見出し画像

VIC VALENTINEさんによるエッセイ:自己宣言は英国を国際的なベストプラクティスに沿うものにするだろう

エコノミスト誌のシリーズから、まずはVIC VALENTINEさんによるエッセイの機械翻訳です。「2007年からスコットランド政府の平等ユニットから資金提供を受けているスコットランド・トランス・アライアンスの政策担当者です」とちゃんと利益関係について掲載されているところがしっかりしていますね。


訳してみて思ったのですが、日本でも海外でもいつもの行き違い、あるいは話のすり替えがここでも行われているということです。

Valentineさんが書いているような「害を与えるためだけに利用を望む捕食者である」などと思わせようとしている人はまずいません。セルフIDのような制度によって捕食者が入り込みやすくなることを懸念しているのです。そしてこの人も女性の人たちに危害を加えることを匂わせたり、ネット上でトロール行為を行うTRAたちの行いに全く触れていません。

TRAの数々の加害行為を正面から取り上げて議論すべきであると考えます。

前置きはここまでにしてエッセイの訳です。


Self-declaration would bring Britain into line with international best practice

自己宣言は英国を国際的なベストプラクティスに沿うものにするだろう

And grant trans people maximum dignity and autonomy, writes Vic Valentine of the Scottish Trans Alliance

そして、トランスの人々に最大限の尊厳と自律性を与えようと、スコットランドトランス同盟のVic Valentine氏は書いています。

https://www.economist.com/open-future/2018/07/03/self-declaration-would-bring-britain-into-line-with-international-best-practice

Open Future
Jul 3rd 2018

by VIC VALENTINE

Vic Valentine is the policy officer for the Scottish Trans Alliance, which has been funded by the Scottish Government’s Equality Unit since 2007.

ビック・バレンタイン氏は、2007年からスコットランド政府の平等ユニットから資金提供を受けているスコットランド・トランス・アライアンスの政策担当者です。

The current Gender Recognition Act 2004 (GRA) is now widely regarded as outdated, intrusive, and overly medicalised—not just by we trans people, but also by medical professionals, legal experts, and the British and Scottish governments. Trans-equality campaigners are calling for the process to be improved in line with human-rights principles and international best practice.

現行の2004年ジェンダー承認法(GRA)は、現在、時代遅れ、押し付けがましい、過度に医療化されていると広くみなされています-私たちトランスの人々だけでなく、医療専門家、法律の専門家、英国政府やスコットランド政府からも。トランスジェンダー平等運動家は、このプロセスを人権の原則や国際的なベストプラクティスに沿って改善するよう呼びかけています。

We are calling for three changes to the GRA to make it easier to update birth certificates. It should move to a system of statutory self-declaration. The age at which people can change their birth certificates should be lowered from 18 to 16, and under-16s should be allowed to do so with parental consent. This would match the age rules for changing name and gender on other identity documents and official records. And, for the first time, non-binary people (those who identify as neither exclusively male nor exclusively female) should be legally recognised.

出生証明書の更新を容易にするために、GRAに3つの変更を求めています。それは、法定自己宣言のシステムに移行すべきです。人々が出生証明書を変更できる年齢は18歳から16歳に引き下げられるべきであり、16歳未満は親の同意を得てそうすることを許可されるべきである。これは、他の ID 文書や公的記録上の名前や性別を変更するための年齢規則と一致するだろう。そして、初めて、非バイナリーの人々(専ら男性でも専ら女性でもないと識別する人々)が法的に 認められるべきである。

Media coverage of the proposed reforms has focused mainly on the first of those proposals. Some of it has been generated by a number of outspoken people who have never accepted that trans people’s identities are legitimate, and that we have the right to social acceptance and privacy about being trans. They have misdescribed the way the law works now, misrepresented why trans people access single-sex spaces and misreported the ways in which trans organisations believe the law should change. This misinformation risks alarming people who have not heard accurate details of what is being proposed.

