a6600のデザインについて

大好きなa6600のデザインについて、良いところと悪いところを3つずつ紹介。

良いところ

小さい。Sonyプロダクトはpremini、Xperia X5 Pureness、VAIO C1のように小さくて高性能ものが多い。a7やRX1、a6600も小さくて高性能。手振れ補正や、動画撮影など、ボディの大きさがプラスに働くことがわかっていても、小ささにこだわってデザインし続けてくれるところが好き。L

もっとみる

Nikon S型をいただいたので調べてみた。

Nikon S型の古いカメラを頂いたのですがカメラなんてiPhoneしか触ったことないので、備忘録もかねて記事を残します。

撮影方式

「フォーカルプレーンシャッター」
布でできたシャッターを閉じたり開けたりすることで、フィルムの露光を制御しているらしい。

製造年

「1951~1955年の間」
詳細な製造年はわからないけど、シリアルIDから「6111090」と表示があって、製造番号の範囲が「

もっとみる

a6600のHD60pはキレイじゃない

a6600の4K24pはキレイだけど、HD60pはそんなにキレイじゃなかった。

いろいろ調べてみると、4K24pは全画素読み出し(6K相当)から4Kにダウンサンプリング。でも、HD60pだけは全画素読み出しではなく、ピクセルビニングらしく解像感が落ちる。HD30p,24pは全画素読み出しから生成してるのかな。

a6500,a6300もおそらく同じ仕様。センサーの仕様上仕方ないのだろう。

調べ

もっとみる

カメラを止め…じゃない、使い倒せ!

タイトル付けの元ネタが、やや古めで…。

写真を撮りたくて、会社を辞めた。
もうご存じのことと思います。

それほどに写真が好きでたまらない。
正確に言うと、目に見える「写真」的なモノが好きなのだと思う。
映画も大好きだ。

写真を撮るために、ぶらぶらしていると、もしくは、撮った後にひと休みしていると、同じようにカメラを持った人と「写真」の話をすることがある。まぁ、持っていない人とも「写真」につい

もっとみる
ありがとうございます!また「スキ」貰えるように頑張ります!
3

Leitz Summitar 50mm f2.0 - フィルムカメラレビュー その1

35mm レンジファインダーカメラ用レンズ Lマウント
1939年発売
レンズ:Summitar 50mm f2.0(4群7枚)
シャッター:なし
焦点調節:レンジファインダー方式(1.0m~∞無限遠)
露出計:なし

選んだ基準としては
・憧れのLeitz純正レンズ(3本目)
・痴玉ぐるぐるボケ体験
・状態良し悪しもあるがおおむね安価

ライカレンズのレビュー、3回目の今回は1939年に前述のズ

もっとみる
やった!!ありがとうございます!!
7
ありがとうございます!
5

ご飯撮り ~おかずエクササイズ#2・納豆チャーハン~

昨日から珈琲を解禁し、さっそくマグカップで飲みすぎたせいか、なかなか寝付けず…0時を超えて就寝。日が高くなって目が覚めました。

お昼ごはんは絶対に納豆チャーハンを食べると前日から決めていたので、レシピを確認して早速トライ!
https://ameblo.jp/syunkon/entry-12396938275.html

耐熱容器を使ってレンジでチンだけでできるし、フライパンを使わないでできるの

もっとみる