ぬけだし活動振り返り|「ぬけだ荘」ゴールアルバム
見出し画像

ぬけだし活動振り返り|「ぬけだ荘」ゴールアルバム

みなさんこんにちは。今回は、前田デザイン室というオンラインサロンで行っているプロジェクト「ぬけだ荘」の一環で、ぬけだし活動の総まとめとして活動をした1年間を振り返っていこうと思います。

書く前に簡単に自己紹介をします。

画像1

自己紹介
名前 :髙野 隼(たかのはやと)
あだ名:はやぶさくん
仕事 :株式会社Set というデザイン会社のディレクター

普段は都内でディレクターをしています。主に、案件のスケジュール管理や社内外のやり取りなど。それ以外にも少しバックオフィス系も担当しています。最近は、サウナにハマって週末1回はどこかに行っています。


振り返り記事なので少し長くなるかも知れませんが、5分くらいで読めると思うので、お時間がある方はぜひ読んでください。

そもそも「ぬけだ荘プロジェクト」とはなにか?

僕は、このぬけだ荘のプロジェクトリーダーをしているので、簡単にそもそもどのような活動をしているプロジェクトなのか?を説明します。

ぬけだ荘」とは、「仕事では味わえないクリエイティブを」を掲げ活動しているオンラインサロン「前田デザイン室」内で行われているプロジェクトです。

「今の仕事を辞めて好きな仕事をしたいけど、一歩踏み出せない」
「資格を取りたいけど、続かない」
「会社の上司を見返したいけど、全然うまくいかない」 ...etc

皆、上のような思いを感じた、あるいは、今も感じていることはないでしょうか?

「自分の現状にもやもやしているけど、いま一歩踏み出せない。けれど、同じ様な思いを持った人と一緒にやれば、一歩踏み出せるんじゃないか?」

そのような思いで、現状をさらけだし、掲げた目標に向けて取り組む1年間の社会実験プロジェクトとして活動が始まりました。

目的:「未熟な自分」からぬけだしたかった

プロジェクトが始まったのが、2020年3月頃。この時の僕は、6年間務めた会社を退職し、有給休暇の消化期間中でした。
すでに、今所属している会社への入社は決まっており、することもないのでジムに行ったり会社に遊びに行って仕事を少し手伝ったり友だちと会ったりのんびり過ごしていました。

前職では、展示会や販促イベントなどのブース造作などの施工・品質管理などを行っており、当時からスケジュール管理やコスト管理など行っていました。
ただ、現職では「webサイト」「名刺」「企業のロゴ」など今まで関わったことのない事や、もっと前段階のいわゆる「ブランディング」と呼ばれる領域のことまで行っているので、全くと言っていいほど知識がありませんでした。

「とにかくその知識を得るしか無い」

これに尽きたので「どうやってそれを勉強するか」を考えていました。前田デザイン室に出会ったのはその時期。
デザインのスキルを学べて、制作して、力をつける。
これを行うことが知識を得る第一歩だ。そう思い、入会しました。

過去に書いたさらけだし記事はこちら


行動:ひたすら目の前の事に取り組むことを意識した

仕事とプライベートでの活動(オンラインサロン活動含む)を2つで分けて考える必要があると思うので2つ分けて書こうと思います。

仕事

仕事では、スケジュールを整理することやクライアントに確認することはできるけども、こちら側で確認する作業全てがわからなかったので、ひたすら来た仕事を調べながらやる日々でした。

「この2つの差分をチェックしてください。」
「えっと、差分ってなんですか?」

「新しくドメインを取得しようと思っていて...」
「ドメインって何?」

「議事録書くからこれに書いていって」
「あ、議事録書くのが正しいんだ...そして同時編集可能ってすごくない?」

毎日が発見と感動でした。いかにアナログ人間か... こういった初歩中の初歩のところから始まりました。
ディレクターというポジション柄、案件自体にはたくさん関わらせて頂く機会があったので、ほぼトライアンドエラーでこなしていきました。

時には怒られ、時にはクライアントと話し合い、そんな日々が続きました。
ただ、社員のみんなも初めてのことが多かったので、みんなで取り組んで補完しあって取り組んだり、初めての配信などがあれば機材の使い方をトコトンやったり...

ただ、出来ることといえば...

