見出し画像

映画を好きになって欲しいけれど

私は映画が大好きで、月に2〜30本映画を見ている。
最高記録は1日に4本。

といっても、私より多くの作品を見た人は沢山いるだろうし見た数が好きを測るステータスでは無い。
とりあえず、この人は映画が好きなんだな、と思ってくれればそれで良い。

今では映画が大好きな私だが、去年まで全く映画に触れてこなかった。
映画を見るのは、その時話題になっている作品を、友達と遊ぶついでに観るくらい。元々テレビにあまり興味の無い人間なので「この俳優が出ていたら絶対見る!」なんて事も無かった。
それから、トトロを観たこともない(これはいつになっても色んな人に驚かれる。そりゃそうか)

そんな私が映画を見るきっかけになったのが、ある人の言葉だった。
その人は映画が大好きで、自分でも映像を作成していた。

「作った人の想いがこもっている作品を見ると、いい気分になるよね」


そう言われて初めて、ちゃんと映画を見てみようかなと思った。
そして彼におすすめされた映画を見た私は、そのまま映画の世界へ浸る事になったのだ。

人に何かを勧める時、大抵その物事について詳しく語ると思う。
映画であれば、あらすじとか自分がどんな風に感じたか、あとは周りの人がどんな風な反応をしているか。
そんな風に紐付く事柄を説明し、「こんなに素敵な作品だから是非見てよ」と勧めると思う。

でもこれって私にとってはすごく難しい事なのだ。
あらすじだって、喋りすぎるとネタバレになるし、かといってネット等に記載されているあらすじも何か違う。
実際に観た時に、あらすじに書いていないシーンの方が素敵だったりする事もある。

映画を観た後の、あの何とも言えないすっきりした気持ちや、何か大事な事を教わった気分になったり、はっとさせられたり、ただ映画そのものの空気に浸ったり。
本当に伝えたい感想って、そういう言葉には出来ない感情だったりする。

これは観た人にしか分からないし、人によって感じ方も勿論違う。
だから私は、もっと色んな人に映画を観て欲しいが、それを上手く伝えられない。

何度かnoteに、自分が見た映画について投稿しようと思った事がある。
タイトルを書いて、本文。
「この映画は素晴らしい」しか書けなかった。
それ以上何も言いたくないけれど、本当に素晴らしいから色んな人に感じて欲しく、もどかしかった。

私は映画の感想をつらつらと書く事は出来ないが、もっと多くの人に映画の素晴らしさを知って欲しい。

彼の言葉を借りるが、作った人の想いが込められている作品をたくさん見て欲しい。
遠回しに今の社会に対する皮肉が描かれている映画もあれば、色んな愛の形を教えてくれる映画もある(クサイ事を言っているが)
全てハッピーエンドではないし、そこで終わるの?というもどかしい映画もある。
でも全てに想いが込もっていて、演技だけでなく映像や音楽、空間全てでそれらを表現してくれる。

たった2時間。
それでも自分の世界が広がるには十分な時間だ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日もお疲れ様です☺︎
31
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。