提案された改革に関するメディアの報道は、主にそれらの提案の最初のものに焦点を当ててきました。その中には、トランスの人々のアイデンティティが正当であり、トランスであることを社会的に受け入れ、プライバシーを守る権利があることを決して受け入れてこなかった多くの率直な人々によって生み出されたものもあります。彼らは現在の法律がどのように機能しているかを誤って説明し、トランスの人々がなぜ一人用のスペースにアクセスするのかを誤って伝え、トランスの組織が法律を変えるべきだと考えている方法を誤って報告しています。この誤報は、提案されていることの正確な詳細を聞いていない人々に警鐘を鳴らす危険性がある。

The main inaccuracy is the claim that the GRA controls access to women-only spaces, and that self-declaration will therefore affect how women’s services address trans inclusion. In reality, under the Equality Act 2010, when it comes to employment and the provision of services transgender people are already treated as the sex or gender we identify as, not the sex we were assigned at birth. This is true, irrespective of whether or not we have used the provisions of the GRA to update our birth certificate.

主な不正確さは、GRAが女性専用スペースへのアクセスを管理しており、自己宣言が女性のサービスがトランス・インクルージョンにどのように対処するかに影響するという主張です。実際には、2010年の平等法の下では、雇用やサービスの提供に関しては、トランスジェンダーの人々はすでに、生まれたときに割り当てられた性別ではなく、私たちが識別する性別として扱われています。これは、出生証明書を更新するためにGRAの規定を利用したかどうかにかかわらず、同じことが言えます。

A trans woman who still has a male birth certificate is nonetheless included under the Equality Act in the scope of service provision for a women-only single-sex service. Case law already makes clear that trans women need to be referred to and treated as women. And the explicit exemptions in the Equality Act 2010 that allow single-sex services to treat trans people differently can be used only in very restricted circumstances. For a single-sex service to treat a trans person less favourably, it must be a proportionate means of achieving a legitimate aim. The provider needs to show that no less discriminatory approach was suitable. Campaigners against GRA reform are either labouring under, or deliberately promoting, the false impression that a female-only service is reserved exclusively for non-trans women. That simply isn’t the case under current British law, and has not been for many years.

男性の出生証明書を持っているトランス女性は、それにもかかわらず、平等法の下では、女性専用の単性サービスのサービス提供の範囲に含まれます。判例法は、トランス女性が女性として紹介され、扱われる必要があることをすでに明らかにしている。また、2010年の男女共同参画法では、シングルセックスサービスがトランスジェンダーを異なる扱いにすることを認める明示的な除外規定は、非常に限定された状況下でのみ利用できるようになっている。シングルセックスのサービスがトランスジェンダーをより不利に扱うためには、正当な目的を達成するための比例した手段でなければなりません。提供者は、これほど差別的なアプローチが適切ではなかったことを示す必要がある。GRA改革に反対するキャンペーンを行っている人たちは、女性専用のサービスが非トランス女性だけのものであるという誤った印象を持っているか、あるいは意図的に宣伝している。現在の英国の法律ではそうではないし、何年も前からそうではありません。

What does trans inclusion in single-sex spaces or services look like in practice? Well, to some degree, it depends on the space or service. In public toilets, because cubicles are single-occupancy, it is widely accepted and established in British case law that transgender people can use the facilities that best fit their identity. It is the same for changing rooms with single-occupancy cubicles. If a particular changing room has no privacy, then decisions would be made case by case, treating each trans person as an individual.

シングルセックスのスペースやサービスにおけるトランスジェンダーのインクルージョンは、実際にはどのように見えるのでしょうか?まあ、ある程度は、空間やサービスによって異なります。公衆トイレでは、キュービクルは一人用であるため、トランスジェンダーの人々は自分のアイデンティティに最も適した施設を利用できるということは、広く受け入れられており、イギリスの判例法でも確立されています。これは、一人用のキュービクルを備えた更衣室でも同じです。特定の更衣室にプライバシーがない場合は、個々のトランスジェンダーを個人として扱い、ケースバイケースで決定されます。

The expectation of the current law is that a leisure centre, for example, would strive to allow transgender people to use the facilities that match their gender identity, but could make reasonable adjustments if necessary. Ideally, it would install cubicles. But other solutions are possible, such as someone changing only once another had finished. It would rarely be appropriate to ask a trans person to use a facility that made them feel humiliated or hyper-visible.

