見出し画像

小規模事務所で激ウマアイスコーヒーを無限に作る方法を紹介する

僕は表参道で小さなWeb制作会社を経営している。メンバーも僕を含めて二人しかいない。人を雇うために広めの事務所を借りているけど、未だ見つからないって感じだ。主にWebやアプリのデザイン手伝ってくれる人探してます。在宅OKなので声かけてくださいね。

さて、当社は他の会社に負けない福利厚生制度がある。それが激ウマコーヒー飲み放題である。(限度はある)コーヒー飲み放題はよくあるが、激ウマかどうか聞かれると、そうでないことが多いだろう。当社は1日100円でストックされているコーヒーはもちろん、エスプレッソマシンを使ってラテなり何なりを作ることもできる。エスプレッソマシンはイタリアROCKET社のR58V2というものを使っている。

これからの季節はアイスコーヒーが大活躍する。でも作るのがちょっとめんどくさいのだ。そこで、当社近くにあるコーヒー専門店の人から教えてもらった、楽で激ウマなコールドブリューのレシピを紹介しよう。

用意するもの(700cc分)

1.コーヒー豆:75g
2.水:900cc(豆1に対し水12の割合)
3.容器2個くらい(1Lの冷蔵庫に入れられるようなもの。当社はナルゲンを使用)
4.ドリッパー(当社はケメックスにV60のガラスドリッパーを乗せている)

普段からドリップでコーヒーを入れている方ならドリッパーは持っていると思う。持ってない方はAmazonとかで適当なドリッパーを購入してほしい。おすすめはハリオのV60だ。容量は〜6人分のが便利だ。
水ボトルは登山でよく使われているナルゲンボトルを使っている。広口のは洗いやすいしタフで使いやすいのだ。

コーヒー豆は自分で挽いてもいいし挽いてもらってもいい。ドリップ用より細かめに挽いてもらおう。挽目は中細だ。水出し用に挽いてくださいとオーダーするのもいい。
豆はなんでもいいが、後味すっきり系やフルーティー系が特におすすめだ。産地でセレクトするならエチオピアやコスタリカ、ホンジュラスも捨てがたい。当社がオーダーするときはだいたい下記の通りだ

1.焙煎強めで後味スッキリ。これぞ日本のコーヒーって感じの豆
2.酸味は抑えつつフルーティーな味わいの豆
3.ミルク入れたらフルーツ牛乳みたいなやつになる豆
4.個性的な物を。(ワインみたいな味わいのものが出てきたことがあった)

作り方

1.容器に挽いた豆を入れる。写真ではナルゲンに漏斗をセットして直接挽き豆を入れている。

2.分量分の水を入れる。

3.容器の蓋を閉めて軽く撹拌し、豆と水がしっかり混ざりあうようにして冷蔵庫で13時間冷やす。

これだけだ。
13時間後、ドリッパーにペーパーをセットし、ろ過する。ろ過の工程が面倒な場合は水出しパックを買ってきて抽出する方法がある。が、ろ過したほうが色がクリアで涼し気なコーヒーができるのである。

ろ過したものを別の容器などに移して冷蔵庫で冷やしておき、適宜飲む。である。飲む前、容器を軽く撹拌しておくとよい。

ドリッパーは大きければ豆すべてを受けられるのでフィルターの交換が不要となる。2人前などの小さなフィルターでは交換が必要かもしれない。
豆の引き目は細かすぎるとフィルターの目詰まりが早く、ろ過に時間がかかってめんどくさくなる。が、あら過ぎると水に豆が浮いてしまってちゃんと抽出できてるか心配になる。

13時間の抽出もタイミングが重要で、稼働時間中に抽出するなら、前日帰る前ぐらいに仕掛けて、翌朝出す。という感じで作ることになる。数日程度は風味の劣化もなく冷蔵庫で保存ができるため、まとめて作ってストックしておくことが可能。あと、個人的な感想だが、豆の鮮度が落ちててもそこそこ美味しいコーヒーができる。お土産などで大量に豆をもらったときなどは、新鮮なうちに使い切ることが難しい。そういうときはコールドブリューを活用している。

急冷式アイスコーヒーについて

夏場のアイスコーヒー制作の定番は急冷式アイスコーヒーだ。これは予め氷を1杯あたり100gほどコーヒーサーバーにいれておき、その上から濃い目のコーヒーをドリップするというものだ。ドリッパーはハリオV60よりも、カリタウェーブのほうが適していると言われている。(V60のアイスコーヒーキットにはカリタウェーブのようにコーヒーを分散して滴下するパーツが同梱されているのだ)
ドリップはすぐ飲める反面、お湯のおとし方次第で味がぶれてしまうのでレシピをパクりにくい欠点がある。コールドブリューがなくなってしまって来客にアイスコーヒーを出したいなんてときに急冷式を活用するといいだろう。

今年の夏はみなさんも美味しいコーヒーとともに乗り切って欲しい。

レシピを教えてくれたのは表参道にあるKOFFEE MAMEYAさん。こちらでも同一のレシピで出されたコールドブリューを楽しむことができるので、是非。

KOFFEE MAMEYA
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目15−3
https://goo.gl/maps/wxWWaW6bY162
年末年始とか以外は無休。10:00〜18:00の営業で、朝イチが空いている。ここを目指して海外からもお客さんがやってくるレベルのお店。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。得られたお金は社で飲むコーヒー豆や撮影機材の購入費用に充てようと思っています。

他の記事も是非読んでいってください!
4
東京の表参道で小さな制作プロダクションを経営しています。ブラウザで表現できることなら何でもやる会社です。企画、コードを書いたり撮影、編集もやります。Web系やカンファレンスレポートなど、国内外を問わず取材対応が可能です。お気軽にお問い合わせください。ほぼ毎日ゴールドジムにいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。