見出し画像

そして「主」は天を行く

ここに向かって話せばいいんだな。……よし。
最初は名前からだな。
シモン・ラトック。29歳。
クレザで1番の老舗雑貨店、ラトック商会の副店長だ。あ、店長はカミさんな。
そこは置いといてさ、あんた、「キガーヴァ」の件で西から来たんだよな。俺が知ってるのは断片だけだが、構わないか?

ことの始まりは2週間前。この辺じゃ有名な魔女の婆さまが予言したのは、聞いてるか?え?その話は初めて?無理もないよな、このご時世に魔女だもんな。ただ、あの人は本物だよ。亀の甲羅が教えてくれる、とか言っててさ。東洋由来らしいけど、結構当ててたぜ。今回のも「有り得ぬ、2つ首のヌシ様だ」って言ってたみたいだ。
まぁ、実態がアレなんだけどな。

そう語るシモンにつられて、私も窓の外を見た。クリンズ湖の北端に、体長20mをゆうに超える大物が打ち上がっている。赤い体表から昔は「血の魚」と嫌われたクリンズロソカーヴ……の突然変異種。で合っているはずだ。
湖北の漁船半数を出して、半日かけてやっと仕留めた大物である。周りには記者、漁師、狂信者、学者、それとちょっかいを出してキガーヴァに片腕を持っていかれた人が並んでいる。

「あれ1匹で済めばよかったんだけどな」
「本当にそう思います」
シモンの愚痴に私は本心から同意した。湖の中心に、もう1匹のキガーヴァが泰然と泳いでいるのだ。しかもこちらの方が一回り大きく、周囲には木片が渦成して浮いている。昨日まで、湖北の漁船のほぼ半分だったものだ。
鰭に何本もの銛を浴び、数十機の電気ショッカーを受けてなおこの有様である。

「俺はああぁ!知ってぇるぞ!」

店内に老人の奇声が響いたのはその時だ。

「あぁんな赤坊主、屁ぇでもねぇ!」

赤ら顔で左手に瓶、右手には釣竿。歳はおそらく70過ぎか。
「あの方知ってます?」
「ああ、タルゼ爺さんだな」
声を顰めた私にシモンも釣られた。
「この湖最年長の漁師で……昨日の唯一の生存者だ」
【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(っ'-')╮◆
27
気分が乗ったら投稿が増える、という投げやりシステムを採用しています。いつかここが本拠になるかもしれないのでその時は光る引越しそば持って伺いますね。詳しい話はTwitterの方にて。倫理感が乱高下。