+7

単色スタイル×グロー(発光)エフェクトで魅力的なマップを作る|マップデザインの基礎

以前ブログでご紹介しました、データを発光しているかのように表現するテクニック「グロー(発光)エフェクト」を使う際は、データをマップから目立たせるために、マップのベースを暗くしたり、単色スタイルにすることが有効です。 衛星画像の彩度を低くすれば、詳細な画像レイヤーを使用しながらも、データや地図の色を鮮明にするのに非常に有効なテクニックです。 地図のスタイルを単色にする 元々Mapbox Studioに用意されているスタイルの「Monochrome」または、ダークテーマを使用

スキ
6
+8

ストーリーテリング・マップで語られる8つの魅力的なストーリー|Built with Mapbox

インタラクティブ・ストーリーテリング・ソリューションを発表して以来、ニュースルームから非営利団体、個人に至るまで、このコード不要のソリューションを利用して、説得力のあるインタラクティブなストーリーを伝えています。 新しいストーリーが生まれるたびに、このソリューションの可能性が広がり、ジャーナリスト、開発者、データ分析の専門家など、コードを書かない方々の間で、より魅力的で事細かなストーリーが生まれています。 Expresso社のAngelo不動産マップから、SF Chron

スキ
7
+12

ストーリーテリング・マップを作るための「Scrolly telling」の使い方|Built with Mapbox

「インタラクティブ・ストーリーテリング」テンプレートを利用すれば、コードをほとんど使わずに、インタラクティブなマップを使ってガイド付きの物語を作ることができます。サンフランシスコ・クロニクル紙のキンケード火災の原因究明や、ワシントン・ポスト紙の1968年のワシントンDCでの暴動の調査など、大手メディアがこのフォーマットを使ってパワフルなストーリーを伝えています。 このテンプレートは、スタイル設定やMapbox Studioへのデータのアップロードをすることなく、そのまま

スキ
10

【機能アップデート】衛星画像マップがより美しく、よりシームレスなズームが可能に | Mapbox Satellite

この度Mapbox Satelliteにおいて、ズームレベル8~12の衛星画像データが改善され、より最新で美しい衛星画像マップの作成ができるようになりました。フライトの追跡や天気予報の確認、BI(ビジネス・インテリジェンス)アプリケーションなど、表示範囲が広いマップでさらに美しい背景を表示することができます。今回のアップデートでは、昨年末に行われた高解像度衛星画像のアップデートと同じ画像を使用しており、Landsatの衛星画像の代わりにMaxar社が提供するVividのデータ

スキ
32

【新バージョンリリース】モバイルアプリで3Dマップが利用可能に + iOS Metal / Kotlin / Swiftへの対応 | Mapbox Mobile Maps SDK v10 β版

この度、Mapbox Mobile Maps SDKのv10がβ版としてリリースされ、新しい3D TerrainやCamera API、Sky APIに対応したため、AndroidとiOSで3Dマップのご利用が可能になりました。また、v10のレンダラーとSDKアーキテクチャでは、iOSのMetalへの対応や、パフォーマンスの向上、開発の高速化と安定性を高める堅牢なAPIの提供、Androidアプリ開発言語であるKotlinとiOSアプリ開発言語であるSwiftへの対応などが実

スキ
24

【新バージョンリリース】日本語ラベル表示がより美しく + タイル読み込み効率が20%向上 | Mapbox GL JS V2.1.1

この度Mapbox GL JS v2.1.1がリリースされ、ピッチの大きいマップ表示における効率的なタイルの読み込みや、日中韓の各文字ラベルにおけるレンダリング精度の向上、3Dインタラクションの強化、マップイベント(クリックや移動など)が発生した際のJava ScriptのPromise、その他いくつかのバグ修正と機能改善が実現しました。 1. ピッチの大きいマップビューにおけるタイルの読み込み効率が最大20%向上地平線の位置をわずかにずらすことで、ピッチが大きいマップビュ

スキ
24

地図を使ったストーリーテリングをローコードで! | ストーリーテリング用テンプレート

データや情報を誰かに伝える際、地図を使ったストーリーテリングが最適な時ってありますよね。 例えば、人口統計や環境問題、国際紛争や旅行の記録など、地理的な情報に紐づいた情報や状況変化を取材しているデータジャーナリストたちは、グラフィックな地図を用いてストーリーを提供することも多いでしょう。 私たちは、そんな地図を使ったストーリーテリングを効果的かつ簡単に作ることのできるテンプレートを公開しました。このテンプレートはデータジャーナリストやデジタルメディアでストーリーを伝えたい

スキ
38

【新機能リリース】Mapbox Studioで3Dマップデザイン | Terrain + Skyコンポーネント

Mapbox Studioではこの度、3D TerrainとSkyレイヤーの追加、最大描画角度の拡大(マップのピッチが60度から85度に)等のアップデートにより、3Dマップでのデザインが可能になりました。これらの機能は、Mapbox GL JSではv2のリリースと同時に追加された機能ですが、本アップデートによりMapbox Studioでも使用可能になります。これにより、Mapbox Studioを用いることで、3Dマップの直接かつノーコードでのデザインが可能になりました。

スキ
18

【新機能リリース】ノーコードでデータの3D可視化 | Mapbox StudioのData Visualizationコンポーネント

この度Data VisualizationコンポーネントがMapbox 3Dマップとシームレスに統合され、すべてのユーザーがMapbox Studio上で利用できるようになりました。3D Terrain(3D地形表示)とデータ・ビジュアライゼーションを組み合わせることで、お持ちのデータから新たなインサイトを得ることができます。例えば、嵐がどのように地形の上を横切って移動しているのかを理解したり、次に大雨が降る場所を予測したり、今後のハイキングや往復の距離を計画したり、都市部の

スキ
21

なぜ長期化するコロナ禍で地図が活躍するのか | 新型コロナ対応支援

こんにちは、マップボックス・ジャパンです。 年末からの新型コロナウイルス感染の拡大と、二度目の緊急事態宣言は、罹患された方やこの状況に対応すべくご尽力されている方々、副次的に生活や環境を変えざるを得なくなった方々など、さらに多くの人への影響が強まり、広がっています。(2021年2月3日執筆時点) マップボックス・ジャパンでは2021年1月25日より、新型コロナウイルスに関連した情報提供を目的にMapboxをご活用いただく場合、利用料金を最大3ヵ月間無料とする特別支援を開始

スキ
29