出来ないなりに今出来ることを考えて取り組む。

これを信じてがむしゃらにやっていました。

プライベート

やはり大きくは、ぬけだ荘プロジェクトのリーダー(以前はマネージャー)として活動をすることが大きかったのでそれについて書いていこうと思います。

入った2020年3月にちょうどこのプロジェクトが立ち上がったところでした。最初はwebsiteをつくろうとしていたので、「webサイト作りに参加することでwebディレクターとしての知識を得ることが出来るかも知れない」という想いで参加しました。

最初は、進んでいくことを見て「あ、こんなことやるんだ。」って観察することしか出来なかったんですが、「動かないと何も変わらない」と思ってスケジュールをスプレットシートで引いたり、MTG中の議事録をとったり、仕事と同じように出来ることをひたすらやっていきました。

完成したwebsiteはこちら

website作りが終了してからは、プロジェクト運営として「プロジェクトマネージャー」としての活動が始まりました。
様々な活動を企画して、呼び込みをして、参加してもらう。
この中では、いくつもの失敗を経験しました。

・目的を見失ってしまった。
・どんどん人が辞めていった。
・逆にやることが多くて、何をすべきかが見えづらくなった。
・当初目的としていた書籍化ができなくなってしまった。

コレもひたすら試して結果が生まれ改善して、を繰り返していました。人がいなくなっていったときは純粋に寂しかったし辛かった。
けど、同時に支えてくれる方もいたので、もう信じてやり込むしかなかったのが現実です。

時には辛い意見をいただくこともありました。それが悪いというわけではなくその人が考えて思った素直な感想なので否定はしません。100%全員をハッピーにすることが出来ず、いわゆる喧嘩別れをしてしまった人、不満を持って活動をやめてしまった人が出てしまったことは事実なので、そこは美化せず素直に反省すべきところだと思っています。

ただ、大事にしていたことは、

自分のスタンスを明確にすること

でした。
リーダーとして意見がブレブレだったら、何をすべきなのかわからなくなってしまいます。そこは冷静に、ゴールに導くために何が大切か、ということの答えは常に意識して意見するようにはしていました。
そのために出来ることは、とりあえず実践していました。

共通点として、この活動を通して自分が行っていたことは、

目の前にあることを一生懸命ひたすら取り組む

この1点でした。

結果:知識以外にも得たもの

ぬけだし結果報告バナー%

わかりやすい結果としては、知識は以前に比べて得ることは出来ました。
とりあえず、確認します。 ではなく、OOOなのでXXXですね。
くらいまでは言えるようにはなりました。

1年という期間で出来ることは多くもないので、理想の80%くらいにはなれたかなという感じです。(目標を大きくしすぎたかも知れません)

ただ、意識して活動することで得られることは知識以外にもあり、

・素直に相談することで解決への道がひらける
・勇気を出して弱みをさらけだすことで理解者が現れる
・自分のスタンスを明確にすることで良し悪しが鮮明になる

これらを得ることが出来たと思っています。

ぬけだ荘のコンセプトは、「現状のモヤモヤや不満をさらけだしてみんなで切磋琢磨してぬけだそう」です。辛いこと、悩んでいることを話す行為は、恥ずかしいし怖いです。
多分その理由は、「出来ない自分を評価されると思ってしまうから」だと思っています。

ただ、やっぱり自分の真の理解者は自分しかいないんですよね。

人に嘘をつくことは出来る。自分に嘘をつくこともできる。
けど、嘘をつく前には必ず真実の思考が現れて、それを表に出さないようにするために嘘をついたり取り繕ったりするんじゃないかなと。
ただ、怖くても自分と向き合い素直に思うことをさらけだすことで、その意見に対しての改善点やサポートをくれる人が多かったです。

これは自分自身でも、目に見えてわかった結果ですが、これを実感するには時間がかかりました。自分の弱さを受け入れられた時、そう思えるようになりました。

今後について

目の前にあることに一生懸命取り組むことは、これからも引き続き変わらず行います。
どんなに考えても、手を動かさないとわからないことは山程あります。

やらない後悔よりやる後悔 を選ぶことが大事だと気付きました。
もちろん今でもブレーキがかかってしまうことは多いです。ただ、それをサポートしてくれる仲間を得ることがありがたいことにできました。
その人達のためにも、これからも愚直に真剣に取り組んでいこうと思います。

すごく抽象的な表現しか出来ていないと思うのでよくわからなかったかも知れません。
ただ、僕が伝えたいのは、

弱さを受け入れてすべてを吐き出すことで、答えが見えてくること

です。
その一歩を踏み出すことは怖いけど、踏み出したら誰か救世主が現れます。それを信じてみてほしいです。
簡単に言うと、どうにかなります!大丈夫!頑張ろう!

ぬけだ荘プロジェクトは、別の制作物を進行中です。近いゴールはこれを完成させること。
みんなと力を合わせて達成すべく残りがんばります。

長々と書いてしまいましたが見てくださった方、ありがとうございました。
コメントなどあればいただけると嬉しいです。
メンバー(住人)のみなさんも、参加してくれて改めてありがとうございました。まだもう少し走り抜けなきゃいけないので、引き続きよろしくお願いいたします。

はやぶさより


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!!
webアプリや広告デザインを得意とする株式会社Setのディレクターです。前田デザイン室で「現状からぬけだす」ぬけだ荘プロジェクトのマネージャーをしてます。デザインや関連することなどをnoteに考察していきます。 Twitter:@HAYATOTAKAN0