ONEPIECE柱 Dの意識®
有能なスパイとは難解なことを平易に、すっきりと伝えるコミュニケーション能力の高い人
見出し画像

有能なスパイとは難解なことを平易に、すっきりと伝えるコミュニケーション能力の高い人

ONEPIECE柱 Dの意識®
CIAの諜報員を目指す者は訓練初日から「世界一のセールスパーソン」になる方法を叩き込まれる(中略)スパイはすぐれた聞き手だ。これは、ビジネスパーソンにもぜひ見習ってもらいたい(中略)本来は諜報員に協力する「協力者」のことを「スパイ」と呼ぶ(※ここでは世間に合わせ諜報員をスパイと呼ぶ)(中略)「ミッション・インポッシブル」で、主人公イーサン・ハントを演じたトム・クルーズ(中略)われわれ人間には限界があるものだが、諜報員は「その限界を押しあげる努力を続けよ」と教えられている(中略)「スパイスキル」は「最高のビジネススキル」(中略)スパイはけっして学ぶことをやめず、情報の武器庫に兵器を増やしつづける ※引用者加筆.
優秀なスパイ活動とは、周囲の注意をけっして自分に向けさせないことを意味する(中略)難解なことを平易に、すっきりと伝えるコミュニケーション能力の高い人(中略)有能なスパイとは、ブラッド・ピットのような外見の持ち主ではなく、自分をいかにも大学教授らしく、あるいは車の修理工らしく見せるにはどんな服装をすればいいのかを熟知している者を指す。本の表紙から内容を判断できないのと同様に、諜報員の能力を外見で判断することはできない。大切なのは中身であり、スパイの場合、それは「なんであろうとだれにでも売りつけることができる能力」だ(中略)有能なスパイはつねにボディーランゲージを観察(中略)真の実力者は「強い精神力」をもつ

画像1

強い精神力以前に、まず心の土台である精神、その精神司る細胞(グリンパティック系、脳のグリア細胞知ること)が先決だと私は思います↓

鉄則③空間の描写、感情の説明、短縮形の有無に着目する(中略)自分の体験談について話している人が、そのときの空間に関する描写や、どう感じたかという説明をしない場合、ウソをついている可能性がある(中略)その説明に、あたりのようすや、自分の感覚に関する描写がまったくでてこない場合は用心したほうがいい(中略)ウソをついている人は、都合の悪いことを誤魔化そうとするとき、この「つなぎ言葉」をよく使う(中略)「それから」(中略)・居心地が悪そうに、もじもじ、そわそわする。・言葉がつっかえる。・しばらく沈黙が続く。・無表情のまま、ぼんやりとした目つきをする。人間はとんでもないウソつきだから、返答に困る質問をされれば、さて、どうしたものかと、脳はフル回転を始める。
ウソつきは話しているときに短縮形を使わない。つまりカジュアルな口調を避け、きちんとした言葉を使うのだ。有名なのはビル・クリントンが「あの女性とはセックスしていません」と言った例だ。「していない」(didn't)ではなく、「していません」(did not)を使ったのである。その反対に、シェリル・サンドバーグがPBSのインタビューに応じたとき、フェイスブックの大規模な情報漏洩について尋ねられると、短縮形を使って「私たちの努力が足りなかった」(didn't)と述べた(中略)「ケイシング」とは、周囲で起きている万事を注意深く観察し、常に状況を把握することを指す。スパイはけっしてケイシングをやめない───たとえ引退しようとも(中略)アメリカ合衆国では、機密情報を閲覧する許可を500万人以上が得ており、機密に属するデータにアクセスできる。そのうえ150万人近い人が、「最高機密」を閲覧する許可を得ている

マクロビオティックの大本教↓

スティーブ・ハッサンが統一教会のメンバーだったころ、少なくとも初めての参加者を次のトレーニングに参加させるのに役立っていたある作戦が、入会ワークショップで彼やメンバーたちによって使われていた。メンバーになりそうな候補者に「ヒツジ」という名前をつけた。質問したり個人主義に固執したりする人たちを「ヤギ」と名づけて、すぐにヒツジから隔離し、ヒツジに疑いが伝染しないようにした。世界中でさまざまなカルトのような団体が、入会セッションで同じことを行っている。
ムーニー勢力が戦争を仕掛けようとしていることをプーチンもよくわかっている(中略)アメリカは世界覇権を手放すでしょう。でも、その前に1回、戦争を仕掛けてやる、という気持ちでディープ・ステート=ムーニー(※統一教会)たちは動く。このことをはっきり言っているのが、トランプ政権の首席戦略官だったスティーブ・バノン(中略)非抵抗だと、戦争にさえ抵抗しないという思想が一方で生まれます(中略)これが国家体制に絡め取られていく契機になる。だから無抵抗の思想は良くないのですよ。体制派に必ず取り込まれます。キリスト教は反体制勢力ではありませんから。※引用者加筆.

