スタートアップのファイナンス

3

投資、融資、助成金――スタートアップが知っておきたいファイナンス

スタートアップに限らず、企業を経営する限り避けて通れないのがファイナンスです。
売上のないシード期のスタートアップであれば、エクイティによる資金調達だけでなく助成金や補助金の活用しながら、ゆくゆくはメンバーのスキルを生かした受託開発で売上を積むなど、資金を集める手法についてのノウハウも必要です。CFOや財務業務の経験者がいない場合にはCEOが自ら、ファイナンスの知識を身につけることが求められます。

もっとみる

会社をつぶさないためにも、バーンレートとランウェイを見よう

前回の記事ではスタートアップの資金調達手段として、VC(ベンチャー・キャピタル)やCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)、エンジェル投資家からの投資、金融機関からの融資、そして行政による助成金について解説しました。

これらの調達手段をいつ、どのタイミングで調達するべきなのか、また調達する確度を上げるための作戦について、前回に引き続きスタートアップ向けに財務戦略サービスを提供するカウンティ

もっとみる

資金調達前に知っておきたい「資本政策」とは

HAX Tokyoでは採択したスタートアップに対し、各社の技術シーズとビジネスニーズを引き合わせる場を提供すると共に、スタートアップ経営の基礎を学ぶカリキュラムを提供しています。

今回はスタートアップ向けのファイナンスに関する講座の中から一部抜粋して、「資本政策の作り方」について紹介します。

資本政策とは

事業計画を達成するための資金調達や株主構成に関する計画を指します。
英語ではCap T

もっとみる