見出し画像

2020年に行きたいサッカー旅 OWL主筆中村慎太郎の場合


おいおいおいおい!!!もう13日だよ!!!

12月は師走という言葉は伊達じゃない。共同代表の三名についても、「保育園狂想曲」「FC東京の優勝争いによるガチサポ化」によってぼくが死亡、円子氏も本業の多忙、澤野氏も本業の多忙で、三人同時麻痺。

ぼくに関してはFC東京の最終戦が終わるまでは何も手につかない状態で、14時キックオフの試合なのに、家を朝五時に出てしまうほど気が狂っていた。普段はJリーグ情報を楽しむというよりも、記事を執筆する時間にあてることが多いんだけど、「FC東京」とか「マリノス」とかいうワードで延々と検索を続ける廃人のようになってしまった。

優勝の魔力は恐ろしい!!来年こそ優勝したいなという気もするのですが、こんなのが毎年続いても仕事にならないのでたまにでもいいような気がする……。いや、やっぱり来年も何とか……。

さて、来年の12月はどうなることでしょうか。

そして、他の執筆陣もみんなやっぱり忙しいらしく原稿がなかなか上がらない。という状態で12月13日になってまだ記事0本という。まじか!まじかよOWL magazine!!

気づくと創刊以来2度目、8月以来の大ピンチを迎えていたわけだけど、毎月15本以上の記事を出すのは使命なので、これから巻いていこう!!

読者の皆様、これから年末にかけて頻繁に更新していくことになりますが、無理してよまずに正月に読むという贅沢ブルジョワージーコースもあります。オフシーズンは何のかんのでサッカーの話題が少ないので、計画的に是非ご利用ください!!


というわけで、今回は、来年どこの旅に行こうかなといううすらぼんやりした話しをしようと思う。

2019年は、旅のマガジンを始めたにも関わらず方々には行けなかった。旅に行って、旅の記事もリリースするとなるとどうしても手数は減るものだから仕方がないのだが、来年はもう少し色々なところに行きたいと考えている。

この記事は、来年行ってみようと思っているサッカー旅をご紹介したいと思っている。

今年行けたのは今治2回と松本、三重だけなので、計4回だけ。来年は収入が増える見込みもあるので、その倍くらいは行きたいものだ。

さて、来年遊びに行くところとして候補はどこだろう。と考えてみるとこんな感じであった。実際は空いた日程で行く場所を決めるところがあるので、思わぬ行き先が決まる可能性もあるのだが、このうち6〜8カ所にいって、その分記事を書ければ旅のマガジンの主筆としてはまぁまぁじゃないだろうか。

J1 
名古屋 大分 湘南(J2の可能性もあり、12/13現在) 

J2 
京都 松本 岡山 福岡 栃木 北九州

J3 
長野 

JFL 
HondaFC 都田 テゲバジャーロ宮崎 三重 鈴鹿 青森 松江 いわき


というわけでこの記事では、どこにどうして行きたいのかについて、気ままに語っていこうと思う。

ルーティーンとして行きたい場所、ぶっちぎりで行きたい場所、家族旅行として、観光として……。色々ありますが。予定が合う人がいたら是非一緒に旅をしましょう。

あ、FC東京のACLはちょっと例外。予算が予想つかないところあるので、予算が確保され次第検討に入るため。韓国、中国くらいは行きたいところだけど、ゴールデンウィークのオーストラリアは費用対効果が極めて低いので多分いけない。

というわけで今回のOWL magazineは良いところで全部有料です。これで購読する方は少ないかもですが、今月は今治で全裸になった話(妻には言うなよ!あと、未成年のあみちゃん読んじゃ駄目!)や、鹿島レディのデビュー戦を初めて面白い記事が目白押し!!

今月中に購読しておくとオフシーズンの読み物がたっぷり確保できるので是非ご購読ください!



この続きをみるには

この続き:3,908文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 記事数は毎月15〜20本、記述量は毎月10万字程度で、有料率は概ね50%程度です。寄稿も随時受け付けています。

旅とサッカーを紡ぐウェッブ読み物です。是非ご購読お願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

12
作家・Youtuber。偏差値30からの大学受験を経て東京大学文科Ⅱ類(経済系)→文学部に進学(宮沢賢治の生命観)→大学院は理転して農学系(アワビ類の行動生態および繁殖生態の比較)→自主退学しスポーツ系の物書きに。著書『サポーターをめぐる冒険』がサッカー本大賞2015を受賞。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。