画像2

日本のムーニー勢力では、

羊とヤギの代わりに陰と陽で人間を仕分けるグループも。陽が羊で陰がヤギ。

玄人を称する陰陽師なる者が登場して、これが暦づくりの専門家となって、まったく論理性のない暦算天文学に基づいて「吉凶占いの暦」が作成され、奇怪にもこの怪しげな暦が、民衆を統治する者──天皇や将軍──の権威となっていたのだ。すべてが迷信に動かされる当時にあって、吉凶占いが人心を惑わしたと言ってわれわれが馬鹿にすることはできまい。現代でも神社仏閣で御神籤(おみくじ)を引いて、大吉・大凶に何となく喜怒哀楽を感じたり、宝くじを買って招き猫の前に置いて縁起をかつぐこともあり、血液型が何か、何の星座の生まれか、といって性格を判断したり、二酸化炭素温暖化説の迷信を信じることは、誰にもあることだ。昔の日本では朝廷の役所である “陰陽寮” の陰陽師の中でも、安倍清明以来続く陰陽道の家柄の土御門(つちみかど)家と、幸徳井(こうとくい)家(本姓は賀茂)だけが暦づくりの権利を持ち、暦に関して一切を管理して牛耳っていた。彼らが説く陰陽道とは、古代中国に生まれた易学の一種で、「一切の万物は、相反する陰と陽の二気によって生じる」とし、たとえば「陽」は日・春・南・昼・男、「陰」は月・秋・北・夜・女とし、ここに火・水・木・金・土の五行を加えて、陰陽五行と呼ぶ迷信である。これらによって天変地異、災祥、吉凶を占うのが陰陽五行説であった。しかしどれほど手の込んだ細工をしたところで、科学的な計算ではないのだから、一年の長さと一ヶ月の長さの関係は、次第にずれてくる(中略)日本が進歩したのは、土御門家と幸徳井家に代わって天文方が暦の計算をおこなうようになった点にあり、暦を編纂する実権が、京都の陰陽師から江戸幕府の天文学者に移ったのである。だが陰陽師は全ての実権を手放したわけではなく、暦の全体編集権を握って放さなかった。そのため、まず最初に江戸天文方が暦の下書きを作ると、これが朝廷の暦学者である幸徳井家に送られ、幸徳井家が日々の吉凶を占って、占いなどの怪しげな説明や意味を書き入れ、これをまた江戸天文方へ送って修正がほどこされ、再び幸徳井家を通じて京都で印刷される。次にこれを再び天文方で校正して全国の版元に配られると、各地で刷られた暦がまた天文方で見直され、間違いがなければ、ようやく全土に配られる、というきわめて手のこんだ手順が踏まれたのである。この作業全体を統括したのが、土御門家(安倍家)であり、暦の作成に関する認可権を持ち、天文学者の認定にまで、その支配力がおよんでいた。およそ何の道理もなく金と時間をかけてつくられるこの高価で不正確な暦を、みなが恭(うやうや)しくおしいただいている馬鹿バカしさに反発したのが、ほかならぬ金銭感覚に鋭い大阪商人(中略)天才児・関孝和は、ニュートンとほぼ同時期に微分・積分の一歩手前までたどり着いた(中略)(※関は)ピタゴラスの定理を証明した。ケプラーの法則を理解するのに必要な楕円の面積を求める公式を発見した。いやいや、まだある。 のちに伊能忠敬たちが測量で利用する三角関数表も、門弟と共につくりあげていた。 彼は、一七〇八年(宝永五年)という早い時期にこの世を去っている。 惜しむらくは、日本の暦学・天文学は、朝廷を支配する “陰陽寮(おんみょうりょう)” でおこなわれ、星占い師と言ってもよい陰陽道の家柄の人間がこれを牛耳っていたため、関孝和本人の頭脳は、天文学に直接影響されなかった ※引用者加筆.

天才児・関孝和↓

政治的な権力が宗教的な権力を利用したのではない。そうではなく、政治的な権力は宗教的な権力そのもの↓

戦争、日本経済、日本国債の償還期限について↓

ローマ・カトリック教会(ヴァチカン)と米CIAが作った統一教会(Moonie ムーニー)は文鮮明(ぶんせんめい) 教祖とし韓国と日本で発祥。参政党という政党は統一教会が作った別動隊───副島隆彦氏の掲示板から転載。だそうです。


[3433]安倍晋三の銃撃死亡は単独犯ではない。CIAと統一教会の内部抗争によるものだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2022-07-09 07:26:58

グレタちゃんつながりでの親和性はマクロビ、アムウェイ、パタゴニア、uuum。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!