スクリーンショット_2020-02-06_17

「候補者を惹きつけるにもプロセスがあるんです」

こんにちは。HeaRの半田です。

自社の魅力ちゃんと候補者さんに伝えられていますか?

「まだ難しいです!」という方もいるかもしれませんが、

大事なことは一気に色々やろうとするのではなく、ステップに分けて候補者を惹きつけられるようにしていくことです。

1.Target:ターゲットは誰か?(どこで何をしているのか)
2.Insight:ターゲットが悩んでいる点、魅力を感じる点は何か?
3.Benefit:そこに対して自社が提供できるメリットは何か?
4.Fact:それを信じてもらえるような事実は何か?
5.Creative:それはどうすれば伝わりやすいか?

そこで今回は5つに要素分解してご紹介します。

1.Target:ターゲットは誰か?

要はペルソナのことですね。

どんな人が自社にフィットするのか、そもそもどんな人が必要なのかを洗い出していかなければそのペルソナに応じた魅力付けができなくなってしまいます。

詳しくはこちらをみていただければ参考になると思います。

2.Insight:ターゲットが悩んでいる点、魅力を感じる点は何か?

転職・入社を考える相手は、なにかしらの動機(課題や悩み)や期待(魅力)を持っているものです。

相手が悩んでいそうなこと、魅力を感じてくれそうな点を洗い出す必要があります。

たとえば、求職者の悩んでいることを大まかに、
「代表の考えていることが分からない」と設定した場合、Philosophy(理念)方針が理解できないというより、情報のフラットさがなくなったことが原因となり、良いMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)がある会社を探している設定となるわけです。
そこで、求職者にはMVVが伝えられるような面接や情報発信設計をするといった具合になります。

そして期待の部分で、「スキルアップしたい」という求職者の願望があれば、Profession(事業・業務)で、業務経験とどのようにスキルアップしたいのかを設定し伝えられるように(魅力付けできるように)準備することができます。

3.Benefit:そこに対して自社が提供できるメリットは何か?

こちらは2番目の「Insight」と地続きなのですが、自社の魅力・与えられるメリットを4Pで整理しておく必要があります。

4Pとは、

①Philosophy=理念・目的:組織のビジョン・目的に対する魅力
②Profession=仕事・事業:組織の活動に対する魅力
③People=人材・風土:メンバーと接する事で得られる魅力
④Privilege=特権・待遇:組織に属する事で得られる処遇や特権


↓↓↓4Pをこのように整理していきます↓↓↓

スクリーンショット 2020-02-06 17.26.28

4Pを整理するためのシートや実際弊社の記入例がついた資料はこちらからご覧ください!

4.Fact:それを信じてもらえるような事実は何か?

ただMVVや「うち良いよ!」だけだと何の説得力もありません。

実話は、今まで失敗した事業内容のプロセスを交えて話すことでリアリティがあって、候補者からすると「色んな事業にチャレンジしたことがあるんだ!これからも新規事業に携われそう!」と思うことにも繋がるのです。

5.Creative:それはどうすれば伝わりやすいか?

面接だろうが、オンライン上のメディアでも、淡々と伝えても上手く惹きつけられません。
弊社の場合、アトラクトができるように、4Pの整理をしてから面接のロープレやワークショップを開催して自社の採用力を向上させています。
実際に面接のロープレをしてお互いフィードバックをすることでより理解が深まることもあるでしょう。


さいごに


大事なことは焦らずコツコツやることです。

まず自社の魅力ってどこだっけ?というところから始まり、候補者を上手く惹きつけるために練習を重ねていきましょう!

記事中にあった4P整理に関する資料はこちらからどうぞ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!Have a good day!
9
💎HeaR inc. マーケター💎 ◁◀︎◁フリーランス◁◀︎◁スタートアップ◁◀︎◁看護師💉真面目なnoteも、自由気ままなnoteもどちらも発信中。