見出し画像

大学1年生が伝える大学生とフルコミットインターンを両立するコツ&メリット

こんにちは、キャディ株式会社でフルコミットインターンしている八甫谷(はっぽうや)です。最近自粛ムードで家から出ていないのですが、家では作業集中できない派なので困っています。なのでいっそのこと家でも集中できるように変えたいと思ってます。

前回キャディへのジョインnoteを書いたのですが、今回は「大学生とフルコミットインターンを両立する方法」をお伝えできればと思っています!キャディのインターン生は基本的にフルコミットで働いており、僕も入る際に少し抵抗があったためフルコミットインターンをしたいけれども迷っている学生に参考になれば幸いです!

そもそもなぜインターンをしているのか?

結論としては「日々成長を感じて生きている実感を得たいから」になります。先日とあるキャディメンバーから「ぽD(僕のあだ名)はなぜインターンをしているの?」と聞かれたため改めて考えたところ以上に行き着きました。大学生活他の楽しいことも沢山ありますが、その中で僕が選んだ理由としては毎日進化があり後悔なく生きる時間を使っている感覚が得られるからです。そのためインターンをしている理由というよりかはどちらかというと仕事をしている理由に近いです。

大学生とフルコミットインターンを両立するコツ

フルコミットインターンをすることに抵抗のある大学生にとって一番ネックになるのは大学生活との両立だと思います。キャディには休学してインターンしている方が大半ですが、休学していない僕から主に単位の取得に関してのコツをお伝えします。

①大学の履修ルールを徹底的に把握する

言わずもがなですが、自分含めやりたいことにコミットし過ぎて意外と大学のシステム把握を蔑ろにしてしまう方が多いため特筆しました。(とは言ったものの僕も今年の春学期に把握できておらずかなり損をしました、、、)そのためネットに載っている情報や資料、友達に聞いてしっかりと把握するのが王道ですが近道だったりします。

②大学雑誌、シラバス、Twitterなどの情報を徹底的に活用して単位取得が容易な授業を選択する

やはり大学生活の大半は授業であるため、フルコミットでインターンするためにはいかに負担なく単位を取得するかにかかっていると言っても過言ではないです。履修の時期には大学雑誌やシラバスをくまなく見て自分の条件に合う単位を履修するのが良いでしょう。ポイントとしては履修する条件を決めてその他のものは該当しないときっぱり判断することです。少しでも甘えが出てしまい条件に当てはまらないものが出てしまうと授業が始まってから後悔することがあるため要注意です。

③あらゆることをルーティン化する

これは生活のために脳内リソースを割かないといった内容に近いです。出勤や帰宅する時間、週末に平日忙しくてできなかったことを処理するなど自分のルールを決めて着実に習慣化することによって生活を回す事自体のコストがどんどん下がっていきます。具体的なツールの活用としてはGoogle calendar,Todoistなどのタスク管理ツールを用いて繰り返しのタスクを設定すると忘れずに良いと思います。

大学生でフルコミットインターンをするメリット

①社会人生活を立場上社会に出る前に体験できる

こちらは一番大きいメリットだと思います。新卒で入社する会社を選択する時、悩むのはやはりその会社で働いている自分がイメージしづらいからではないでしょうか。大学生という立場上フルコミットで正社員と同じく働く経験ができれば一緒に働く人や業種、ライフスタイルなど実感できるためキャリアの選択に確実に参考になると思います。

②明確な時間意識を持てる

大学生から社会人になって一番大きく変わるポイントは時間感覚だと僕は個人的に考えています。特に何にも縛られない大学生(授業やバイトも自分で時間選択可能なため)と比較して社会人は明確に稼働時間が決められているため、例えば同じ1時間でも重みが違ってきます。本格的に社会に出る前に体感することによって残りの限られた大学生活の時間をどう使うかという意識で過ごせると思います。

③スキル、経験がないため色々経験できる

まさに社会人経験のない大学生だからこそのメリットだと思います。社会人になってからでは前職での経験やスキルに引っ張られることが多く心機一転全く違う仕事に着手することは難しいかもしれないですが、大学生のうちであれば良くも悪くも職歴に入らないためやる気次第で仕事をいただけます。そのため自分に何が向いているのか見極めるには本当にこれ以上無いチャンスだと思います。

キャディでのインターンの特徴・メリット

①社会人と同じ責任、評価制度で働ける

キャディでは社員と同じコミット量が求められるため同じ責任、評価制度で働くことができます。実際に社員レベル、社員以上に成果を出している方もいるため”インターン”という枠組みに囚われず業務を担当することができます。

②フルタイムでの勤務が推奨されている

僕の周りではもっと働きたいのに働かせてもらえない、そもそもインターンは週2~3までしか働けないと思っている方の話も聞きますが、キャディではフルタイムの勤務が推奨されています。コミット量が多ければ多いほどやはり任される仕事の量、責任も変わってくるので、バキバキ自分の実力を伸ばしたいという方にはぴったりだと思います。

長くなりましたが以上が大学生とフルコミットインターンを両立するコツ、フルコミットインターンをするメリットになります。お決まりですがキャディでは長期インターン生を随時募集していまして、この記事を読んでもし興味を持った方は以下のインターン生募集を見てほしいです。なにか読んでいただき疑問などありましたら、お気軽にご連絡いただけますと幸いです!

https://www.wantedly.com/projects/375164

それではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
早稲田文化構想1年/キャディ 社長室インターン/発達障害の大学生を支援するBeU👉株式会社Asobica セールス👉キャディ社長室

この記事が入っているマガジン

キャディの学生インターン
キャディの学生インターン
  • 15本

キャディで働く精鋭のインターン生たちが書いたnoteをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。