲れて2

YouTube情報発信の量をこなして感じた事

結論:量をふやせば確実に数値は良くなる

「発信量を増やせば成果は必ず増えるはず」これが私の持論でした

そこでこんな実験をしてみました

私の新しいYouTubeチャンネルで、1日動画を2投稿してみよう

そんな訳で約1周間、毎日2動画を投稿してみました

こちらのチャンネルです

ヘルちゃんねる【ビジネス】

午前7時に1本、午後5時30分に1本

果たしてどのような数値になったのか?


量をこなした結果どうなったか?

・再生回数は増えた
・チャンネル登録者数も増えた

1日2本動画投稿をしているので、当然のように再生回数とチャンネル登録者数は増えました

新規チャンネルでも、良い結果を得る事ができました

このような結果になるのではないかなとは思っていましたが、やはり思い通りの結果を得る事に成功しました

量を増やす事により、数値は上がる事を確認しました


量をこなす事の限界

私は、量をこなしています

・ビジネスチャンネルを毎日動画2本投稿
・メインチャンネル毎日1本投稿
・noteの投稿を、平日1本投稿
・ツイッターは、1日10ツイート目標

サラリーマンですので、睡眠時間を削り、休日を全て使い、これだけの量をこなしています

しかし、限界に近づいてきました

体がついてこなくなってきたのです

限界付近で情報発進をすると、何がおきるのか?

・質が低下する
・義務的になる
・楽しくなくなる

解説していきます


・質が低下する

発信内容の質が、あきらかに落ちてきました

伝えたい内容を整理せず、すぐに撮影開始というスタイルになってしまいました

そうしないと数をこなす事が出来ないのです

結果、行き当たりばったりな情報発信になってしまいました

その事は、視聴者さんにも伝わっているようで、私の事を心配するコメントも入るようになってきました

数をこなす事が目的になってしまい、伝えたい事が伝わらなくなってしまいました

・義務的になる

1日2投稿が目標、これを絶対にこなすという事ばかりに注力してしまい、発信が義務的になってしまいました

こうなると、思考は停止し、空回りがはじまります

無理な数をこなすと、本質がブレる事がわかりました

・楽しくなくなる

数をこなす事が目標になってしまいますので、情報発信の楽しさがなくなってしまいました

ノルマ2本をこなす事で、いっぱいいっぱいなのです

これからの働き方というのは、顧客に楽しさを届ける事がビジネスに繋がっていくと私は思っています

そのためには、発信者自身も楽しくワクワクしなければ、楽しさは伝えられないと思っています

ノルマ達成が目標になってしまうと、達成感はありますが、発信者・視聴者ともに報われない結果になると感じました

限界値まで発信量を増やすと、義務感が大きくなり、楽しくなくなってしまいます

量をこなすために何が必要なのか?

しかし、量をこなす事で、明らかに数値を伸ばす事ができました

量は、確実に効果がある!

どうする?

楽しくワクワクする情報を、数多く伝達するためには・・・

時間管理が大切だと実感しました

私はサラリーマンですので、限られた少ない時間で情報発進をしています

これまでにも、隙間時間の有効利用や、やらなくていい無駄な時間を、随分とそぎ落としてきたつもりでした

ならばどうする?

やらなくてはならない事を、自動化や各種ツールを使い、効率化を図るしかないと思っています

時間を生みだすための投資を始めます


YouTube情報発信の量をこなして感じた事

量をこなして数値を上げる事が目標になってしまい、視聴者さんからの信頼をなくすところでした

自分が適度に負荷だなと感じるくらいの量を発信する事で、楽しさを維持しながら量をこなす事が大切だと感じました


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
広島在中の50歳のサラリーマン、リアルの仕事は情報発信系の加工業に勤務しています。個人での情報発信の検証としてYouTubeチャンネルを運営しています。チャンネル登録者数1万4千人で新人サラリーマンくらいの収益を得ています。訪問してくれた方の役に立つ情報発信を心がけます