見出し画像

現金プレゼント企画 「五つ星生活のすゝめ」

今なら抽選で毎月10,000円の現金プレゼントをしておりますので、是非最後まで御覧ください!


日本人である以上「愛する人 TOP3」には名を連ねるであろう、福沢諭吉。

その功績やらなんやらは一旦置いておき、彼が財布の中にいてくれるだけで(しかも、いればいるほどGOOD!)、我々日本人は少なからずほっこりする。そこに疑いの余地はないでしょう。


が!!!


そんな火を見るよりも明らかな「オール日本人諭吉LOVE論」に対し、超反抗期的な態度で生活しているのが、何を隠そう、私ツバメなのです。


諭吉? そんな奴いなくてもタダで贅沢な生活できるじゃん


そんな、あまのじゃく的発作が発症したのは、かれこれ2017年ごろ。

絶望的に諭吉と疎遠な生活を送っていた私は、会社員として働きながらもその合間を縫って副業に勤しみ、寝る暇を惜しんで諭吉への片思い生活を続けました…が、まるで神隠しにあったかの如く、お財布の中から諭吉はどろん。


「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず…」


諭吉よ、、、あんたは大嘘つきだ。
圧倒的貧富の差を嘆きつつ、枕を濡らす日々は続きました。


太陽が東から昇るのと同様に、仕事終わりにビールを呑むと「くぅ〜」ってなるのと同様に、宇宙の真理としてそこに存在し続けた「オール日本人諭吉LOVE論」でしたが、ここから反撃開始、とうとう私は諭吉に反旗を翻したのです。


諭吉を増やすのではなく、減らさない生活を極めようと!


もちろんただの節制・節約などではなく、諭吉に頼らないで贅の限りを尽くす、一般庶民による社会への復讐、タダを追い続けたプレミアム五つ星生活を送ろうと発想を逆転させたのです。


「何を言ってるんだ、キサマ!」と言った声が聞こえてきそうですが、例えば最近だと空前絶後の大ヒット作品となった『鬼滅の刃』は諭吉に頼らず全巻GETしましたし、もちろん映画館にて、煉獄さんを300億の男にタダで後押しして来ました(作品内容には若干の不満)。


私の趣味は映画やマンガなのですが、もちろん全てタダでダウンロードしてますし(もちろん合法)、食べることとお酒を呑むことが何よりも至福の時間なので、わざわざそのために湘南へ移住。今では脱サラし、昼からお酒を浴びつつ海の幸に舌鼓!なんて生活を送れるようになりました(ファ○ク緊急事態宣言)。


今思いかえすと、全ては「諭吉に頼らない生活」を送ろうと決意したときに、なんと言うか、いろいろなことがうまく行き始めたような気がするんです。


もちろん、我々日本人が社会的な生活水準を高めようとする限り、諭吉はいればいるほど良い。これは間違いありません。


でも、、、
諭吉を増やすのって、大変じゃあ、ないですか?


会社の給料ってなかなか上がらないし、コツコツやり繰りしても年間何人の諭吉が増えるのかって話です。

もちろん数年後になっても変わらない諭吉疎遠生活が目に見えているわけですから、数人の諭吉を1000倍、10000倍にする人生の激アツイベント「宝くじ」に望みをかけ、儚く散って行くわけです…


もうね…諭吉に頼る生活は辞めにしましょうよ。
そして、その放出を極力抑える生活に切り替えるべきです。


安心して欲しいのは、その生活は「一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜を食べ…」のような、宮沢賢治の『雨にも負けず』状態ではなく、「白米おかわり自由、ご当地味噌に有機栽培のオーガニックベジタブルをディップ…」という、ちょっとリッチな庶民の五つ星生活なのです!


誤解を招かないように言っておくと、もちろんお会計は諭吉(カードも可)でしますよ!ですが、それが実質無料になるって話ですね!


このnoteを見てくれたのも何かの縁。私が提唱する『庶民の五つ星生活のすゝめ』に興味があれば、ぜひLINEに無料登録していただき、その本編を受け取っていただければと思います。しかも今なら、無料登録だけで毎月10,000円を抽選で受け取る事ができますよ!


そしてもう一つ!ここからが重要なのですが、「一体なぜ、このnoteを公開するのか?」についてもお話しさせてください。


今回noteで紹介する、こちらの『庶民の五つ星生活のすゝめ』なのですが、毎日ストレスなく生活し、それこそ充実しているわけなんですけど、一つだけ大きな問題があるんです…


何というか、うん、
ちょっとヒマなんですよ…(笑)


もちろん「ヒマ」であることは悪いと思っていません。自分のために自由に時間を使えますし、欲しいものも手に入り何不自由もないんです。

しかしながら、まわりが五つ星生活をしているわけでは無いので、なんだか逆に世間に取り残されたような、新種の疎外感…をふと感じる瞬間もあるわけで。


そんな中、先日友人と久々にスキーに行ったんですよ。それがもう、楽しくて楽しくて。石川県の山奥、ふわふわの雪で何回も転倒しつつ、山小屋で呑むビールが美味かったなぁ…


「えー、何を言い出したんだこの人は…」のキョトン状態だと思うので話を戻しますと、同じ価値観の人どうしで時間を共有することの有意義さ、コレを心から実感したんですね。

「五つ星生活を世に広めることで、そんな仲間ができるんじゃないか…」そんなことを、ふと思ったんです。

それまで自分一人で楽しんできた五つ星生活ですが、やっぱり仲間といることも大切だし、ましてや気の合う仲だったら…なんて。


先ほど申し上げたとおり、私の趣味は映画やマンガ、美味いメシにお酒、そしてサーフィンやキャンプなんかもするんです。

友人には釣りに没頭している人もいるし、海外移住を検討している人や、女の子とお話しするために夜のお店を転々とする人もいます(笑)

1人でも楽しいし、仲間といても楽しい。
そして、仲間の趣味を体験することで、もっと人生が楽しくなるかも。

それもこれも、あの日の諭吉との決別が始まりだったんですよね(笑)

長々と書いて来ましたが、そんな思いからnoteを無料公開しようとの決断に至ったわけなんです。


もうすでに使い古された言葉ですが、「好きなことで生きていく」って、これからの世の中当たり前だと思うんです。

だからこそLINE無料登録で庶民の五つ星生活を手に入れ、そしてもし縁があれば、あなたに時間ができたときに一緒に酒を酌み交わす…なんてことが出来ればなぁと、本気で思ってたりします。


というわけで、あなたがまずやることは、諭吉との決別から。この『五つ星生活のすゝめ』のnoteを読み、諭吉に腹パンするところから始めましょう!

ぜひ、手にとってみてくださいね。


LINEの友達登録を無料で行い、本編を受け取って下さい。今なら現金10,000円が当たるキャンペーンを毎月抽選で行っています。

​登録はこちら↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
庶民でも可能な五つ星生活を提唱中。 使い古された言葉ですが、「好きなことで生きていく」そんな生活を応援しています。