見出し画像

はてなブログで取り組むべきSEO対策~検索エンジンに挑戦するための教科書~

はてなブログかワードプレスか?

この永遠に終わることのない論争のテーマの一つにSEO対策が含まれています。

ワードプレスではテーマの種類やプラグインなどに応じて、ユーザーの好みに合わせてSEO対策を行うことができます。

一方、はてなブログで出来るSEO対策って?

はてなブログを使っているあなたであればご存知だと思いますが、はてなブログの設定画面は極めてシンプルです。
ワードプレスの有料テーマを比べると、はてなブログのシンプルさが際立つくらい最低限のメニューしかありません。
もちろん、ワードプレスのようなプラグイン機能はありませんので、後付けでSEO対策を施すことはできません。
よってはてなブログが用意した土台の上でSEO対策をする必要があります。

一見、使い勝手が悪そうに見えるはてなブログのSEO対策ですが、僕がははてなブログにこだわる理由があります。

その理由がこちらです。

・読者登録
・はてなブックマーク
・はてなグループ
・はてなスター


以上ははてなブログ独自のコミュニティツールであり、検索以外からの記事流入が見込まれます。これは被リンクの獲得に大いに役立ちます。

被リンクの獲得はもうSEO対策では古いと思っていませんか?

日本におけるSEO対策の第一人者のおおきさん(@ossan_mini)は動画で次のように述べられています。


「2020年以降も、SEOに関して被リンクは超重要!」

もうこれだけで、被リンクを獲得するべき理由がはっきりしますよね。

はてなブログではコミュニティーツールのなかで被リンクの獲得機会に恵まれますが、ワードプレスでは検索以外の流入方法はSNS(ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど)しか方法がありません。

当然、SNSから流入を狙うことははてなブログでも出来るので、ワードプレスに比べて劣るということはないのです。つまり、

・読者登録
・はてなブックマーク
・はてなグループ
・はてなスター

これらはてなブログのコミュニティツールは被リンクの獲得に大いに役立つため、その機能を十分に使いこなすことが出来れば

はてなブログって最強じゃね?

と思っています。

一方、はてなブログがワードプレスと比較して劣っている部分は以下の要素です。

・SEO対策
・デザイン性

これらの問題を解決し、ワードプレスよりはてなブログが検索エンジンで優位になるための方法として、はてなブログでできるSEO対策をまとめましたのでご覧ください。

SEOという幻想

いきなり残念な報告です。

はてなブログにせよ、ワードプレスにせよ、SEOが完璧で常に1位表示してくれるような裏ワザはありません。

SEOに影響を与える要素というのは多岐に渡ります。

そのなかでも最も重要な要素は「検索」するユーザーの意図にどれだけマッチする記事を提供できるかがSEO対策なのです。

つまり書き手の私たちにSEO対策がかかっているのです。

より多くのユーザーに対して100点に近い記事(ライティング)を書けたものがSEO(検索エンジン最適化)なのです。

※ライティングに関するまとめは以下の記事をご覧ください。

ライティングに関するSEO対策は上記記事にて説明しています。
ライティングは100点の記事を提供することを前提として、100点同士の記事ならどのような工夫をすれば上位に検索表示されるかを解説していきます。

~はてなブログのSEO対策~

この記事では有料の「はてなPro」を使用している前提で記事を書きます。

最近の度重なるグーグルのアップデートにより、無料ブログというのはSEO的にかなり不利な状況となっています。よって検索画面上位に表記するための対策には向かないために除外します。

つまり、ユーザーは独自ドメインを取得している前提となります。

それでは、はてなブログでできるSEO対策(初期設定)を順に解説していきましょう。

ブログテーマ

「はてなPro」を利用しているユーザーは数多くのテーマを選ぶことができます。

【⇓⇓はてなブログの人気テーマランキングはこちら 】

それぞれのテーマによってデザインはまったく違うように見えますが、はてなブログは基本的なサイト構成が変わりません。
なので自分の好みにあったテーマを選んでいただいて結構です。

(はてなブログの基本的な記事構成)

画像14

ただし、「レスポンシブデザイン対応」のテーマを選ぶようにしてください。※有料テーマの多くが対応済み

グーグルではモバイルファーストを掲げているため、スマホで見づらいようなサイトは大きなマイナスとなってします。

設定は
「管理画面」➡「デザイン」➡「スマートフォン」➡「詳細設定」
からレスポンシブデザインにチェックを入れれば完了です。

これでパソコンでもスマホでも同様のデザインが表示されます。

基本設定画面

検索エンジン最適化

はてなブログの管理画面から
「設定」➡「詳細設定」➡「検索エンジン最適化」

画像1

・ブログの概要
・ブログのキーワード

これらを設定できます。
メタディスクリプション(meta description)とは、htmlのheadタグ内にページの概要を記述するタグ情報の事を指し、別名「スニペット」とも呼ばれます。 ページの概要を記述するタグ情報のため、基本的には他のページと重複することがありません。

しかし、上段の「ブログの概要」でメタディスクリプションの設定をしてしまうと、全ページ共通のタグが設定されてしまい、記事一覧のページタグと重複するディスクリプションが発生してしまいます。

重複するとグーグルからマイナス評価を受ける要因となります。

よって基本設定画面の「ブログ概要」は空白としましょう。グーグルの評価を下げないためにも必要ない要素です。

下段の「ブログのキーワード」のメタキーワードに関しても、入力すれば検索的に良くなるわけではありません。
というのも、そもそもグーグルの検索アルゴリズムのなかでメタキーワードは認識されないからです。

認識されないものをわざわざ入れる必要もないのでこちらも空欄で結構です。

この続きをみるには

この続き:8,241文字/画像24枚

はてなブログで取り組むべきSEO対策~検索エンジンに挑戦するための教科書~

はたらきアリ

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

会社員として働きつつ、副業としてブログをはじめとする『複業』に取り組んでいます。家族あり、2人の子持ち、住宅ローン持ち、1馬力で家族を支えます。月に10万円を複業で稼ぐことを目標とし、その取り組みや目標を書き綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。