現行法で期待されているのは、例えばレジャーセンターは、トランスジェンダーの人が自分の性自認に合った施設を利用できるように努力するが、必要に応じて合理的な調整を行うことができるということである。理想的には、キュービクルを設置するだろう。しかし、他の人が終わってから着替えをするなど、他の解決策も考えられます。トランスジェンダーの人に、屈辱的な気分になったり、目立ちすぎたりするような施設を利用するように頼むのは、ほとんど適切ではないだろう。

Rape-crisis centres and domestic-abuse refuges carefully assess the risk related to every potential service-user, whether trans or not, before deciding between one-to-one counselling and group work, and whether to offer shared accommodation. There are many different reasons they might adjust the service they provide for a particular woman. The people working in this sector will continue to be able to make decisions that are right for everyone who uses their services.

レイプクライシスセンターや家庭内乱用防止施設は、一対一のカウンセリングとグループワークのどちらかを決定する前に、トランスであるかどうかに関わらず、サービス利用者の潜在的なリスクを慎重に評価し、宿泊施設を提供するかどうかを決定している。特定の女性のために提供するサービスを調整する理由は様々である。このセクターで働く人々は、彼らのサービスを使用しているすべての人にとって正しい意思決定を行うことができるようになります。

Campaigners against reforming the GRA also misrepresent why trans people want access to single-sex services. Often, they imply that we are predators who want access only to do harm. The truth is that if we are accessing a service it is because we need it. Anti-reform campaigners ignore the fact that for more than eight years single-sex services have been required to be inclusive of trans people unless there are exceptional circumstances, and that huge swathes of single-sex services are operating smoothly and successfully in a fully trans-inclusive manner. Sometimes hearing that single-sex services are already inclusive of trans people who do not have gender-recognition certificates surprises the general public. This is because our presence actually has very little impact on other users of services.

GRAの改革に反対するキャンペーンを展開する人たちは、トランスジェンダーがなぜシングルセックスのサービスへのアクセスを望むのかについても、誤った表現をしている。しばしば、彼らは私たちが害を与えるためだけに利用を望む捕食者であるとほのめかしています。真実は、私たちがサービスを利用するのは、それを必要としているからです。改革反対運動家は、8年以上も前から、例外的な事情がない限り、トランスジェンダーの人々を受け入れることが求められており、膨大な数のシングル・セクシュアル・サービスが、トランスジェンダーを完全に受け入れる形で円滑かつ成功裏に運営されているという事実を無視している。性別証明書を持っていないトランスジェンダーの人たちも、シングルセックスサービスにはすでに包括的に含まれていると聞くと、一般の人々を驚かせることがあります。なぜなら、私たちの存在は、実際には他のサービスの利用者にはほとんど影響を与えないからです。

In Scotland, the organisations that campaign for equality and women’s rights, and those such as Rape Crisis Scotland and Scottish Women’s Aid, are supportive of reforming the GRA and have been trans-inclusive in domestic-abuse and sexual-violence services for many years. Far from accessing single-sex spaces in an attempt to endanger or upset other women, trans women access these services if they too are survivors of gender-based violence—and at around 0.2% of the population, their thoughtful inclusion is not an undue threat, and imposes no significant cost.

スコットランドでは、平等と女性の権利を求める運動を行っている組織や、Rape Crisis ScotlandやScottish Women's Aidのような組織がGRAの改革を支持しており、長年にわたり家庭内暴力や性的暴力のサービスにトランス・インクルーシブに取り組んできた。他の女性を危険にさらしたり動揺させたりするために一人部屋にアクセスするのではなく、トランスの女性も性に基づく暴力の生存者であれば、これらのサービスにアクセスしている。


Finally, campaigners against reforming the GRA misrepresent the way in which trans-equality organisations want the law to change. When we talk about moving to a system of statutory “self-declaration” that you are living permanently in your gender identity, we are simply talking about bringing the process for updating your birth certificate in line with best practice on human rights and respect for individual identity. We are not talking about reforming the Equality Act or existing rules around single-sex services. And we are certainly not suggesting that anyone should be able to claim, temporarily and frivolously, any gender identity that takes their fancy in order to access identity documents, spaces or opportunities that they should not be entitled to.

