NRF

【出展情報】NRF 2021 Retail's BIG SHOW | CHAPTER 1 バーチャル開催

【出展情報】NRF 2021 Retail's BIG SHOW | CHAPTER 1 バーチャル開催

毎年1月 米国 NYで行われる  全米小売協会(The National Retail Federation:略称NRF)が、 今年は、CHAPTER1、CHAPTER2という形で開催されます。 NRF2020実績では、来場者数 : 4万人 (うち海外から:1万400人)、出展社数 : 800社と発表されています。 RetailNext は 出展企業として、2008年から毎年 NRFの場を通じて、 創業時から進化させ続けている テクノロジー を 発表し続けて参りました。

3
非一般的読解試論 第十回「もしも足跡を見つけたら」

非一般的読解試論 第十回「もしも足跡を見つけたら」

こんにちは、デレラです。 第十回 非一般的読解試論をお送りします。 今回は、わたしの友人である同人作家ごひにゃんの新作『僕は世界を愛さない』についての感想文を書きます。 ネタバレが含まれますので、その点、ご承知おきください。 さて、ごひにゃんの新作『僕は世界を愛さない』は、艦これの同人小説です。 すごくソリッドで印象的なタイトル。 このタイトルは、本作の主人公である時雨のセリフ(「僕は世界を愛さないよ」―p.55)でもあります。 本作を読んでいるあいだ、この「タ

29
感想文:願ってばかりいるわたしに

感想文:願ってばかりいるわたしに

こんにちは、デレラです。 本稿は、同人作家ごひにゃん(@gohi_nyan)の小説『STARGAZER』の感想文です。 ネタバレがあります。ご注意ください。 友人である、ごひにゃんが、新作の小説を書きました。 作品名は『STARGAZER』です。 今回の新作も前回の『楽園(PARAIZO)』に引き続き、艦これの二次創作です。 登場人物は、時雨、山城、夕立と扶桑の4人。 (なお、この感想文では、説明を簡単にするため、艦娘たちを「人物」や「人数」として扱います。ご容赦く

29
小売業界も「AI」はバズワードではなく当たり前になる(NRF2019参加レポート)

小売業界も「AI」はバズワードではなく当たり前になる(NRF2019参加レポート)

エクスポで目立ったのが「AI/ML」をベースにしたテクノロジーの活用でした。オフラインにある情報を店頭に設置したカメラやセンサーで画像解析等を通じてデータ化。これまでの店舗全体での商品のトレンドや売上の増減ではなく、各顧客の把握にシフトしています。またオムニチャネル化を進めてオンライン・オフラインに関係なくユーザーの情報を溜めて解析をしている。アルゴリズムをもとに算出された提案をもとに商品の価格設定を柔軟に変更したり、店頭での商品説明もPOPからサイネージに切り替わること

4
NRF2020(世界最大の小売業界カンファレンス)速攻レポート

NRF2020(世界最大の小売業界カンファレンス)速攻レポート

年初に米国で開催される次世代テクノロジーをお披露目する世界規模のカンファレンスとしてはCESが有名だ。近年は日本企業の存在感が薄くなっているとの嘆きの声が聞こえていたが、今年はTOYOTAが街をつくり、SONYは車を作ると発表し注目を集めた。 同時期に開催されるもう一つのイベントとしてNRF Retail's Big Show(以下、NRF)がある。規模こそCESには若干劣るが、それでも世界100ヶ国から4万人が参加する世界最大規模の小売業界のカンファレンスだ。小売業界もテ

4
NRF 2019 Retail's Big Show@New York

NRF 2019 Retail's Big Show@New York

【概要】 全米小売業協会が毎年1月にニューヨークで開催する年次大会 講演と展示に分かれるが、展示がメインのCESと比較すると講演のウェイトが高い 規模 ・参加者:38,000人以上(内、小売業が16,000人) ・小売業は3,793社参加 ・26%がアメリカ国外からの参加:日本は国外からの参加のTop10入り ・出展者は700社以上、200コマの講演/講演者500人以上 【所感】 1)アメリカの小売業に自信が戻ってきた 2018年はリアル小売

3