PjM

新たな「1」を創るPM

新たな「1」とは、常に満足しない人に与えられるチャンス

こんにちは。サイバーエージェントのAmebaでプロダクトマネージャーをしています岡本です。
入社後、営業からゲームプランナー、プロデューサー、事業責任者、プロジェクトマネージャー、プロダクトマネージャーと様々な役割を経験してきました。

自分を成長させる大きなチャレンジを、私は** “新たな「1」”**と呼んでいます。

“新たな「1」”と

もっとみる

良いPMをかんがえる

スタートアップに身をおいて1年半経つ。

スタートアップでの開発は、とにかく事業中心に回っていく。

全員が主体性持つのはもちろんだが、とにかく妙なマネジメントは減らしていかないと、どんどんタイムリミットがせまっていく。

そうすると必然的に個々が自立していることを前提に進めるし、
そこに組織要素は比較的薄い。

組織を大事にして事業を最優先にできないと意味ないから先に事業が来る、というのは定説で

もっとみる
ありがとうございます🐑🐑🐑

2週間限定の非デザイナー向けワークショップに参加してみた

はじめまして。はしつと申します。

直近まで株式会社SmartDriveという、今は主に4輪車の走行データをIoTデバイスで取得し、それを様々な用途に使っていい感じの世の中にしてこうぜ〜!っていう感じの会社で、to B向け車両管理サービスのPjMなのかPdMなのかよく分からん微妙な立ち位置で雑用業務をこなしておりました。
一応プロダクトに関する決定権もそれなりに持っていたので、好き勝手やらせていた

もっとみる

リモートPMが他部署のメンバーと1on1を定期的にやってみて変わったこと

当社では自部門のチームメンバーと週次で1on1を実施しているのですが、個人的に昨年の10月頃からこっそりと(別に隠すつもりはない)、プロダクトチーム以外のメンバーと月次で1on1をやっています。

結構工数は使うのでチャレンジ的な要素はあったのですが、ちょうど半年程経つので、今回はその結果、やって良かったなと思う変化について。

スケジュール的なものや声掛けのタイミング的なものから全員にできている

もっとみる
ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
18

PdPjMという多重人格マネジメント

Quoraより、その界隈の方なら誰もが知っている言葉として、

Product managers own "What" and "Why".
Project managers own "How" and "When".

という言葉があり、また、丹野さんが書かれている
http://tannomizuki.hatenablog.com/entry/2015/08/15/092259
や、INSPI

もっとみる
ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
4