最後に、GRAの改革に反対する運動家たちは、トランス・イー クオリティー組織が法律を変えることを望んでいる方法を誤解しています。私たちが、自分のジェンダー・アイデンティティの中で恒久的に生きているという法定の「自己宣言」制度への移行について話すとき、私たちは単に、出生証明書を更新するプロセスを、人権と個人のアイデンティティの尊重に関するベストプラクティスに沿ったものにすることについて話しているだけなのです。私たちは、平等法の改革や、単性サービスに関する既存のルールについて話しているのではありません。そして、私たちは確かに、誰もが権利を与えられるべきではないアイデンティティの文書、スペース、または機会にアクセスするために、一時的かつ軽薄に、自分の好きな性別のアイデンティティを主張することができるようにすべきであることを示唆していません。

We think that the process whereby you can update the gender on your birth certificate to reflect your identity should be based on statutory declaration. This is a legal oath, and it would be a criminal offence to make a false declaration deliberately. It would therefore remain unlawful to change your birth certificate from male to female if you are not living permanently as a woman. People’s statutory oaths about their gender should be respected, as all other statutory declarations are. But in an exceptional case where a dispute over possible fraud arose, living permanently as a woman could be demonstrated in a number of ways, for example the stated gender on day-to-day documents or the testimony of other people. The change to statutory self-declaration, already law in Ireland and several other countries, would end the current situation, in which a tribunal scrutinises which toys you played with as a child and how gender-dysphoric you felt about your body. It would end a waiting time of more than two years in a legal grey area, with your birth certificate mismatching your day-to-day identity documents.

私たちは、あなたがあなたのアイデンティティを反映するためにあなたの出生証明書の性別を更新することができるプロセスは、法定の宣言に基づいている必要があると考えています。これは法的な宣誓であり、それは意図的に虚偽の宣言を行うために刑事犯罪であろう。あなたが女性として永久に住んでいない場合、それはしたがって、男性から女性にあなたの出生証明書を変更することは違法のままだろう。他のすべての法定宣言があるように、彼らの性別についての人々の法定宣誓は、尊重されるべきである。しかし、可能性のある詐欺の紛争が生じた例外的なケースでは、女性として永住していることは、例えば、日常的な文書や他の人々の証言に記載された性別など、多くの方法で証明される可能性があります。アイルランドや他のいくつかの国ではすでに法制化されている法定自己宣言書への変更は、法廷が子供の頃に遊んだおもちゃや、自分の体について性差をどのように感じていたかを精査するという現状に終止符を打つことになるだろう。それは、あなたの出生証明書があなたの日常的なアイデンティティ文書とミスマッチしている、法的なグレーゾーンでの2年以上の待ち時間を終わらせるだろう。

Many of the stunts that have been designed to show that self-declaration is a “joke” are a thinly veiled disguise for the fact that the people behind them think our identities are a joke. We won’t be able to change those attitudes overnight. But the positive reactions of very many towards the reasonable aims of the GRA-reform campaign indicate that society is changing.

自己宣言が「冗談」であることを示すために作られたスタントの多くは、その背後にいる人々が私たちのアイデンティティを「冗談」だと思っているという事実を薄っぺらく偽装したものです。私たちは一夜にしてそのような態度を変えることはできないでしょう。しかし、GRA改革運動の合理的な目的に対する非常に多くの人々の肯定的な反応は、社会が変化しつつあることを示しています。

We have focused here on the implications of the proposal to move to a system of statutory self-declaration. The Gender Recognition Act needs to change in other ways: by lowering the age at which trans people can change the gender on our birth certifications, but also legally recognising non-binary people for the first time. If you’d like to learn more about the Scottish Trans Alliance’s Equal Recognition campaign to reform the Gender Recognition Act, please visit equalrecognition.scot.

私たちはここで、法定自己宣言制度への移行提案の意味合いに焦点を当ててきました。それは、トランスの人々が私たちの出生証明書の性別を変更できる年齢を引き下げるだけでなく、非バイナリーの人々を初めて法的に認めることです。ジェンダー承認法を改革するためのスコットランド・トランス同盟の均等承認キャンペーンについてもっと知りたい方は、equalrecognition.scotをご覧ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6