スキルよりスタイル

昨日UPした連載小説・ '95 till Infinity 57話に、

"カイロはスキルよりもスタイルというスケーターだった" とありましたが、スケボーに興味ない人にとっては"なんのこっちゃ"という話だと思います。

この "スキル ⇔ スタイル" 的な考え方、日本のスケートカルチャーでいうのかちょっとわかりませんが、少なくとも自分が1番滑ってたハワイ時代はよくスケーター同士の会話で上がってまし

もっとみる
頑張ります!
23

Русский Способ Увеличить Пенис

→ ПЕРЕЙТИ НА САЙТ ←

Оставляйте ваши комментарии к моим публикациям о «викторианской эпохе». Планирую продолжать делать их на тему отношения к сексу и сексуальности в разные исторические и культуролог

もっとみる

'95 till Infinity 061

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第3章: Legend / Myth / Summer of Death 006 】

パーティーはどこまでも続いた。

12時までという約束で借りた平日のクラブからは誰も帰ろうとせず、誰もがポケットの中の小銭を掻き集め、足して合わせてすっからかんになるまで呑み続けた。金がない奴はある奴にたかって、バーカンから身を乗り出して手の届く範囲の全てのボトルを盗んで

もっとみる
ありがとうございます!
23

'95 till Infinity 060

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第3章: Legend / Myth / Summer of Death 005 】

次のトリックは180°ヒールフリップ。

アプローチするカイロを捉えるカメラ位置はカイロの進行方向斜め前。
カイロの表情に怖れはない。揺るがない確信と反省なき楽観性を抱きしめてテールを蹴り上げる。

切り替わった正面カメラが映すカイロが空中でゆっくりと体をひねる。足元50

もっとみる
ありがとうございます!
22

'95 till Infinity 057

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第3章: Legend / Myth / Summer of Death 002 】

階段を下り切った俺はドアへと向かう。ドアを出て左に行けば駅、そこから15分も電車に乗れば我が家だ。この時間なら、家に帰ってシャワーを浴びて酒を抜いて、家族で飯を食って子どもたちと遊ぶことだってできる。

ドアを開け、歩道に一段下りた俺は逡巡の後、自然と右に進む。
どこに行

もっとみる
こんなノートですみません!
23

'95 till Infinity 056

⇒ 小説全体の目次は こちら 。

【 第3章: Legend / Myth / Summer of Death 001 】

物語は最後のページをめくってしまえば終わるけど、人生はその主人公が死ぬまで終わらない。

俺の物語の何人かは本当に死んでしまったが、俺は今ここにいる。

27歳の俺は第2ボタンまで開いた襟に緩んだネクタイをぶら下げて小汚いパブのトイレで鏡の前に立っている。流しっぱなしの

もっとみる
こんなノートですみません!
25

意外とややこしい?スケートボードの乗り方・降り方

基本から理解していく

「スケートボードの乗り方・降り方」
そんな解説をしているサイトを見たことがありませんが、
Seiyokabureのnoteではしっかりと解説していきます。

スケートボードは物理の法則が伴うスポーツです。
理解が伴わないと上達に苦労したり、ケガの原因になりかねません。

実際にできるようになるには恐れず実践する度胸が大切です、
ですが根性論を語るだけでスケートボードはできる

もっとみる

スケートボードの持ち方には種類がある…「モールグラブ」とは?

スケートボードの持ち方について解説します。

持ち方は特に決まりがあるわけではありません。
ただ、かっこいいスケートボーダーを目指すなら
スタイルを気にして損はないと思います。
周りからの見え方を意識し、かっこよくあろうとすることはスケートボードをするうえで大切だと思います。

今回はSeiyokabureのおススメの持ち方とそうではない持ち方を教えます。

【持ち方①】

こちらが一番ポピュラー

もっとみる