スポーツ漫画あるあるを考えてみた(25選)
見出し画像

スポーツ漫画あるあるを考えてみた(25選)

王道スポーツ漫画が好きなので、同じく漫画好きの人たちに笑ってもらえるように考えてみました。


1)主人公は初心者がち
その方が序盤にルール解説とかもあって、知らないスポーツ漫画でも入りやすくてありがたい。

2)主人公の同学年、天才がいがち
なんでこんな弱小校に!?てリアクションされる。

3)主人公の学校、弱小がち
以前は強豪だったパターンと全くの無名パターンとある。

4)ヒロイン枠のマネージャー、途中から存在感消えがち
ヒロインと恋愛するよりスポーツに夢中になってしまっているから…。

5)最初の練習試合は強豪校と組みがち
監督や部員の誰かがなぜか県内屈指の強豪校と繋がりがある。

6)その練習試合で、いい勝負にはなるけど負けがち
大会でリベンジだ!

7)ゴールデンウイークに合宿しがち
短期間でパワーアップするために必要。

8)合宿でのご飯、カレーがち
料理上手キャラが一人はいる。逆にマネージャーに一人は料理下手な子がいてめっちゃ不味いご飯作る。

9)大会初戦の相手はそこそこ実力のあるチームがち
これまでの主人公たちのチームならボロ負けしていたであろう相手に大勝利する。他チームや観客たちに「あの万年1回戦負けのチームが!?」と驚かれる。ライバル校は「そうでなくっちゃな」と笑ってる。

10)負けたチーム、観客席で解説しがち
誰に向けて言ってんだ。

11)ライバル校同士の試合、結果が分からないので熱くなりがち
SLAM DUNKでいう陵南vs海南みたいな。

12)主人公の部活、他の部活動よりも早い時間、遅い時間に練習しがち
他の部活動より練習時間が長いっていう描写ではあるんだけど、他の部活動だって頑張ってるだろうに。

13)ジャンプ作品だと1年生編で終わりがち
もちろん例外もある。

14)他雑誌だと2年生編、3年生編とかありがち
MAJORはすごい。

15)ライバルキャラ、才能マンかと思いきや努力も人一倍してがち
努力ができるっていう才能なのかもしれない。

16)データキャラ(チーム)、途中でデータが通用せず焦りがち
予測外の出来事に弱すぎる。

17)主将、貫禄ありがち
学生でもプロでも、キャプテンを任される人は本当にかっこいい。

18)ワンマンチーム、最後には仲間の大切さに気付きがち
チームメイトを見下してるパターンでも、1人は慕ってくれる後輩がいてきっかけになる。孤立しがちなパターンでも、チームメイトは「お前を信じてるからな!」と天才を立てるプレイをしてその期待に応えようと奮起する。

19)負けた時、後輩は「もっと先輩たちと試合したかった!」と泣きがち
いびられたりもしたけど、それも楽しかった。

20)そんな後輩たちを見て先輩は笑顔で慰めるけど、後輩たちがいないところで涙を流しがち
私はいつもこういうシーンでめちゃくちゃ泣いてしまいます。

21)試合の合間にギャグパート入りがち
あほな主人公が赤点の危機で勉強させられるとか。

22)2年生は曲者揃いがち
3年生は落ち着きあるけど、2年生はまだ好き勝手してるイメージ。

23)最終回、全国優勝しがち
急に数年後にとんで結果だけ見せられる。打ち切りなんだな、て悲しくなります。

24)話が進むにつれキャラクターが多くなりすぎがち
相手校は目立つ2~3人しか覚えられない。

25)漫画がきっかけでそのスポーツが好きになりがち
テレビ中継を見たりYouTubeでスーパープレイ集を見たり。


主に高校の部活動を舞台にしたスポーツ漫画のあるあるが多くなってしましましたが、いかがだったでしょうか。
少しでも「あるある!」と思ってもらえたら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が参加している募集

マンガ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
ポケモンが好きなアラサー。元看護師。話すことが苦手なので、書くことで頭を整理。できるだけ毎日続けたいです。