NightBloomingLily

Night Blooming Lily #1

Night Blooming Lily #1

※全文無料で読めます※ 僕の記憶は、彼女の香り、そればかり。 僕らの気持ちは同じ分量だけ燃え上がっていた筈だ。そう思っていたのは、僕だけだったのだろうか。いや、そんな筈は……。 真夜中の彼女に出会った。 僕のお気に入りのバーで。心の中では僕のサンクチュアリ、と呼んでいる。その頃、僕は家庭に厄介な問題を抱えており、帰宅する時間をあと伸ばしにしていた。駅から家までの帰り道にある居酒屋・スナック・バーを毎晩ローテーションで飲み歩いていた。スナックなんて大して好きではない。だが

スキ
55
有料
2,222